MENU

スター・ウォーズ:ビジョンズ『The Duel』メイキング[後篇]黒澤映画と『スター・ウォーズ』への尊敬と共に、全力で遊んだ

『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(1977/以降、『EP4』)のキャラクターや脚本が黒澤 明監督の『隠し砦の三悪人』(1958)を下敷きにしていることは、映画ファンの間では周知の逸話だ。約13分のCGアニメーションの中に、黒澤監督とジョージ・ルーカス監督への尊敬やユーモアを凝縮した『The Duel』。その舞台裏を、中核スタッフに語ってもらった。なお、本記事は前後篇に分けてお届けする。

関連記事:スター・ウォーズ:ビジョンズ『The Duel』メイキング[前篇]黒澤映画と『スター・ウォーズ』を組み合わせ、斬新な世界観を構築

※本記事は月刊『CGWORLD + digital video』vol.279(2021年11月号)掲載の「黒澤映画と『スター・ウォーズ』への尊敬と共に、全力で遊んだ スター・ウォーズ ビジョンズ『The Duel』」を再編集したものです。

記事の目次
    スター・ウォーズ:ビジョンズ| 特別映像 | Disney+ (ディズニープラス)

    AT-ATの胴体を駕籠(かご)に見立てたカゴ・カーゴ

    岡崎氏のこだわりはキャラクター以外のデザインにも発揮されている。AT-ATの胴体を駕籠(かご)に見立てたカゴ・カーゴはその好例だ。「打ち合わせの席で水﨑さんが “何か乗り物もほしいですね。時代劇だから、駕籠がいいんじゃないですか?” と提案してきたので、“AT-ATの胴体に棒を付けたら駕籠になりますね!” と返しました」(岡崎氏)。

    カゴ・カーゴの作成

    カゴ・カーゴのデザインのベースとなった、MPC/ERTLの『AT-AT』の胴体(1983年発売)。「これくらい簡略化されたモールドが好きなので、わりとそのまま活かしています」(岡崎氏)
    【上】【下】カゴ・カーゴのデザイン画。棒状のメカに、AT-ATの胴体をベースとするメカを吊した、DIY精神あふれるデザインだ
    カゴ・カーゴは基本的に手描きの美術で表現しているが、3Dモデルもつくり込まれており、レイアウトやカメラマップの際に使用
    完成映像。このように画面手前から奥へ移動するショットでは、3Dモデルにカメラマップで投影した美術素材を焼き込んでいる

    トーノ茶屋と人家のデザイン

    さらに美術の方向性も、岡崎氏によるトーノ茶屋のデザイン画を基に詰められた。「黒澤映画のロケーションに、『SW』の要素をどの程度足せばいいのか、バランスの見極めに苦労しました。日本の昔の家や村を描ける人は多いですが、そこに『SW』感を足せる人は限られていたので、岡崎さんや桟敷さんなど、40代以上の『SW』ファンに頼ることが多かったですね」(水野氏)。

    トーノ茶屋のデザイン画。黒澤映画と『SW』の要素がイイ感じのバランスで混ざっている。特筆したいのは画面右に積まれた “『SW』によく出てくる箱” で、『EP4』のモス・アイズリー宇宙港などのセットで多用されたものが描かれている。「この箱を出しておけば、『SW』感が出ます!」という岡崎氏の助言を受け、村の中央広場の銃撃線ではトルーパーたちの弾除けとして使われた
    岡崎氏の手帖に描かれた、R1シリーズ・アストロメク・ドロイド(左)とGNKシリーズ・パワー・ドロイド(右)。両方ともトーノ茶屋のデザイン画の中に描かれており、本作のGNKには湯沸かし用のIHユニットが付けられた
    人家のデザインは、美術設定のスタッフが担当。【上】まず日本の一般的な古民家を描いた後、【下】『SW』要素を加筆した。加筆にあたっては、岡崎氏によるトーノ茶屋のデザイン画の方向性が指針になったという。作中の村は、かつてATシリーズの生産地だったという設定があり、『SW』要素を加筆した人家の屋根はAT-STウォーカーの脚部のパーツで補強されている

    LightWave上で地形をデザインし、レイアウトや美術用の原図にも活用

    脚本の完成後、桟敷氏と中島氏がストーリーボードを描くのと並行して、水野氏は地形のデザインも進めた。本作は約13分という短い尺の中に、様々なロケーションが登場する。「どういう地形であれば滞りなくストーリーが進行するか、Googleマップで日本各地を旅しながら考えました」(水野氏)。検討の結果、白川郷(岐阜県)の地形をLW上に再現し、ストーリーのながれに合わせた調整をかけることになった。「高台から白川郷を見下ろした感じが、トーノ茶屋から村を見下ろしたときのイメージに近かったんです。茶屋と村の中央広場の位置関係は、LW内のカメラで何度も確認しながら調整しました。そうして出来上がった地形データは、Vコンテ、レイアウト、美術用の設定や原図など、様々な用途で活用しています」(水野氏)。

