>   >  国内外から優秀な人材を採用し教育する仕組み ~カナダのデジタルコンテンツ産業最新レポート<2>~
国内外から優秀な人材を採用し教育する仕組み ~カナダのデジタルコンテンツ産業最新レポート<2>~

国内外から優秀な人材を採用し教育する仕組み ~カナダのデジタルコンテンツ産業最新レポート<2>~

カナダ投資局主催のメディアツアーレポート第2弾。前回の記事ではバンクーバーフィルムスクール(VFS)シェリダン・カレッジの最新動向を中心に、カナダのゲーム・映像業界における人材教育について紹介した。続編となる本記事では、VFXスタジオやゲーム会社の取材を通して、同じトピックを産業側から深掘りしてみたい。

TEXT & PHOTO_小野憲史 / Kenji Ono
EDIT_山田桃子 / Momoko Yamada

モントリオールのオートデスク本社。1986年に設立されたSoftimageに源流を発する、カナダのゲーム・VFX産業を代表するスタジオだ。創設者はアニメータ出身のダニエル・ラングロイス氏で、アートとテクノロジーが融合した形だ

<1>VFXスタジオの雄がバンクーバーに進出した理由

ダブル・ネガティブは1988年にロンドンで創業したVFXスタジオだ。『ピッチブラック』(2000年)を皮切りにハリウッドの大作映画で視覚効果を手がけてきた。アカデミー賞で視覚効果賞を3度受賞(『インセプション』(2010年)、『インターステラー』(2014年)、『エクス・マキナ』(2015年))するなど、華々しい成果をあげている。

これに伴い規模も拡大し、2009年のシンガポールスタジオ開設を皮切りに(2016年に閉鎖)、バンクーバー、ムンバイにスタジオを開設。2015年に進出したテレビドラマ事業支援のため、2017年にはロサンゼルスにもオフィスを開設した。創業時はわずか30名だったスタッフが、現在は約2,500人を数える、ヨーロッパで最大級のVFXスタジオに成長したのだ。

バンクーバー市内に位置するダブル・ネガティブのバンクーバースタジオ。最大3ヶ所に分かれていたスタジオが新たに一ヶ所にまとめられ、機能的になった。建物は二階建てで、プロジェクトごとに10人前後の小部屋に分かれていた

ロビーで受付を行うメディアツアー一行。受付カウンター奥にはコーヒーカウンターがある

ダブル・ネガティブ社歴(抜粋)
1998年 ロンドンで創業(スタッフ数1,100名)
2009年 シンガポール、シンガポールスタジオ開設(2016年閉鎖)
2014年 カナダ、バンクーバースタジオ開設(スタッフ数530人)
2016年 タイ、ムンバイスタジオ開設(スタッフ数800人)
2017年 アメリカ、ロサンゼルスオフィス開設(スタッフ数10人)
※スタッフ数は取材時(2017年3月)現在

この中でもハリウッドに近く、グループの戦略的拠点として位置づけられているのがバンクーバースタジオだ。同社でクリエイティブを統括するルパート・ポーター氏(Head of Production)は「はじめにロンドンから20名のスタッフがバンクーバーに移住し、スタジオの立ち上げに参加した。自分もその一人で、もともとロンドンでプロデューサーをしていた」と自己紹介した。

同社は北米にスタジオを構えるにあたり、バンクーバー以外にさまざまなオプションを検討したという。ブリティッシュコロンビア(BC)州政府による、クリエイティブ産業に対する税制控除は理由のひとつとなった。自然環境や低い犯罪率といった、暮らしやすさも重要な要素だ。そのうえで決め手となったのが、ハリウッドとの時差がないことだった。これが他の都市に対する優位性になったという。

2016年に入ると『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』を皮切りに、バンクーバースタジオが制作に参加した作品が続々と公開され始めた。後述するUBIモントリオールスタジオ制作のゲーム『アサシン クリード』の映画版もその1つだ。ポーター氏は「ちょうど『ワイルド・スピード ICE BREAK』の仕事が終わったばかりだ」と話し、現在制作中のタイトルとして下記をあげた。

