>   >  物理学究極の目標である「万物の理論」のビジュアライズに挑んだ意欲作! 日本科学未来館 ドームシアターガイア『9次元からきた男』(オムニバス・ジャパン)
物理学究極の目標である「万物の理論」のビジュアライズに挑んだ意欲作! 日本科学未来館 ドームシアターガイア『9次元からきた男』(オムニバス・ジャパン)

物理学究極の目標である「万物の理論」のビジュアライズに挑んだ意欲作! 日本科学未来館 ドームシアターガイア『9次元からきた男』(オムニバス・ジャパン)

近年、盛り上がりをみせる教育エンタメ。その最新かつ要注目作品がここに紹介する日本科学未来館ドームシアターガイアの新作『9次元からきた男』だ。ビッグバン以前の"無の空間"を映像で表現するといった、極めて難しいテーマに挑んだオムニバス・ジャパンの中核スタッフに、その創意工夫をたずねた。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 213(2016年5月号)からの転載となります

TEXT_須知信行(寿像) / Suchi Nobuyuki(JUZOU STUDIO
EDIT_沼倉有人 / Arihito Numakura(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota



物理学の究極の目標「万物の理論」をエンタメ性をもたせてビジュアライズ

4月20日(水)にリニューアルオープンする日本科学未来館。その目玉コンテンツのひとつとしてドームシアターガイアの新作『9次元からきた男』が公開される。この作品は、物理学の究極の目標である「万物の理論」をテーマにしたS3D(立体視)ドームコンテンツだ。

『9次元からきた男』予告編
©Miraikan


大栗博司氏(カリフォルニア工科大学 教授ほか)が監修を務め、『呪怨』シリーズに加え、『戦慄迷宮3D THE SHOCK LABYRINTH』(2009)などのS3D作品でも知られる清水 崇監督特有のギミックが随所に凝らされた映像表現が、ドームシアターガイアを構成する「Atomos」(全天周の超高精細立体視映像システム)、「MEGASTAR-Ⅱcosmo」(1,000万個もの恒星を投影することができるプラネタリウム投影機)、そして7.1chの立体音響によってくり広げられるという意欲作である。
そんな本作の映像制作をリードしたのがオムニバス・ジャパン(以下、OJ)だ。OJがドームシアターガイア用の映像コンテンツを制作するのは今回が初めてだったそうだが、同施設の地球ディスプレイ(地球を模した球体型ディスプレイ)「Geo-Cosmos」向けの映像コンテンツ制作で中心的な役割を担ってきた山本信一氏が、本作のビジュアルディレクターを務めたことに注目したい。

  • 日本科学未来館ドームシアターガイア『9次元からきた男』
  • 左から、瀬賀誠一氏、山本信一ビジュアルディレクター、河上裕紀氏。以上、オムニバス・ジャパン
    www.omnibusjp.com


「日本科学未来館のコンテンツでは科学的に、原理的に正しいものが求められることは理解していたので、今回のコンペでもそれを意識して、素粒子などの各種概念を正しく表現することを念頭に企画をまとめました」(山本氏)。完成した映像は清水監督たちからも好評だというが、実に斬新だ。
「16:9の映像フォーマットから離れての映像制作は試行錯誤の連続でしたが、万物の理論は非常に興味深いテーマでした。現在、6月中旬にチェコで開催される『IPSFulldome Festival 2016』(ドームコンテンツの祭典)への出品が決まるなど、海外でも上映されます。ぜひ日本科学未来館に足を運んでいただき、ご覧になってください」(山本氏)。

『9次元からきた男』監督 清水 崇氏インタビュー
©Miraikan


<1>プリプロダクション

"VFX"と"モーショングラフィックス"という2方向からアプローチ

2013年に日本科学未来館の内部で『9次元からきた男』プロジェクトが始動、その後、監修として大栗博司教授が参加、そして映画『呪怨』シリーズで知られるホラー映画界の第一人者である清水 崇氏が監督が加わり、企画や演出プランが練られていった。その後、2015年1月下旬にOJが映像制作を担当することが決定した。「まずは、公募の際に提示されたプロットを叩き台として、未来館スタッフの方々や清水監督、脚本の井内(雅倫)さんと一緒にシナリオづくりを進めていきました。本作のテーマである『万物の理論』を象徴するキャラクターである謎の男T.o.E.(トーエ)を、万物の根源を追究する科学者がつかまえようとするなかで様々な情景が描かれていくのですが、映像制作としては、T.o.E.がミクロの揺らぐ量子力学の世界や日常の世界を次元の隙間をすり抜けていく、実写と抽象空間とが混在した"VFXパート"、そして『素粒子の世界』、宇宙誕生から138億年の時間経過を一息でさかのぼる『宇宙の巻き戻し』といった科学概念を視覚化する"モーショングラフィックスパート"の2つに分けて作業を進めていきました」(山本氏)。