    白川郷の地形を、ストーリーのながれに合わせて調整

    脚本を基に、必要となるロケーションを描き出したホワイトボード。トーノ茶屋、中央広場、カゴ・カーゴ、火の見櫓、畑、川、滝などが確認できる。左上に描かれたバンサに乗ったタスケン・レイダーが可愛い
    先のホワイトボードを基に、水野氏がLW上でデザインした地形。茶屋を基点に、中央広場や川の位置を決定していった。「ベースは白川郷ですが、かなり調整をかけており、最終的には別物の地形になっています」(水野氏)
    先の地形を基につくられた村全景の設定。美術発注時の参考資料などに使われた。画面左端の山肌に、Jタイプ327ヌビアン・スターシップが刺さっている

    中央広場のショットのレイアウト

    前述したように、本作はフィルムのアナログ感の再現にもこだわっているため、美術は全てアナログ作画で表現されている。「今回の美術は、アナログの塗りの上に、先行でデジタル化された原図の線を重ねてあります。筆のタッチが本作の世界観にマッチしていて、最初の美術が届いたときには現場が盛り上がりました。アナログ作画は、絵の具が乾くと紙が少し縮むらしいんですが、その縮みまで考慮して描かれているので、原図の線とのズレはほとんどありません」(水野氏)。

    カゴ・カーゴとトルーパーたちに制圧された中央広場を、トーノ茶屋から見下ろすショットのレイアウト。水野氏によってデザインされた地形のデータが、レイアウト工程でもそのまま使われている。この時点では茶屋の店主の3Dモデルができておらず、落ちトルーパーAの3Dモデルで代用(画面右)
    完成映像。近景のローニンと茶屋の店主、中景の村とカゴ・カーゴ、遠景の森がバランスよく配置されており、位置関係とストーリーが直感的に伝わる構成だ。中央広場のモブトルーパーたちにも、モブ専任のアニメーターがちゃんと動きを付けている
    先のショットの直後、カゴ・カーゴを背にして、中央広場から茶屋方面を映すショットのレイアウト。モブの村人とトルーパーの代わりに、落ちトルーパーAの3Dモデルを配置
    完成映像。先のショットと対比関係にあるショットで、近景にモブの村人とトルーパー、中景に村の街道、遠景にトーノ茶屋のある高台が配置されている。シンメトリーに近い象徴的な構図にすることで、村人の緊張感まで伝えている
    中央広場から茶屋方面を映すショットの美術設定。レイアウトから美術用の原図をつくり、その上にディテールを描き込んでいる。画面左の店の前の長椅子に、何故かフィンのカバンがある
    中央広場から茶屋方面を映すショットの美術。本作の美術は青写真が担当しており、紙と絵筆によるアナログ作画となっている
    中央広場の設定。見世物小屋と火の見櫓の位置関係がわかりやすい
    中央広場でボスとローニンが対峙するショットの完成映像。ボスの右奥に前述の “箱” が置かれ、その上でモブトルーパーがこときれている。見世物小屋の看板には『EP4』のキービジュアルが描かれており、ここでも『SW』感が盛られている

    実写のような生々しさを優先したアニメーション

    アニメーションのディレクションは水野氏と中島氏が分担しており、水野氏は日常芝居、中島氏はアクションを担当した。アニメーターは10人で、その中の3人が、モブ専任として村人とモブトルーパーの動きを担当した。「モブは新人に担当してもらいましたが、ユニークで味のある動きを付けてくれました」(水野氏)。

    なお、中島氏は約30ショットの制作も自ら担当しており、トーノ茶屋で一服するローニンのショット、少年村長を威嚇するトルーパーDのショットなど、日常芝居もいくつか手がけている。「トーノ茶屋のローニンのショットは、視線や身体の動かし方を最後の最後まで調整していました。本作では、アニメ的な誇張表現ではなく、実写のような生々しさや泥臭さを優先しており、バランスを取るのが難しかったです」(中島氏)。

    トーノ茶屋で一服するローニンのショット

    アニメーションとライティングの修正前。ローニンの表情やポーズが硬く、影面積が多いので厳しい印象になっている
    修正後。「この顔でお茶を飲まないと思う」という水野氏の指摘を受け、力の抜けた、フラットな印象の画に変更された

    LWの作業画面。目元や鼻などに細かくボーンが仕込んであり、表情を微調整できる。緑色はリムライトの影響範囲
    AE上で影を加え、ルックを調整している

    少年村長を威嚇するトルーパーDのショット

    アニメーションとライティングの修正前
    修正後。「黒澤映画は脇役たちがすごく魅力的なので、もっと個性的で、クセのあるトルーパーにしてほしい」という水野氏の指示を受け、左右非対称の歪んだ表情に変更。ポーズにもさらに傾きを加え、野蛮さを強調した
    LWの作業画面
    完成映像。野蛮な感じを出すにあたり、中島氏は短編映像『GTA VR』(2016)のスティーブン・オッグの演技を参考にしたとのこと

