>   >  消えるクリエイターと伸びるクリエイターの特徴とは?サイバーコネクトツー松山氏とフロム・ソフトウェア竹内氏が対談。
消えるクリエイターと伸びるクリエイターの特徴とは?サイバーコネクトツー松山氏とフロム・ソフトウェア竹内氏が対談。

消えるクリエイターと伸びるクリエイターの特徴とは?サイバーコネクトツー松山氏とフロム・ソフトウェア竹内氏が対談。

福岡市内のクリエイティブ企業へのU/Iターン転職プロジェクト「福岡クリエイティブキャンプ 2015」。先だって開催された東京会場に続き、10月24日(土)には大阪電気通信大学(寝屋川キャンパス)でCGWORLD CREATIVE MEETING(大阪)が開催。福岡市の魅力や働き方に関する紹介もからめられた東京会場に対して、大阪会場では最新の開発技術が深掘りされ、より実践的な内容となった。参加者は大阪・京都・奈良・兵庫・滋賀と関西全域から約150名にのぼり、多くのクリエイターと学生が会場に訪れた。

イベントは福岡市企業誘致課の内田沙弥香氏による挨拶から始まった。福岡市による無料の転職サポートや移住後のフォローが受けられ、移住者(応援金交付対象要件を満たしている移住者)には40万円の応援金も支給される本制度。現時点では約100名の登録があり、すでに7名(10月30日現在)の内定者も出ているという。「福岡クリエイティブキャンプには、日本だけでなく世界で活躍する約50社からの求人申込みがあり、皆さんのチャレンジを待っています。福岡市としても全力をあげてバックアップしていきます」と意気込みを語った。

セッション1:
スペシャル対談「消えるクリエイターと伸びるクリエイター」

▼登壇者
サイバーコネクトツー
松山 洋氏/代表取締役
フロム・ソフトウェア
竹内 将典氏/専務取締役
ゲームジャーナリスト・NPO法人IGDA日本理事長
小野憲史(モデレーター)

福岡に本社を持ち「NARUTO−ナルト− 疾風伝 ナルティメットストーム」シリーズなどで知られるサイバーコネクトツーと、東京に本社を持ち「DARK SOULS」シリーズなどを手がけるフロム・ソフトウェア。サイバーコネクトツーは5年前に東京スタジオをかまえ、フロム・ソフトウェアは来春より福岡スタジオを新設と、互いに共通項も多い。本イベントはそんな両社の「顔」ともいえる松山洋氏と竹内将典氏のスペシャル対談でスタートした。

▲(左)フロム・ソフトウェア 竹内 将典氏 (右)サイバーコネクトツー 松山 洋氏

ともにゲーム業界歴が約20年というベテランクリエイターだが、意外にも本格的な顔合わせは今回が初めてだったという二人。事前打ち合わせもそこそこに開催されたが、十年来の友人のように息のあったトークが繰り広げられ、会場をわかせた。モデレーターは筆者(小野憲史)が担当した。

「伸びたクリエイター」の代表でもある両名。美大出身だがゲームデザイナーとして入社したという竹内氏は「20代後半のころ、演出やプログラムなど一通りの仕事を経験できた時期があった。『アーマードコア』などのタイトルで、会社の規模も小さく、一番成長できた」とコメント。一方、建築業界を経て友人とゲーム会社を立ち上げた松山氏は、「30歳のころ社長が逃げて会社が倒産し、自分を中心に再建した。第一作『.hack(ドットハック)』の開発も含めて、何でもやらざるを得なくなり、人生の節目だった」と回想。ともに成長要因として、20代後半から30歳前後における環境の変化をあげた。

これに対して「消える(=伸び悩む)」クリエイターの特徴には、「素直じゃない人」「考えていない人」(竹内氏)、「本当の意味でゲーム作りが好きではない人」(松山氏)などの特徴があるという。また松山氏は「ゲーム作りの大規模化とともに、組織力の勝負になっているため、クリエイターがやりがいを実感しづらくなっている点もある」と分析。もっとも、その中でも自ら「成長スイッチ」を入れられる人はいると回答した。竹内氏も同意見で、会社はクリエイターに対して「成長するための環境やきっかけを提供できるだけ」だとコメント。松山氏も「ピンチとチャンスと環境は平等に与える」と補足した。

最後に「クリエイターを延ばすためのスイッチの入れ方」では、松山氏は繰り返してメッセージを伝えることの重要さを説いた。「20人程度では簡単に伝わることでも、200人以上になると伝わらない。紙に書いて張り出すくらいで丁度良い」(松山氏)。一方で竹内氏は面談をはじめ、各々へのフォローを重視しているといい、1人につき年間3ー40時間はさいているという。「悩みを聞くことで、自分が本当に何がしたかったのか取り戻し、のびるクリエイターもいます」(竹内氏)。松山氏も同意しつつ、「学校ではなく企業なので、全員に平等にケアはできない。結局は自分次第」と釘を刺していた。

次ページ:exsa、CC2、KOO-KIのセッションレポート

特集