>   >  1枚のイラストからメッシュを生成し、豪華なエフェクトを利かせたスプライトアニメーションをつくる!
1枚のイラストからメッシュを生成し、豪華なエフェクトを利かせたスプライトアニメーションをつくる!

1枚のイラストからメッシュを生成し、豪華なエフェクトを利かせたスプライトアニメーションをつくる!

とどまることを知らないモバイルゲーム市場の隆盛を受け、3DCG業界でも2Dベースのスプライトアニメーションを制作する機会が増えてきた。基となる1つのイラストから、メッシュ&UV・アニメーション・エフェクトを担う3つの優れた新興ツールを使って、横断的にキャラクターの待機モーションを制作していく。ここではエフェクトツールの「SPARK GEAR」にフォーカスして紹介していこう。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 225(2017年5月号)からの転載となります

TEXT_岡村雄一郎(SPARK)、広本則行(SPARK)
EDIT_藤井紀明 / Noriaki Fujii(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada
©2017 NINNIN All Rights Reserved

Illustration


NINNIN氏による基イラスト

SpriteUV2


メッシュ生成&UVパッキングツール

Spine


セットアップ&アニメーションツール

SPARK GEAR


リアルタイムVFXツール。SPARK GEARのリソースはマルチプラットフォームに対応しており、Unityで読み込んだデータをWebGLで書き出したものを今回の完成動画として紹介する

完成動画はこちら

高品質なリアルタイムVFX作成ツール
SPARK GEAR

2015年にリリースした国産のエフェクトツール「SPARK GEAR」。最近では多くのゲームタイトルで採用され、リアルタイムVFXの分野で実用化されています。VFXツールと聞くと3Dを使ったエフェクトを想起しますが、本ツールはSpineSpriteStudioなど2Dベースのデータを、ツール内のビューアでモーションを再生しながらエフェクトを加えていくことも可能です。また高品質かつ豊富なアセットライブラリを搭載しているため、そのテクスチャやモデル、VFXデータを組み合わせるだけでも多くのエフェクトを制作することができます。最近のスマートフォン市場ではゲーム自体のリッチ化が進んでエフェクトの需要が大きくなり、今まで以上に大量生産を必要とする局面において、このライブラリ機能は非常に役立つのではないかと思います。


そのほか本ツールで強力なのは、ランタイムでUnityCocos2d-x等のゲームエンジンに接続し、エンジン内に出力されているエフェクトをリアルタイムに編集できることです。これによってエンジン内のエフェクトツールと同様に作業できます。さらに、実機に書き出したゲームに同時転送できるため、描画の処理負荷や解像度の調整を複数のデバイスで確認しながら作業することも可能になります。また、物理ベースライティングやモーフィング、エンジン側の環境光の影響値の設定なども搭載されているので、ハイエンドなコンシューマタイトルでの採用も増えてきています。

  • SPARK GEAR
    発売/開発元:株式会社SPARK
    価格:初期導入費100万円+税、月額サポートおよびライセンス料20万円+税
    動作環境:【エディタ】OS Windows 7以降、IntelCore i5相当のCPU、メモリ4GB以上【SDK】Windows、Mac OS X、Linux、WebGL、iOS、Android、PS4 【対応エンジン】Unity、Cocos2d-x、Cocos2d-JS 【VR】HTC Vive、Oculus、GearVR
    ※全ての詳細は要問い合わせ
    sparkgear.net

本稿では、Spineで作成されたモーションにエフェクトを加えていく工程を追いながら、SPARK GEARの機能や使い方についてご紹介します。なお、実際のエフェクトの制作工程をムービーにして最後にご紹介しますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

次ページ:
主な機能:高速なエフェクト制作を支える機能群

関連商品(CGWORLD SHOP)

特集