>   >  画龍点睛:Vol.72:White Embryo
Vol.72:White Embryo

Vol.72:White Embryo

今回はミクロなものをつくりたくなって、神聖な胎芽のビジュアルをイメージしてみました。これこそ最大の男のロマンかもしれません。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 216(2016年8月号)からの転載記事になります

TEXT_早野海兵(画龍) / Kaihei Hayano(GARYU)
EDIT_海老原朱里 / Akari Ebihara(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada



STEP1:より詳細により白く

今回の画像はトーンカーブでいうとかなり上の方の値、狭いレンジを使用して制作しています。まだPCなどがあまり発展していないころから、印刷物などではデザイナーたちが白よりも白い色、より繊細な表現を追求し続けてきました。近年では当たり前になってきた32bitやシーンリニアなどの考え方は、このさらに一歩上の表現を求めるためのもので、使い方次第でクオリティを格段に上げることができます。

STEP2:モデル画像

▲モデル画像です。このように細かい表現にこだわるとワイヤーフレーム表示もオブジェクトも大差がないですね。3ds Maxの場合はそれほど高価なグラフィックスボードでなくても問題なく動作するので、そのあたりは本当に助かっています。

STEP3:モデリング

▲まずはベースの胎芽の形状をざっくりとスプラインとサーフェスでモデリングします。

▲ベースのモデルをポリゴンに変換。調整しつつバリエーションを作成します。

▲細かいパーツはZBrushに読み込み、ディテールを作成してきます。

▲スプラインでへその緒や細かいラインを作成。

▲全体を覆う膜はプリミティブの球をクロスシミュレーションで変形させて制作しました。膜を胎芽の形にフィットさせます。

次ページ:
STEP4:シーンの作成

その他の連載