>   >  ドローン元年となるか!国内外のドローンが集結!日本初!民生用ドローンイベント「Japan Drone 2016」イベントレポート
ドローン元年となるか!国内外のドローンが集結!<br>日本初!民生用ドローンイベント「Japan Drone 2016」イベントレポート

ドローン元年となるか!国内外のドローンが集結!
日本初!民生用ドローンイベント「Japan Drone 2016」イベントレポート

2月24日(木)〜26日(土)、幕張メッセにて、日本で初めての本格的な民生用ドローン専門展示会およびカンファレンスイベント、「Japan Drone 2016」が開催された。主催者側によるイベントのキーワードは「日本発。世界発。」ということで、中国製品を中心に外国勢が大半を占めるドローン市場のなかで、比較的多くの国産ドローンや関連パーツの展示が行われていた。

ただし、展示の大多数は、やはり大きな予算が動くためか、土木、建築、農業といった実業分野の産業をメインターゲットとした展示が中心で、映像をはじめとするエンターテインメント分野の展示は、ごく少数にとどまっていた。

本稿では、少ないながら見られたCG関連の出展と、国内外を問わず、映像制作への活用が期待できそうなドローンをチョイスしてお伝えする。

▲パイロット風の衣装を身にまとったコンパニオンが宣伝するトレーニングスクールの出展もみられた

<1>高性能ながら、特定用途に特化した製品が目立つ日本勢

オールジャパン体制で、各社総合すると最も大きなブースエリアを構えていたのが、国産ドローンのエンルートだ。ドローン本体を開発、製造、販売するエンルートを中心に、エンルートに対して部品を供給したり共同開発しているメーカー各社と、エンルートのドローンと連携可能な周辺ハードウェア、アプリケーションを販売するメーカーが軒を連ねていた。

エンルートの製品で、空撮向きの機種は「ZION QC 630」と「ZION QC 730」の2機種だろうか。特に「ZION QC 730」は航続時間が長いのが特徴で、最長で40分間、距離にして30kmの飛行ができる。飛行データの収集が容易なことも導入済みのカスタマーに評判が良く、GPXデータとして出力して飛行ログをマップに表示することが可能になっている。ただし、GPXデータには、時間軸に沿った位置情報が記録されているだけで、機体の向き情報やカメラの向き情報は含まれないため、そのままカメラアニメーションデータとしては利用できない。カメラパスに沿って注視点を先行させ、常にカメラが進行方向を向くようにしたり、特定の角度を維持するのが良ければ、位置情報だけでもカメラアニメーションの元データとすることはできるだろう。もちろん、アーティスティックに手で向きを付けてあげるのでよければ、何の問題もない。

ブースにアテンドしていた担当者によると、米3D Robotics社のPixhawkを機体制御ユニットとして使用しており、空撮に必要な機体自体の安定性は十分だという。ただしジンバルはDJIの物の方が優秀で、本機にDJIのジンバルと対応カメラを乗せて空撮をすれば、標準のジンバルより良い結果が得られると、非常に率直な回答をしてくれた。

この「ZION QC 730」は、なかなかに魅力的な機体だが、お値段も相応に高価で、標準構成に含まれるソニーのミラーレス一眼「α6000」とコントロール用のノートPCを自前で用意することにして省いたとしても、200万円程度の価格となってしまう。いいにはいいが、やはりこの価格が導入のネックとなるだろう。

  • ▲エンルートブースの模様。エンルート公式サイト:http://www.enroute.co.jp/

  • ▲「ZION QC 730」に赤外線カメラを搭載したモデルの展示

エンルートの長屋の一角で、ひっそりと展示を行っていたのが、オートデスクによる「Maya」を使ったドローンのオートパイロットだ。実演デモではなくビデオによる紹介にとどまっていたが、現実空間で取得したデータや撮影素材を3Dデータとして活用する方向とは逆に、「Maya」であらかじめ仮想の空間をつくっておき、「Maya」で作成したフライトパスに沿ってドローンを飛ばしたり、「Maya」の中に設置した3Dオブジェクトをフォローする形で、飛行させることができる。ドローンがフォローする3Dオブジェクトには、もちろんアニメーションが付けられることから、この機能はプリビズありきのドローン空撮プランを立てるときに役立ちそうだ。