    少年村長とトーノ茶屋の店主のショット

    ライティングの調整前。キャラクターの影色が濃い黒なのに加え、中央広場から茶屋方面を映すショットは逆光になるため、太陽光のディレクショナルライトだけでは顔が真っ黒になる
    表情がわかるように、違和感のない範囲でライティングを調整
    LWの作業画面。青はキーライト、緑はリムライト、赤は少年村長の右手の中にある石が発する光。「逆光のショットは、担当アニメーターがショット単位で影の入り方を調整しています。特に顔に入る影は、ちょっとのことでニュアンスが変わるので、皆が悩んでいました。一方で、黒澤映画は濃い影を使ったドラマティックな演出をすることもあるので、クライマックスではそういう画づくりも再現しました」(水野氏)

    風の音、砂塵の巻き上がり方でストーリーを演出

    アクションパートでも、ボスとローニンが斬り合う前のジリジリとしたにらみ合いのショットに尺を割くなどして、抑えた芝居を追求している。「黒澤映画は、ここぞというシーンでは音楽をながさず、役者に語らせず、風のながれや雨の音でストーリーを伝えます。本作でも、にらみ合いのシーンは風の音だけをながし、砂塵の巻き上がり方、旗のなびき方、着物の揺れ方などでストーリーを演出しました」(水野氏)。例えば、ボスが優位なうちはボスが風上に立ち、ローニンが優位になると風向きが変わるといった演出が施されているという。

    ボスとローニンが中央広場でにらみ合うショット

    Vコンテ用の画
    【上】初期のレイアウト。背景に村の大通りが映っている。トルーパーと用心棒による大通りの乱戦まで見せると工数が大きくなるため、【下】のように修正した
    先のカットではボスの脇の下からローニンを映しているので、肩関節のボーンをありえない位置に移動させている
    ローニンの着物のアニメーションは、ボーンとディスプレイスメントマップで付けている
    風による揺れを表現するためのウエイトマップ
    ローニンの表情を印象付けるため、顔のキワをリムライトで照らしている
    【上】【下】完成映像。距離を開けて対峙しているが、望遠レンズによる圧縮効果で画の緊迫感が増している。これも黒澤映画らしい画づくりだ

    ボスとローニンが川の上で斬り合うショット

    Vコンテ用の画
    レイアウト
    アニメーションの作業画面。このアクションは、『エピソード3/シスの復讐』のオビ=ワン・ケノービとアナキン・スカイウォーカーの溶岩上での決戦へのオマージュを込めた演出になっている
    【上】実際にはライトセーバーが交差していないが、【下】レンダリング用のカメラから映すと、斬り合っているように見える
    斬り合いの前半を過ぎると、ボスもローニンも足場の丸太に乗っていないことが多いが、カメラから見ればカッコ良いので問題ない
    美術用の別カメラで映した画をつなぎ合わせ、横長の大判美術の原図を作成した
    完成映像。足場の丸太は3Dで作成。川の水流はLWで作成した3D素材も使いつつ、AEで表現している

    本作の制作をふり返り、岡崎氏は「最高でした!」と満面の笑みで答えてくれた。「『SW』をつくれるだけでもすごいのに、僕の想像をはるかに超える内容に仕上げてもらえました。“ものをつくるって、こういうことだよな” と改めて思いましたね。全世界の視聴者にも、僕と同じように楽しんでもらえればと願っています。それから、本作の続編をつくりたいです。ローニンの行く末が気になるし、R5-D56の竹槍アクションが見たいです!!」(岡崎氏)。

    関連記事:スター・ウォーズ:ビジョンズ『The Duel』メイキング[前篇]黒澤映画と『スター・ウォーズ』を組み合わせ、斬新な世界観を構築

    © 2022 TM & © Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

    月刊『CGWORLD +digitalvideo』vol.279(2021年11月号)

    特集:LEDウォール型バーチャルプロダクション
    定価:1,540円(税込)
    判型:A4ワイド
    総ページ数:112
    発売日:2021年10月8日

    詳細・ご購入はこちらから

    TEXT_尾形美幸(CGWORLD

    INFORMATION

    『スター・ウォーズ:ビジョンズ』

    ルーカスフィルムと、『スター・ウォーズ』の創造のルーツとなった日本との新たなプロジェクトが始動。日本のアニメクリエイターたちの“ビジョン”を通して『スター・ウォーズ』の新たな物語が描かれる。ディズニープラスにて、2021年9月22日より全9作品を一挙独占配信中。参加スタジオ:神風動画、キネマシトラス、サイエンスSARU、ジェノスタジオ、スタジオコロリド、トリガー、プロダクションI.G
    disneyplus.disney.co.jp/program/star-wars-visions.html

    スペシャルコンテンツ

    VIEW MORE

    新着求人

    VIEW MORE
    VIEW MORE

    関連サイト

    • CGWORLD ONLINE TUTORIALS
    • CGWORLD SHOP
    • SCULPTOPSLABO
    • Born Digital,Inc.
    • 3dtotal.jp
    • 週間ランキング
    • 月間ランキング