・『ブレードランナー2049』
『ワンダーウーマン』
・『The Mummy』
・『パシフィックリム2』
・『AnnihilationAnnihilation』
・『メグ/Meg』

ロビーから制作ルームに連なる廊下には最新のデモリールが大型モニターにずらり

3回におよぶアカデミー賞(視覚効果部門)をはじめ、数々のノミネート作品を手がけてきた

<2>産学連携を通して地元の教育機関から人材を採用

このように、わずか20名でスタートしたスタジオが数年間で530人にまで成長した背景には、グループ全体での積極的な人材採用戦略がある。シーグラフやVFXをはじめ、世界中の主要イベントでキャリアブースを出展するなどは、その一例だ。その中心人物がシニアリクルーターのアリス・タックスフォード氏だ。2010年に入社後、ロンドン・シンガポール・バンクーバーで人材採用に係わってきた。

もっともバンクーバーにスタジオを構えた当初は、同社としてもカナダのどこにどのような学校があり、学生のレベルがどの程度なのか、詳細について理解していなかった。そこで市経済局などの支援をもとに、国中の大学や専門学校を訪問し、教育関係者と議論をしながら、独自のコネクションをつくり上げていった。その結果、イギリスの教育機関よりも先進的な内容に、改めて驚かされたという。

これにあわせて会社側でも学生向けのイベントを次々に開催していった。ジョブフェア、卒業制作展への参加、ポートフォリオのレビューイベントなどで、その数は2年間で100件近くにも及んだという。現在も学生むけのスタジオツアーを積極的に受け入れ中だ。中学・高校生といった、より若い世代に対してCGに関心をもってもらうための活動を行う「次世代チーム」も存在する。

「弊社のような企業は、これからCG業界に足を踏み入れようとする学生にとって、しばしば威圧的な存在に思われがちです。そのため、こうしたイベントを通して、より親しみをもってもらうようにつとめています。そこで学生はスーパーバイザーや人事担当者と直接会って話をし、面接のコツやデモリールに何を入れたら良いかといった、生の情報を聞くことができるのです」(タックスフォード氏)。

学生向けのQ&Aが充実の同社公式サイト

アーティストだけでなく、エンジニアの採用にもつとめている。BC州の名門校として知られるサイモンフレイザー大学やブリティッシュコロンビア大学は、まっさきに向かった学校の1つだ。他にモントリオール(ケベック州)のマギル大学や、トロント(オンタリオ州)のウォータールー大学など、さまざまな大学の理工系コースに足を運んだという。

もっとも日本と同じく、コンピュータサイエンスを学ぶ学生にとってCGプロダクションは(ダブル・ネガティブといえども)、それほどメジャーな職場ではない。そのため社内インフラやエンジニアリングについて説明する「プロダクション・オープン・デイ」を企画し、多くの学校関係者や学生を招待するなどの取り組みが行われた。学生に対して存在を知ってもらうことから始めたというわけだ。

そのほか同社では社員が教育機関で講師やメンターを行うことも奨励している。VFXスーパーバイザーで、『スター・トレック BEYOND』などの制作にも携わったピーター・ボウマー氏もまた、地元の学校で講師を担当する一人だ。VFSにもメンターを5名派遣している。こうした取り組みの結果、地元の学校から45名のジュニアアーティストを採用するまでにいたっている。

また、同社ではアシスタント業務を中心に行うランナーを振り出しに、ジュニア、シニア、スーパーバイザーといった役職が用意されている。社内には研修施設も完備されており、社内勉強会を通して定期的にトレーニングが行われている。最新ツールやプラグイン、内製ツールへの対応などが目的だ。メディアツアーで案内されたエリアでは、プロジェクトごとに10人前後の小部屋に分かれており、各ショットが分担作業で進められていた。

もっとも同社は他の欧米企業と同じように、いわゆる新卒採用の制度がない。業務の進行に合わせて人材が必要なときに、必要なだけ採用されるしくみだ。タックスフォード氏は「応募者の才能だけでなく、社内の空席に応じて採用せざるを得ない点が非常に残念です」とあかした。今や学生からの問い合わせは世界規模に及び、その一端は公式サイトのQ&Aからも読み取ることができる。

次ページ:
<3>外国人クリエイター採用を支える移民制度

特集