>   >  画龍点睛:Vol.66:金申楽
Vol.66:金申楽

Vol.66:金申楽

STEP 4:模様の作成

画龍点睛 Vol.66:金申楽

▲3ds Maxのスプラインは模様やパターンを作成するのにかなり向いています。筆者はIllustratorなどよりも3ds Maxで作ってしまうことが多いです。

画龍点睛 Vol.66:金申楽

▲星型から作成した模様をモデルに均等に配置。模様ごとにサイズを調整します。

画龍点睛 Vol.66:金申楽

▲今度はテクスチャ素材を作成しましょう。螺旋をいくつも並べてパターンの一部を作成します。

画龍点睛 Vol.66:金申楽

▲制作したパターンを3ds Maxのテクスチャ上でリピートしていきます。

画龍点睛 Vol.66:金申楽

▲このように比率がおかしくならないように隙間なくリピートします。

画龍点睛 Vol.66:金申楽

▲パターンに変化をつけるためにMARIで手描きの模様も用意しました。ディスプレイスを確認しながら作業できるのは便利ですね。

STEP 5:シミュレーション

画龍点睛 Vol.66:金申楽

▲動かすことを考え、装飾をユラユラと揺れさせたいと思い、MassFXでシミュレーションしました。

画龍点睛 Vol.66:金申楽

▲ボーンで手付けしてもいいのですが、数が多いと大変なのでシミュレーションにします。

画龍点睛 Vol.66:金申楽

▲ひとつしくみを作成したら、後は全体的に配置していきます。

STEP 6:合成作業

画龍点睛 Vol.66:金申楽

▲After Effects(以下、AE)に読み込み、合成していきます。色差を表現するためにRGBに分解して重ねたのですが、アップにするとブレがわかりますね。

▲<左>がレンダリングしたままの画像で、<右>がコンポジット後の画像。余談ですが4KでのAEレンダリングは重くなりがちで大変です。

画龍点睛 Vol.66:金申楽

▲今回はムービー用に制作したので、別アングルもレンダリング。正面から見た方が猿っぽいかな。

次ページ:
Basic MAX「コンポジットワークにおける3ds MaxとAfter Effectsの連携」