▲エンルートブースの一角には、オートデスクの「Maya」を使ったドローン制御が展示されていた

  • ▲ドローンをコントロールする機材上でビデオによる機能説明が再生されていた

  • ▲「Maya」内の3D空間はカメラで取り込んで3D化しているように思われる。屋内では問題ないとして屋外でも同様に機能するのだろうか

NECが自律制御システム研究所と産業技術総合研究所、首都高速道路技術センターと共同で出展していたブースも見応えがあった。かなり大型のドローンで、橋やトンネルなどの老朽化を検査する目的で、打音検査に利用するという。ドローンが空中に静止しながら、ハンマーでコンクリートを叩くということは、叩く瞬間にその反作用を飛行制御で殺さないと、静止し続けることはできない。力のかかり方がある程度想定される範囲内だとはいえ、これは地味にすごい技術だと思えた。これだけだと空撮とは何も関係がないが、将来的にこの技術が応用されて、外周方向から瞬間的に強い力が加わっても即座に対応する反作用を生み出して静止し続けるドローンができれば、現状の姿勢制御がさらに強化されて、より安定した撮影ができるかもしれない。

また、NECのドローンには、カメラをドローン上部に設置することを想定した機種もあり、上空から地表方向を撮影することを想定したものが大多数であるなか、天球方向を撮影するドローンも存在することが確認できた。理屈の上では、バッテリーの位置とカメラの位置を逆転させれば、バランスは維持できるはずだが、実際にドローン上部にカメラを設置していたり、設置できる機種は少ない。橋の下やトンネル内部の検査を想定しているからこその設計だといえるだろう。

  • ▲NECが出展するドローンはかなり大型だ。宙づりになっていたため、飛行している姿がイメージできる

  • ▲奥側のブルーの部分が、打音検査を行うハンマー部分。実際にコンクリート壁を叩いても、本体は静止したまま

大型機「HEL18 S18000F」や中型機「HELI4 S6000F」と、本格的な機材を前面に押し出した展示を行っていたのは、サイトテックだ。「HELI8 S18000F」は、防災監視用にIP56準拠の防水カスタマイズが施されていたため、機体下部がすっぽりと透明なキャノピーで覆われていた。水面スレスレの飛行といった非常にタフな撮影環境の場合、防水仕様は心強いだろう。もっとも「HELI8 S18000F」の標準の構成では、防水仕様ではないが、バッテリー込み7.5kgのペイロード(有効搭載量)を持ち、最大で15分間、最大速度40km/hで飛行できる。

サイトテックには、災害現場に救援物資を搬送するといったニーズが寄せられており、その結果ペイロードにかなり余裕のある大型機が開発されている。あまりに重装備すぎるように思ってしまったため、ブースでは重量級の大型機はあまり意識していなかったが、よくよく考えるとペイロードに余裕があるということは、本格的な撮影機材をも搭載できるということになる。同社の「HELI8 S48000F」では32kg、「HELI6 S70000F」では60kgというカタログ上の表記もみられるため、このあたりの大型ドローンを使用すれば、放送や映画用の機材を用いた空撮も可能だろう。

中型機の「HELI4 S6000F」の方は、バッテリー込2.8kgのペイロードを持ち、最大で30分間、最大速度40km/hで飛行する性能を有している。空撮には十分な性能で、展示されていた機体にもソニー製のハンディカムに加え、構造物検査マーキング用のペイントガンまで搭載していた。映像素材撮影用には十分な性能で、前述したエンルートの「ZION QC 730」やDJIの「SPREADING WINGS」シリーズ(カメラなしで50万円〜60万円の価格帯)と競合する。サイトテックの製品は、いわばセミオーダーメイドで、顧客のニーズに合わせて構成を柔軟に変更できるため、価格は要件を明確にして見積もってみないと正確にはわからないが、やはり100万円〜200万円程度の価格帯になるようだ。

▲IP58仕様の「HEL18 S18000F」。防水キャノピー部分はビーチボールくらいの大きさがある

  • ▲「HELI4 S6000F」も中型とはいえ、直径930mmと大きい。それでも「HEL18 S18000F」の約半分のサイズ

  • ▲「HELI4 S6000F」のカメラ部分。展示されていた機体はハンディカムとペイントガンを搭載した建築物検査仕様

▶︎次ページ:
ホビー用途から本格撮影機材まで、高コスパで攻勢をかける外国勢︎

特集