>   >  VFXアナトミー:コロナ禍で実現したパリと日本のリモートによるVFX制作、大河ドラマ『青天を衝け』
コロナ禍で実現したパリと日本のリモートによるVFX制作、大河ドラマ『青天を衝け』

コロナ禍で実現したパリと日本のリモートによるVFX制作、大河ドラマ『青天を衝け』

現在放送中の本作。第22回から第24回までのパリ編は、物語上の重要なエピソードであり、求められるVFXも必然的に高難度かつ独自の表現が求められた。

関連記事VFXチームがわかりやすく解説! 大河ドラマ『青天を衝け』で学ぶ、VFXのつくり方<1>お蚕ダンス

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 277(2021年9月号)からの転載となります。

TEXT_石井勇夫(ねぎぞうデザイン)
EDIT_沼倉有人 / Arihito Numakura(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamda
©NHK

  • 大河ドラマ『青天を衝け』
    NHK 総合 毎週(日)夜 8:00~/[再放送]毎週(土)午後 1:05~
    NHK BSプレミアム、BS4K 毎週(日)午後 6:00~
    作:大森美香/演出:黒崎 博、田中健二、村橋直樹、渡辺哲也、川野秀昭
    www.nhk.or.jp/seiten

コロナ禍だから生まれたパリとのリモートワーク

〈後列〉左から、大竹崇文氏、溝口結城氏、早坂 渉氏、三上由理氏、浅山文秋氏、皆野川まりえ氏、中村昌樹氏、安 優輔氏、吉田秀一氏、全 奉俊氏、古川泰行氏、遠藤龍一氏/〈中列〉左から、稲垣充育氏、パリ編VFX SV 角田春奈氏、髙松幸広氏、増田真理氏、渡部辰宏氏、山口詩央莉氏、林 健太郎氏、三浦貴大氏/〈前列〉左から、鍋島健作氏、中村明博氏、VFX SV 松永孝治氏、日髙公平氏、神山 秀氏、鎌田知孝氏。以上、NHK、NHKアート

今年のNHK 大河ドラマ『青天を衝け』は「日本資本主義の父」とも言われる渋沢栄一の生涯を描く。中でも第22回から第24回までのパリ編は、吉沢 亮が演じる篤太夫(渋沢栄一)が世界を旅して影響を受けるエピソードとしても重要なパートのため、制作には入念な準備がされた。当初はパリでの撮影を計画しており、2020年3月に現地スタッフによるロケハンを始めていたが、コロナ禍により日本人スタッフの現地入りを断念。パリの撮影クルーに現地での撮影を委託し、日本でグリーンバック撮影した役者を合成する方針へと変更された。

  • 左から、白尾清学氏、桑原大輔氏(額縁内写真)、新井友己氏。以上、alphaliez

  • パリVFXコーディネーション 畠井武雄氏(le pivot)

もともと、パリ編では1867年のパリ万博をはじめ、高度なCG・VFX表現が必須となるシーンを想定していたが、さらに上述した事情が加わったため、より多くの作業が求められた。そこで、パリでの生活経験がある角田春奈氏がパリ編のVFXスーパーバイザーとなり、本編VFXと並行して準備が進められた(パリ編のVFXショット総数は約200に達したという)。本作のワークフローは、コロナ禍という特殊な状況の中で大きく変化した。パリの撮影に日本からのスタッフが誰も行かず、現地のスタッフにまかせることになったため、現地とオンラインでの打ち合わせを多く重ね、念入りに意志の統一が図られた。国内における撮影も、今までのように実写プレートとCGカメラの位置合わせをするだけでなく、パリで実写撮影したプレートとの整合性を考慮する必要もあったため、通常のVFXとは逆に、事前に最終的な画をVFXが主導・構成して進めていくことに。「大量のVFXをこなせたのはスタッフの皆さんのおかげだと感謝しています。VFX主導でのシークエンス制作も今までになかったですね。今後はNHKの番組づくりの中で、よりVFX制作がしやすい環境になったら良いなと期待しています」(角田氏)。そして、本作のVFXスーパーバイザーを務める松永孝治氏は次のように総括した。「大河にフル参戦するのは10年ぶり。明治、幕末、フランスのパリなどVFX的に面白い部分や、コロナ禍の今だからしかできないことにも挑戦しています。本作における自分たちの取り組みをできるだけ多くの人に知っていただき、若い人たちを中心にVFXへの関心が高まることを願っています」。

<1>プリプロ段階からVFXチームが画づくりをリード

ロケができないという逆境を密なコミュニケーションで解決

先述の通り、日本の制作チームによるパリでの撮影が中止となったことで、現地のスタッフによって撮影された実写プレートに対して日本でグリーンバック撮影した役者たちを合成するというVFXワークが必要になった。監督やプロデューサーはもちろん、VFXスタッフも誰一人として現地(パリ)へ行けないという特殊な状況かつ、パリの撮影クルーはVFX専門ではなかったため、角田氏の知り合いでフランスでデジタルコンテンツ制作を行なっているle pivot(ル・ピヴォ)の畠井武雄氏にVFXのコーディネートを依頼し、リファレンスや計測データを収集してもらった。

