>   >  CG de カラマネ!:第2回:カラーマネジメントの色基準〜カラープロファイル
第2回:カラーマネジメントの色基準〜カラープロファイル

第2回:カラーマネジメントの色基準〜カラープロファイル

こんにちは、パーチの長尾です。前回は、カラマネ(カラーマネジメントシステム)のメリットについてお伝えしましたが、いかがでしたか? 3DCGでカラマネと言えば、Autodesk Maya は、バージョン2011からカラープロファイルがサポートされましたね。 Autodesk 3ds Max も、バージョン2009からガンマ補正をサポートするようになり、その後も改良を重ねています。
どちらもカラマネを行うものだけど、どう違うのだろう? どっちが良いんだろう? ガンマを使った管理方法として「リニアワークフロー」というのがあるけどカラープロファイルでは使えるのだろうか? などと、お悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。今日はこうした疑問をスッキリ解消しましょう!

連載「CG de カラマネ!」キービジュアル

 

機材の色を管理する

カラマネは、「制作に関連する一連のハードウェアとソフトウェアを調整すること」で実現する仕組みです。しかし、ハードもソフトも何をどう調整すれば良いのでしょうか? 調整するメニューには色々な設定値があります。いくつもあるハード・ソフトをそれぞれに調整していくので、明確な基準(ターゲット)がないとバラバラに調整されてしまいます。そこで考え出されたのが、"色に関する基準"です。

実は、色に関する様々な基準や考え方があるんですが、現在利用されているカラマネの技術では ICCプロファイル というものが利用されています。これは、ICC/International Color Consortium という、色に関する仕様や規格などを策定している団体が作った仕組みです。ICC プロファイルには、機材がどのような発色をするのかが記述されています。そうですね、プロファイルの部分を少し変えて「機材の色に関するプロフィールが入ったファイル」としたら覚えやすいと思います。では、ICC プロファイルの中身を見てみましょう。

カラマネの基準として利用されることの多い「Adobe RGB」

カラマネの基準として利用されることの多い「Adobe RGB」の色域を示したもの
 

ここには大きく分けて 3 つの情報が書き込まれています。「色温度」「再現できる色の範囲(RGB各色の色空間座標)」「ガンマ」、これら 3 要素があれば機材の発色状況が正確に判ります。逆に言うと、これら 3 つがないと正確に把握することができません。

ちょっと分かりづらくなってきましたかね。今回は図をたくさん用意しているので、それを見ながらプロファイルの 3 要素を把握してみてください(今は漠然と知って頂く程度で大丈夫ですよ)。まずは、色空間を立体で表した図になります。分かりやすくするために代表的なプロファイルである Adobe RGB と sRGB の比較図を使ってみました。

Adobe RGBとsRGB色空間を三次元座標で比較

Adobe RGB(グレー) と sRGB(色付き) 色空間の広さを比較した図。前者の方が空間が広く、sRGB に対して特にシアンとグリーンの表現力があることが判る
 

どうですか? 「Adobe RGB は多彩な色を再現できる」という意味が一目で判りましたよね。最初の図では二次元で色を表していましたが、本来は、この図のように色は XYZ の三次元空間で表現されます。二次元のものは、三次元空間の真ん中あたりで輪切りにしたもので 「xy色度図」 と呼ばれています。
次に、三次元の図を 360° 回転させてみました。どの部分の色で Adobe RGB がより広いのかがよく判りますね。なお、色が三角ポリゴン上になっている角度の図(右下の 3 つ)がありますが、これらは 2 つのプロファイルが重なっている部分を示しています。

色空間を様々な角度から見たもの

上に載せた色空間を、様々な角度から見たもの。よく詳細に色域の差が確認できる
 

その他の連載