>   >  『#コンパス』短篇アニメ制作部:#01 「#コンパス短篇アニメ」の先陣を切った人情ドラマ/『深川まとい 牡丹』by ECHOES
#01 「#コンパス短篇アニメ」の先陣を切った人情ドラマ/『深川まとい 牡丹』by ECHOES

#01 「#コンパス短篇アニメ」の先陣を切った人情ドラマ/『深川まとい 牡丹』by ECHOES

NHN PlayArtとドワンゴが開発・運営を行う大人気対戦ゲームアプリ『#コンパス 戦闘摂理解析システム』を原作に、CGから手描きまで様々なアニメーションスタジオがそれぞれの「ヒーロー」を主人公とした短編アニメーションをつくり上げるという連作企画「#コンパス短編アニメ」。プロジェクトの第1弾として公開された『深川まとい 牡丹』では、アクションゲームが原作だとは想像できないほどのしっとりとしたドラマの人情劇が展開された。この映像がいかにして出来上がったのか、制作スタジオのECHOESを取材した。

INTERVIEW_日詰明嘉 / Akiyoshi Hizume
EDIT_小村仁美 / Hitomi Komura(CGWORLD)
PHOTO_弘田 充/ Mitsuru Hirota

●Information
#コンパス 戦闘摂理解析システム
ジャンル:リアルタイムオンライン対戦ゲーム
プレイ料金:基本無料(有料アイテム販売あり)
運営・開発:NHN PlayArt株式会社、株式会社ドワンゴ
https://app.nhn-playart.com/compass/

<1>ECHOESのカラーと企画開発

本作の制作を行なったのは児玉徹郎氏が代表を務めるECHOES。アニメのOP・CM・企業PVなどの短編アニメーションを中心に手がけるCGプロダクションでありつつ、かねてより「世界4大アニメーションフェスティバル受賞をねらう」と意欲の高いスタジオだ。


画像左から 児玉徹郎氏、下崎由加里氏、たかあき氏、明日菜氏、佐山竜希氏(以上、ECHOES)
echoes-echoes.com

本作は、監督をはじめシナリオ・絵コンテ・キャラクター設定・作画・背景を一手に担当した児玉氏を含む、5名の社員と外部スタッフ1名により約2ヶ月半ほどで制作された。同社の特色を児玉監督は「商品性と作品性の間を追求している」と表現する。その意図はクライアントの要望に応えつつも、「個性が否応なしに出てくる」からだという。児玉監督は「キャラクターに個性さえつけてしまえば、それが動機づけになり、あとは喋らせるだけでストーリーが進行する」というかたちで映像をつくり出す。ベテランスタッフの下崎由加里氏も児玉監督からのオーダーに対して「キャラクターのちょっとした癖をモーションで入れてほしいと言われることが多いです。そこでの小芝居といったような遊び心を求められますね」と語る。

そんな児玉監督とECHOESにとって、NHN PlayArtからキャラクターIPを渡され、ストーリー、世界観の構築から自由に行うという映像づくりは驚きの連続だった。当初「自由といってもどうせ後でいろいろ修正させられるんでしょうと思っていたら、本当に自由につくらせていただきました」(児玉監督)と笑う。

#コンパス開発チームのアートディレクターを務めるNHN PlayArt・藤田大介氏は「最初にしっかりとしたドラマの作品をつくっていただいたことで、視聴者や後に続くクリエイターに"『#コンパス』のアニメってこういうのもアリなんだ"、と企画の幅を広げてくれたことは非常に大きかったです」と太鼓判を押した。


  • 藤田大介/Daisuke Fujita
    株式会社NHN PlayArt
    アートディレクター

本作のオファーは、プロダクションのアサインを一手に引き受けたトムス・エンタテインメントの久保雄輔プロデューサーから届き、夏のイベント(※昨年8月に開催された『#コンパス ライブアリーナ』大阪公演)で初公開したいということから、花火師という設定のまといのキャラクターが選ばれた。

制作は舞台のロケハンからスタート。花火が打ち上がるシーンでは、荒川沿いで開けている河川敷のある場所を選びつつ、そこに架かる鉄橋の骨組みの形状も児玉監督にとっては重要なポイントだったという。また花火師の工房についてはドキュメンタリー映像などを参考に入念なリサーチを進めていった。

<2>プリプロダクション

ストーリーはNHN PlayArtからアドバイスをもらいつつ、開発を進めた。まといが花火師である亡き祖父の背中を追いかけているという設定を基に、在りし日の祖父と幼少期のまといのドラマを描き、彼女がいかにして独り立ちするかを描くことがポイントとなった。

さらに、画面としては打ち上げ花火のシーンも見どころとなる。その場面転換をどのように行うか、児玉監督は考えを巡らせていった。ストーリーは、まといの成長と祖父からの技術の継承をテーマとし、「いかにおじいさんが死に花を咲かせるか」(児玉監督)がドラマのクライマックスとなった。


  • 児玉徹郎/Tetsuro Kodama
    株式会社ECHOES
    代表

シナリオが出来上がった後に絵コンテの作業が行われた。コンセプトは「花火づくりの工程」を描きつつ、いかにドラマに仕立てるか。さらに絵コンテにタイミングとカメラワークを付けたVコンテを作成しつつ、キャラクターや背景の制作に取り組んだ。

●脚本

本作の脚本の一部。普段、脚本から書き下ろすことはあまり多くはないという児玉監督だが、本作のようなヒューマンドラマは得意ジャンルだったという

●絵コンテ

脚本を基に作成された絵コンテの一部。藤田氏は「単に会話劇で見せるのではなく、花火制作を通じて2人の関係を語るのが巧いなと思いました。特に花火の玉を回すカットは、物語進行と見映えの美しさを同時に表現した素晴らしい場面」と称賛する

●Vコンテ、アニマティクス

絵コンテを尺に合わせて繋げたVコンテ

簡単なアニメーションとカメラワークを付けたアニマティクス

次ページ:
<3>キャラクター制作

その他の連載