制作は、2015年2月から6月までがプリプロダクション、6~7月にかけて実写撮影を行い、その後は昨年12月の納品までの約5ヶ月にわたり本制作(ビジュアルのつくり込み)が進められたという。プリプロでは、"VFXパート"については瀬賀誠一氏が中心となり「T.o.E.が紐状化する(後述)」などの清水監督が企画当初から要の表現に掲げていた生身の役者が介在するビジュアルをS3Dのドーム環境でどのように描くのか、そのためには撮影やVFX制作をどのように進めるのかという方法論のR&Dが進められた。一方の"モーショングラフィックスパート"では、山本氏と河上裕紀氏の2人で「素粒子」の視覚化や「ビッグバンの一瞬」とそれが生まれた「ビッグバン以前の空間」などのビジュアルプランが模索された。「制作中は、本企画における日本科学未来館側の中心人物である科学コミュニケーターのコドプロス・ディミトリス/Kontopoulos Dimitrios氏 に何度もお越しいただき、『この表現は科学的に正しいものか?』といった相談にのってもらいました」(山本氏)。また、ドーム映像の制作では効果的かつ効率的なプレビュー環境をいかにして構築するのかが重要だが、本プロジェクトではOclus Riftを用いたプレビューシステムを開発。「テクニカルスタッフには、Amaterasビューワをガイア用にカスタマイズしてもらったり、各種シミュレーションデータをDCCツールへ読み込むための様々なツールを開発してもらいました」(瀬賀氏)。

1−1.ビジュアルコンセプト

清水監督が描いた演出資料。

日本科学未来館ドームシアターガイア『9次元からきた男』

演出コンセプト

日本科学未来館ドームシアターガイア『9次元からきた男』

2次元から3次元へと、絵から抜け出すT.o.E.のスケッチ

日本科学未来館ドームシアターガイア『9次元からきた男』

ドームシアター用の絵コンテ例

  • 日本科学未来館ドームシアターガイア『9次元からきた男』
  • 日本科学未来館ドームシアターガイア『9次元からきた男』

プリプロ時にOJサイドから提案された初期イメージの例

1−2.OJによるツールと試写システムの開発

日本科学未来館ドームシアターガイア『9次元からきた男』

超弦理論で予想されている6次元の空間を3次元に写像した「カラビヤウ多様体」というオブジェクトを生成するアプリケーションを開発。パラメータを調整することでより効果的な形状を生成させ、それをOBJ形式で書き出しCG制作が進められた

日本科学未来館ドームシアターガイア『9次元からきた男』

ガイアはドームシアターの中でも特別な仕様のため、それに合わせたHoudini用レンズシェーダが開発された

日本科学未来館ドームシアターガイア『9次元からきた男』

(左)一般的な方式で作成したドームマスター形式の画像。(右)今回開発したレンズシェーダで作成したドームマスター形式の画像

日本科学未来館ドームシアターガイア『9次元からきた男』

(上段)一般的な立体視の方式によってレイを視覚化したもの。正面は視差が出来るが、端の方は視差が出来ない。(下段)今回使用した立体視の方式でレイを視覚化したもの。端の方にも視差が出来る

CERN(欧州原子核研究機構)から提供された素粒子の衝突シミュレーションデータを可視化する上では、CINEMA 4Dへ読み込むための変換ツールが開発された。

日本科学未来館ドームシアターガイア『9次元からきた男』

CERNが提供している可視化ツールによる表示例

日本科学未来館ドームシアターガイア『9次元からきた男』

開発したOBJ形式への変換ツールのUI

日本科学未来館ドームシアターガイア『9次元からきた男』

同じデータをC4Dに読み込んだ状態。このパスを整理して、オブジェクトとして形成する

日本科学未来館ドームシアターガイア『9次元からきた男』

Oclus Riftをベースに開発された試写システム。HMDを装着しているのが清水監督

次ページ:
<2>VFX主体の表現

特集