>   >  漫☆画太郎の超問題作が奇跡の実写化! 映画『珍遊記』のVFX(スタジオ・バックホーン)
漫☆画太郎の超問題作が奇跡の実写化! 映画『珍遊記』のVFX(スタジオ・バックホーン)

漫☆画太郎の超問題作が奇跡の実写化! 映画『珍遊記』のVFX(スタジオ・バックホーン)

まさかの実写映画化に、発表直後から大きな話題となった映画『珍遊記』。アクの強い漫☆画太郎氏原作コミックの笑いを実写で表現するために、VFXにも様々な工夫が凝らされた。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 212(2016年4月号)からの転載となります

TEXT_峯沢★琢也 / Takuya★Minezawa
EDIT_小村仁美 / Hitomi Komura(CGWORLD)
PHOTO_弘田 充/ Mitsuru Hirota



映画『珍遊記』予告編
©漫☆画太郎/集英社・「珍遊記」製作委員会


制約を逆手に取って"バカバカしい面白さ"を演出

本作の監督を務める山口雄大氏とVFXを担当したスタジオ・バックホーンは、過去にも何度かギャグテイストの作品でタッグを組んでおり、本作でも監督直々の指名により、同社の参加が決まったという。

  • 映画『珍遊記』中核スタッフ
    写真右から、鹿角 剛 VFXスーパーバイザー、北守正樹 CGディレクター(以上スタジオ・バックホーン)

「本作のテーマはズバリ"バカバカしい面白さ"。原作の漫☆画太郎さんは実は山口監督と当社が初めて一緒に仕事をした映画『ユメ十夜(第十夜)』(2007)に脚色で参加されていまして、そのドタバタのセンスがお互い近いんでしょうね。幸いにもセンス勝負で笑いが重要な作品だったので、レンダリングやシミュレーションに時間を割くよりも限られたリソースを逆手に取ってあえてチープにつくったりと、とにかく笑えるように面白さの部分で勝負できました」とVFXスーパーバイザーを務めた鹿角 剛氏は語る。
全1,000カット強の本編のうち、何らかの合成や3DCGが使用されているカットは300カットほど。正味2ヶ月の作業期間に対し、作業後半にヘルプが入ったものの、CGのメインスタッフはわずか2名。スケジュールやバジェット的にも決して潤沢とは言えない環境で、時には一眼レフ、時にはアナログ的な手法等、「使えるものは何でも使う」精神の下、蓄積してきたノウハウや資産を駆使してVFXの制作は進められた。
また、本作は一風変わった東洋的な雰囲気を出すために、街中の風景は数々の韓国歴史ドラマのロケにも使用された韓国・龍仁大長今パーク(旧・龍仁MBCドラミア)で撮影を行なっている。他のシーンでは国内での中華料理店内等の室内ロケとグリーンバック、洞窟のシーンでは夜の外ロケ、一部はマットペイントの背景を合成することでまかなっているが、筆者の印象ではバラバラなロケーションを1本にまとめることで原作のロードムービーとしての雰囲気が強まり、面白さが増していると感じた。原作ファンもそうでない人も、ぜひ劇場で笑いながら観てほしい。

<Topic1>限られた予算内での工夫

アイデアと臨機応変な対応で制約を乗り越える

本作は制作期間やバジェットが限られていたことに加え、豪華なキャスティングの影響で演者に確保されているスケジュールも短期間という条件が重なったために、VFXの現場でも実写や合成、CGを織り交ぜて「使えるものは何でも使う」といったハングリーな精神と工夫でカバーしなくてはいけない状況となっていた。シーンによっては撮影時期に雨天が続いてしまい、近所の倉庫を急遽レンタルしてそこに即席のグリーンバックを張り、悪天候で撮れない合成カットのスタジオとして稼働させた、といった臨機応変な対応が必要とされた。
また、プロップの撮影に関しては実写素材を多くストックすることで後々2D合成で処理をしている部分も多い。一見フル3DCGの素材と思いきや、創意工夫と良い意味でのアナログな力技によって制作されていることは驚きだ。もちろん、パートによって実写合成が絡むような場面や処理が複雑になりそうな部 分に関しては、監督に事前に絵コンテを切ってもらうと同時にスタッフ間の打ち合わせも綿密に行なっており、多くのスタッフとイメージの共有をして撮影に臨んでいる。シカのような登場カットの少ない造形物はできるだけ既存のものを活用する一方で、序盤のメインとなる日本家屋は特殊造型アーティストの百武 朋氏にミニチュア制作を依頼する、といったように、適材適所に実物や合成を計算しての素材の使い分けを細かく行うことで難題を解決していった。さらに巨大な太郎と外のキャラクターの遠近法のスケール感を出すためにカメラに対する奥行きの前後を入れ替えて撮影、あえてパース感を狂わせてメリハリをつけた素材を合成する、といったアナログ的なトリック撮影の要素も採り入れており、まさに旧来の特撮的な撮影技法と現代の合成ワークを駆使していると言えよう。

ミニマルなグリーンバック撮影





中華料理屋にてラーメンが一瞬で完成するショット。実写素材はグリーンバックを張って具材ごとに撮影をしている。<A>ナルトなどはテグスで吊った状態で回転させてCGで飛び出させているが、モヤシはCGのシミュレーションではなく下から手で叩いて跳ねさせた映像を収録<B><C> 、その映像を逆再生して合成することでどんぶりに食材が飛び込むような映像に仕上げている<D>~<F>。アナログ的ではあるが、まさに逆転の発想である

既存の造形物の活用




太郎が捕まえてきた設定の動物は既存の造形物を流用している<A>。微妙に揺れている部分などはAEのワーピング機能を使って動かしており、必要十分の機能で「らしく見せる」ことで効率的にショットを仕上げている。また手前のじじいとばばあナメの太郎のショット<B>も実際の撮影は太郎の方がカメラ手前に<C>、じじいとばばあの方がカメラの奥に<D>、と遠近感を逆転させて合成することでトリックアートのように見た目を騙している。<E>はグリーンバック撮影の前にスタッフが撮影したガイド画像

ミニチュアの活用



セットかCGかと思われそうなじじいとばばあの家屋は実は精巧なミニチュア<A>にマットペイントなどの背景を合成したもの<B> 。ほかにも屋外のシーンでは人間はほぼ合成にしてしまったりと、CGだけにこだわらず様々な手段を用いることで臨機応変に対応している。これは監督とも阿吽の呼吸で歩んできたスタジオ・バックホーンならではと言えよう

次ページ:
Topic2:使いどころを厳選して笑いを生む3DCG

特集