ワークフローも通常とは異なる部分が多々ある。まず、日本側が望んでいる背景の実写プレートを撮る準備のためのオンラインミーティングには多くの時間が費やされた。また、パリの大きな建造物と国内のスタジオの縮尺を合わせる上では、まず3D上でプリビズをつくり、国内スタジオでの撮影時にカメラの位置を指定するといった工夫を凝らすことで、一体感のあるビジュアルが追求された。現地へスタッフやキャストが行くことなく制作できたことは新しいチャレンジとして成功だったが、一方でロケがいらなくなるという誤解が生まれてくる懸念もあると、松永氏。「想像だと収まりが良すぎるものになってしまいがちです。現場に行って実際にカメラで撮ってみることで、こうした方が良いと気づくことが多いし、臨場感や即興的な画づくりも行えるので可能であれば現地での撮影が一番ですね」。

パリ編向けのアセット制作は、昨年9月にパリ万博に近い時代である100年以上前につくられた蒸気機関の実物をトヨタ産業技術記念館(愛知県名古屋市)へ取材に行った頃からはじまり、今年2月からパリ編CGチーフとして浅山文秋氏が合流して、各種アセットが仕上げられていった。パリ万博での大きなアセットは蒸気機関とエレベータの2つだが、そのほかにも多種にわたるアセットが作成された。街や会場での群衆は、日本で外国人をフォトグラメトリーをベースに作成した16体のモデルにバリエーションを加え、Golaemで群衆アニメーションを付けている。街を走る馬車は小さいものと乗り合いのものを用意し、丁寧にリグを組んで細かくつくり込み、馬車や人間の動きもモーションキャプチャを使ってこだわった。「遠景で小さいですが、ぜひ見てもらいたいところです。CGのボリュームが多く、準備がハマったところとバタついたところがありました。上手くいったところは今後の制作に活かしていくつもりです」(浅山氏)。

フォトグラメトリー撮影

パリ編では、西洋の衣装を着た人物をフォトグラメトリー撮影。16体のCGモデルから80体のバリエーションを作成し、Golaemで群衆をつくり上げた

▲フォトグラメトリー撮影(レスパスビジョン)

▲完成モデル

▲Golaemでの作業。スカートの一部にGolaemのApex Clothクロスシミュレーションを追加。近距離のカットにも耐えるクオリティとなった

▲群衆のバリエーションモデルは色変えや髪飾りや帽子などのプロップの変更で増やした。また、当時のパリの街を歩く人達の資料を参考に、男女で腕を組んで歩いている人などを配置して群集のバランスを調整した

乗り物モデル

パリ編の乗り物モデルのひとつ、2階建て馬車。街中を多数の車両が行き交うシーンが多かったため、遠目から見た動きの印象を重視。まず、御者・客・車両それぞれの細かい揺れの動きを表現できるようにセットアップを組み、ループアニメーションを作成。そこから各カットごとの配置や軌道の調整に柔軟性をもたせた



  • ▲レンダリングイメージ



  • ▲リグ構造

画コンテ

▲パリの実写チームへの説明用に作成した翻訳付き画コンテの一部(ナポレオンの謁見シーン)。この絵コンテを基に、パリ撮影チームと日本チームがオンラインでイメージの共有と撮影設計を重ねた

国内でのスタジオ撮影向けプリビズ

パリに実在する建物との整合性をとるために必要となった、国内でのスタジオ撮影向けプリビズ

▲パリ撮影では、全カットの撮影情報を記録しておいてもらったほか、現地の詳細測量、HDRIやグレーボール、カラーチャートも撮っている

▲プリビズ全体。スタジオ図面に合わせて、パリ撮影場所のフォンテンヌブロー城の一間を起こしたモデルを配置した

▲パリでの撮影プレートに合わせて、3DCG上でカメラから覗いて確認

▲国内撮影スタジオでのカメラ位置をカットごとにプリビズ

▲カットごとのカメラ位置、カメラ情報のリスト

3Dスキャンを活用した位置合わせ

凱旋門の屋上シーンでは、LiDARによる3Dスキャンを活用して位置合わせを行なった

▲緑山スタジオに建てられた凱旋門屋上のセット

▲iPhone用LiDARスキャンアプリ「3dScannerApp」でセットをスキャン、実寸のCGモデルとして出力

▲MayaにLiDARスキャンしたモデルを読み込み、カメラの位置合わせに使用した

次ページ:
<2>4K HDRで仕上げられた19世紀のパリ景観