>   >  超短時間で発表、論文ダイジェスト「Papers Fast Forward」と今年の注目論文ピックアップ~SIGGRAPH 2019 レポート(2)~
超短時間で発表、論文ダイジェスト「Papers Fast Forward」と今年の注目論文ピックアップ~SIGGRAPH 2019 レポート(2)~

超短時間で発表、論文ダイジェスト「Papers Fast Forward」と今年の注目論文ピックアップ~SIGGRAPH 2019 レポート(2)~

コンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術に関する世界最大の学会・展示会である「SIGGRAPH 2019」が、7月28日から8月1日の5日間、米国ロサンジェルスコンベンションセンターで開催された。46回目となる今年のテーマは「thrive」。日本語に訳すと「繁栄する、よく成長する、すくすく育つ、生きがいとする、うまくやる」といった意味があり、CG産業もビジネスも研究も、それぞれ一緒に成長していこうという想いがこめられている。今年は世界30ヵ国から385本の論文の投稿があり、そのうち111本が採択され、それに加えて年次の論文集(Transactions on Graphics)から31本、合計142本の論文が発表された。その中から発表会場で話題になったものや注目の論文を、何本か紹介しよう。

■関連記事はこちら
「AMD Radeon ProRender」と専用クラウドレンダリングファーム「Bullet Render Farm」~SIGGRAPH 2019 レポート(1)~

※本記事は2019年7月28日に開催されたSIGGRAPH2019/Papers Fast Forwardでの取材内容に基づきます。

TEXT & PHOTO_安藤幸央(エクサ)/ Yukio Ando(EXA CORPORATION)
EDIT_山田桃子 / Momoko Yamada

<1>今年の全論文をダイジェストで知る「Papers Fast Forward」

「Papers Fast Forward」の様子

「Weaving Geodesic Foliations」の発表に使われたリボン状の物体モデル

SIGGRAPHの論文の概要を知るのに欠かせないイベントが、初日に開催される「Papers Fast Forward」という全論文のダイジェスト発表だ。この発表では、全ての論文を1本あたり20秒という超短時間で紹介する。真面目なものから、趣向を凝らした発表まであり、会場の笑いを誘う場面もあった。SIGGRAPHで「Papers Fast Forward」がはじまった当初は1論文あたり60秒のもち時間で、途中一回の休憩をはさみ2時間以上ぶっ続けで発表されていた。しかし最近はだんだんと発表時間が短くなり、昨年は1論文あたり30秒、今年は1論文あたりなんと20秒で紹介するというめまぐるしい発表となった。

SIGGRAPHで発表されるCG関連、CG周辺の研究は、研究成果が発表されてから業界での実用化が早いことが知られている。またCG映像制作の現場で培われた工夫が後から論文としてまとめられることも多く、研究と現場のニーズが近しいことも他の基礎研究分野とは大きく異なる点だ。

映画制作のために最先端のCG/VFXを活用するCGプロダクションにおいても、映画制作の際の試行錯誤の結果を論文として発表したり、SIGGRAPHの論文で発表されていたばかりの新技術が次の映画制作に活用されていたりと、現場のニーズと研究がとても合致した形で進められている。もちろん基礎研究など、すぐにはお金にはならないが大切な研究もあるが、CG研究の分野においては、実用と研究の距離がとても近く、相互の協力が得られているのが特徴だ。

また大学や研究機関などのアカデミックな人材とグローバルな先進企業との間、GoogleFacebookAdobeAutodeskUnityEPICなどのツールベンダーとの間で、人材の交流や人材の行き来が多く、大学に所属する研究者が企業の研究所に異動していたり、SIGGRAPHで研究発表していた大学院生が翌年には企業の人として市販ツールに機能実装されたり、新しくリリースされたアプリやスマートフォンに機能が載った話も聞く。SIGGRAPHの論文は、大学と企業との共同研究も多く、企業の潤沢な資金を得つつ、大学の優秀な研究室が研究を進め、その実用化には企業が貢献するという、研究のエコシステムとも言えるポジティブなループが回っている。

CG/VFXの祭典とも言えるSIGGRAPHだが、本分は学会であり、トップカンファレンスと呼ばれる世界最高峰の学会で、今年の論文採択率も3割弱という狭き門。今年は世界30ヵ国から385本の投稿があり、そのうち111本が採択され、それに加えて年次の論文集から31本、合計142本の論文が発表された。

論文は32のカテゴリに分かれ、それぞれ3本から4本の論文が発表される。論文の内容も、王道のCG描画、レンダリング技術のみならず、3Dプリンタの応用技術、画像処理や動画処理、VRやARの研究、人の動きや顔の動きを取得するキャプチャ技術など、CG/VFXを取り巻くさまざまな分野に広がっている。10年前は24のカテゴリに分かれていたが毎年少しづつカテゴリ変更や追加・廃止が行われており、最近ではVR/AR、音に関するカテゴリ、機械学習を活用した研究のカテゴリなどが増えている。

■参考リンク集

SIGGRAPH 2019 発表論文リンク集(非公式版)動画やサンプルプログラムへのリンクもあり
http://kesen.realtimerendering.com/sig2019.html
SIGGRAPH 2019 論文集(公式版)
http://www.siggraph.org/learn/conference-content
Technical Papers First Pages(全論文の最初の1ページだけを抜き出してまとめたPDFファイル)
https://s2019.siggraph.org/wp-content/uploads/2019/firstpages.pdf

Technical Papers Preview: SIGGRAPH 2019 今年の目玉論文の映像ダイジェスト(約3分)

Technical Papers Fast Forward(収録された全編。20分20秒頃から本編が開始)

次ページ:
<2>多方面にわたる今年の注目論文(順不同)

特集