>   >  VFXアナトミー:生身の役者たちと"共演"するフルCGの犬とデジタルヒューマン〜映画『Diner ダイナー』
生身の役者たちと"共演"するフルCGの犬とデジタルヒューマン〜映画『Diner ダイナー』

生身の役者たちと"共演"するフルCGの犬とデジタルヒューマン〜映画『Diner ダイナー』

2019年7月5日(金)に公開された、映画『Diner ダイナー』。本作では、最新テクノロジーを積極的に採り入れることでフォトリアルと様式美、そして即興的なアイデアを融合させた斬新なビジュアルが誕生した。リードVFXスタジオを務めた、エヌ・デザインをはじめとする中核スタッフにそのこだわりを聞いた。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 253(2019年9月号)からの転載となります。

TEXT_福井隆弘
EDIT_沼倉有人 / Arihito Numakura(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada
©2019「Diner ダイナー」製作委員会

映画『Diner ダイナー』
原作:平山夢明『ダイナー』(ポプラ社「ポプラ文庫」)/脚本:後藤ひろひと、杉山嘉一、蜷川実花/監督:蜷川実花/撮影:相馬大輔/プロダクションデザイナー:enzo/食堂の装飾美術:横尾忠則/照明:佐藤浩太/編集:森下博昭/アクション監督:川澄朋章/VFXスーパーバイザー:野﨑宏二/リードVFXスタジオ:エヌ・デザイン/企画・製作幹事:日本テレビ放送網/制作プロダクション:シネバザール/配給:ワーナー・ブラザース映画
diner-movie.jp


日本を代表するVFXスタジオ、エヌ・デザインの新たな幕開け

第28回「日本冒険小説協会」大賞と第13回「大藪春彦賞」を受賞した平山夢明氏の長編ノワール小説「ダイナー」。プロの殺し屋が集う会員制ダイナーを舞台に殺し屋たちが殺し合いをくり広げるという奇抜な設定、そして過激な描写が多いことから"映像化不可能"と言われてきた本作を実写映画化したのが『Diner ダイナー』(以下、ダイナー)である。鮮やかな色彩とこだわりぬかれた映像美に定評ある蜷川実花監督が、初の男性主人公、初のアクションシーン、初のサスペンスに挑んだ意欲作だが、実写映像化にあたっては主人公ボンベロ(藤原竜也)の相棒であり、躊躇なく人を殺すタフなブルドッグ「菊千代」をフルCGで描くなど、VFXも重要な役回りを担っている。

〈前列〉左から、山本智彬アニメーター、常 平PM、向後 憲モデラー、基 荘一郎ライティングリード、藤原源人VFX Dir.(NEWPOT PICTURES)、野﨑宏二VFX SV/〈後列〉左から、原田 誠ライティングアーティスト、是松尚貴3DスキャンSV(CGSLAB)、阪上和也アニメーター、与那嶺 まこエフェクトアーティスト、川瀬基之VFXエディター、柴 亜佳里コンポジットDir.、寶村雅彦リギングアーティスト、藻垣香子コンポジター、稲垣充育コンポジター
www.ndesign.co.jp




  • 清水雄太氏(VFXスーパーバイザー、Mini Engine)



  • 渡嘉敷拓馬氏(菊千代コンセプトアーティスト)

そんな『ダイナー』のリードVFXスタジオを務めたのは、エヌ・デザイン。2001年創立後、映画『CASSHERN』(2004)をはじめとする紀里谷和明監督作品や、『本格科学冒険映画 20世紀少年』3部作(2008〜2009)に代表される堤 幸彦監督作品など、実写映画を中心に多くのCG・VFXを手がけてきた。

本作では、エヌ・デザイン代表取締役の野﨑宏二氏が、3年ぶりにVFXスーパーバイザーを務め、菊千代、そして全身整形を施し見た目は幼い子供の殺し屋キッド(本郷奏多)という難しい表現を、Image EngineでVFX/CGスーパーバイザーとして活躍する清水雄太氏たちの協力を得ながら見事に描き出している。全編フルCGの菊千代、そしてキッドのデジタルヒューマン制作では、ハリウッドでスタンダードになっている手法、技術を用いつつ英Esper Designが開発したフェイス3Dスキャニングシステム"LightCage"をクレッセントの協力の下、導入するなど、ツール面でも新たな試みが実践された。「菊千代については脚本の段階から本物の犬に演技をさせるのは非現実的であり、CGが必須だろうということで、2018年2月頃に相談をいただきました。菊千代とキッドのデジタルヒューマンが大きなチャレンジとなりましたが、自分たちにとっても実りの多い特別な作品になりました」(野﨑氏)。菊千代、キッドのデジタルヒューマン、いずれも命が宿ったキャラクターに仕上がっている、ぜひ劇場で確かめてもらいたい。

