>   >  「AMD Radeon ProRender」と専用クラウドレンダリングファーム「Bullet Render Farm」~SIGGRAPH 2019 レポート(1)~
「AMD Radeon ProRender」と専用クラウドレンダリングファーム「Bullet Render Farm」~SIGGRAPH 2019 レポート(1)~

「AMD Radeon ProRender」と専用クラウドレンダリングファーム「Bullet Render Farm」~SIGGRAPH 2019 レポート(1)~

コンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する世界最大の学会・展示会「SIGGRAPH 2019」が、7月28日から8月1日の5日間、米国ロサンジェルスコンベンションセンターで開催された。今年は、世界79ヶ国から昨年より1割ほど多い約18,700人が参加し、180社の企業からの展示が行われた。その中でも評判の高かったAMD Radeon ProRenderと、AMD Radeon ProRendeを活用したクラウドレンダーファームBullet Render Farmを紹介する。

※本記事は2019年8月2日の取材内容に基づきます。

TEXT & PHOTO_安藤幸央(エクサ)/Yukio Ando(EXA CORPORATION)
EDIT_山田桃子 / Momoko Yamada

<1>「AMD Radeon ProRender」とは

ProRender開発を率いる原田隆宏氏(AMD)
www.amd.com/ja/technologies/radeon-prorender

ProRenderの展示ブース

AMD Radeon ProRender(以下、ProRender)は、グラフィックスチップメーカーであるAMDが無料で提供するGPUの能力を最大限に活用した物理ベースのレンダラだ。AMDのRadeonなど、AMDのGPU環境での利用が推奨されているが限定はされておらず、業界標準のOpenCLやApple Metal 2に対応した環境であれば、Windows/Linux/masOS、CPU/GPUどの環境でも動作する。昨今はレンダーファーム上で利用するソフトウェアのライセンス費用が課題となることがあるが、ProRenderの場合は、商用利用・商用作品の制作においても、無償で利用することができる。2014年に発表されたFireRenderを前身とし、2016年6月に発表されて以来アップデートが続いている。

Radeon™ ProRender: Fast. Easy. Incredible.

ProRenderの開発を率いるAMDの原田隆宏氏によると、ProRenderはもともとはサイドプロジェクトだったのが本格化し、現在は開発の中心メンバー5名、周辺ツール、サポートも含めると20名ほどのチームで開発を続けているそう。新しいProRender 2.0もプレビュー版の登場が間近で、ProRender 2.0ではパフォーマンスの観点や新しいテクノロジーの導入を容易にするため古いバージョンからのコード負積を引きずらず、コア部分も含め全面的にコードを書き直したそうだ。

ProRenderの特長はGPUの性能や機能を最大限に活用し、どこかで頭打ちになることなくCPU・GPUの性能や数に応じて、シームレスに性能が上がっていくことだという。

現在のProRenderは、統合CGツールのCinema 4DMODO、建築CGで使われるACCAと統合され、アプリケーション内からシームレスに使うことができる。

また、3ds MaxMayaBlenderSolidWorksPTC CeroUnreal Engineに関してはプラグインという形で対応している。さらに、InstaLOD Studio XLz-emotionといったツールとの連携も2019年中に予定されている。

開発者向けの利用も手厚くサポートされており、オープンソースとして公開されているProRender USD Hydraレンダリング・デリゲート・プラグインを利用すると、例えばインハウスで開発した独自ツールや既存ワークフローで、OpenGLベースで描画しているプレビュー画面をUSD経由でデータを受け渡し、ProRenderベースのプレビュー画面に差し替えて利用するといった活用例も提示されている。

では他のツールやレンダラを利用してきたところから、ProRenderに移行する際の懸念点は何かというと、やはりデータの移行・クオリティの担保が課題となってくる。いくらProRenderそのものが無償だといっても移行にかかるコストはゼロではない。この点については、他社のレンダラV-RayArnoldRedshiftのデータが変換可能となるデータ移行用のコンバート機能が用意されている。他レンダラと全く同じ結果になるわけではなく微調整が必要になるが、移行そのものはスムーズにできるとのことだ。

ProRenderによるマテリアル表示例

ProRenderは今後、AI、機械学習を活用したデノイズ(ノイズ除去)機能の活用や、アップスケーリングイメージフィルター、パフォーマンスの向上を進めることで、プレビューからルックデブ、最終的なレンダリング工程まで、全てのワークフローで活用可能なソリューションとして提供していくとのことだ。

まだ一般にはリリースされていないプレビュー版のProRender 2.0では、AMDのもつアウトオブコア技術によりGPUメモリに載りきらないような巨大なジオメトリのサポート、CPUとGPUがより連携したレンダリングの強化、柔軟性のある新しいシェーダノードシステムの開発が進められているそうだ。

参考記事
ハードウェアメーカー発の無料レンダラ、AMD Radeon ProRenderを徹底検証 No.1 ベーシック編No.2 アドバンス編



次ページ:
<2>ProRender専用クラウドレンダーファーム「Bullet Render Farm」

特集