<1>プリプロ&撮影現場での対応

実績のある確かな手法でフォトリアルに真っ向勝負

VFXのボリュームとしては全体で約550ショット。そのうち3DCGが介在するものは200弱だったという。VFXプロダクション編成は、リードVFXスタジオのエヌ・デザイン、エヌ・デザインのグループ企業でありフィリピンに拠点をかまえるDawnPurpleに加え、神央薬品、アンダーグラフなどが参加。撮影は、2018年4月24日から6月19日までの約1ヶ月半にわたり行われた。大半のシーンがダイナーという閉ざされた空間でくり広げられるため、その撮影も東宝スタジオに建てられたダイナーのセットで行われた。そこで、レーザースキャナFAROによるセットのリアリティキャプチャを実施、撮影の合間にはIBL用HDRI、銀玉、カラーチャート、環境光(青い光)を各シーンはもちろんのこと、大半はカットごとに撮影、データの収集を行なったという。カメラ/オブジェクトのトラッキングについてはセット内にターゲットにしやすい小道具が数多く配置されていたことから専用のマーカーを置く必要はなかったそうだ。

先述のとおり、フォトリアルな菊千代、キッドのデジタルヒューマンを制作するにあたっては、清水氏を中心とするバンクーバーを拠点にハリウッド映画のVFXを手がけるアーティストたちが参加した。なお清水氏は、Image Engine での活動と並行してフリーランスのアーティストたちとMini Engineと名付けたチームを結成したそうで、本プロジェクトにはMini Engineとして参加した。「バンクーバーで野﨑さんたちにお会いしたことをきっかけに交流をさせていただいているのですが、今回は映画『LOGAN/ローガン』(2017)(※Image Engineが手がけたウルヴァリンのデジタルヒューマンが話題をあつめた。清水氏はCGスーパーバイザーとして参加)のようなデジタルダブルをつくりたいということでお話をいただきました。ツールやレンダラの選定についてアドバイスさせていただくことからはじめて、最終的に菊千代についてはいくつかのショットも担当させていただきました」(清水氏)。菊千代の制作では、Mr. Xでキャラクター/クリーチャーアーティストとして活躍する渡嘉敷拓馬氏がコンセプトアートから本番モデルの制作まで一手に引き受けた。

「まずはコンセプトモデルとして、標準、太め、筋肉質など数バリエーションを作成し、監督にチェックしていただきました。結果的に、標準的なプロポーションが選ばれたので、シワの入り方、目の近くの毛並みに歌舞伎の隈取のニュアンスを若干加えることで、個性を出すことを心がけました」と、渡嘉敷氏。当初は、実写の中に違和感なく存在させる案としてブルドック以外の犬種やあえてカートゥーン調に仕上げることも検討されたが、VFXチームとしては逃げずに真っ向勝負。そして、素晴らしい菊千代が誕生したことは本記事のメインカットの通りだ。

菊千代コンセプトモデル



  • しわしわ(皮膚のたるみ)を強調したもの



  • 肥満形態のもの



  • ブルドッグの標準的な体型を踏襲したもの。最終的に採用された



  • 【左の画像】をベースに筋肉の膨らみを強調した戦闘形態


3DレーザースキャナFAROによるセットのリアリティキャプチャ例

ホール(メッシュ表示)

ホール(カラー表示)

【ホール(カラー表示)】に貼られているテクスチャ例。いずれも8Kサイズ

3Dスキャンデータに合わせてMayaでリトポしたホールの背景セット。こうしたデータが、トラッキングやショットのライティングに利用されている



LightCageによる3Dフェイススキャニング

LightCageによるキッドを演じた本郷さんの3Dフェイススキャニングの様子。LightCageは1テイクで47アングルのカメラから複数枚の画像を撮影できる。本作では、(1)無表情の顔(2〜3テイク)、(2)表情パターン。ブレンドシェイプ作成用の「あ」「い」「う」「え」「お」と劇中に登場する極端な表情を数バリエーション撮影された

LightCageから取得した生データのコンタクトシートより。図は、菊千代がキッドの頭に噛みついたときの表情のもの


GSLABにより、LightCageから取得したデータから作成されたテクスチャ素材



  • Albedo



  • Displace



  • Normal



  • Roughness

Specular。これらのテクスチャは基本的にレタッチを行わず、撮影した画像を基に作成されている

次ページ:
<2>アセット制作&キャラクターアニメーション

その他の連載