>   >  究極の映像を「お茶の間」に「シャープ『AQUOS 8K』体験&トークショー」レポート
究極の映像を「お茶の間」に「シャープ『AQUOS 8K』体験&トークショー」レポート

究極の映像を「お茶の間」に「シャープ『AQUOS 8K』体験&トークショー」レポート

去る9月15日(金)、飯田橋・角川第3本社ビルにおいて「シャープ『AQUOS 8K』体験&トークショー」が開催された。本イベントでは、シャープが12月1日(金)に発売予定の世界初の家庭用8K対応テレビ「AQUOS 8K」ことLC-70X500の製品と実際の映像が披露され、さらに8K/HDR制作のオリジナルコンテンツ『LUNA』が上映。8Kの普及で開かれる新しい可能性が示されるイベントとなった。

TEXT & PHOTO_横小路祥仁 / Yoshihito Yokokouji(いちひ / ICHIHI



<1>8Kの意義

ASCII編集部のスピーディ末岡こと末岡大祐氏とともにトークショーの司会を務めたアイドルグループ・SKE48の松村香織氏は、自身でも4Kや3Dに対応したカメラを所持しコンサートなどを撮影しているが、PCスペックの制約で実質2Kレベルの画像でしか編集できない環境であるという。そこから16倍の8Kとなると、本当に遠い存在で想像もつかないと語った。同様に、一般ユーザーの中には、メーカーは4Kを売ったかと思えば8K、どうせその次は16Kか、とうんざり感を覚える人や、2K程度でも十分楽しめている、という人も少なくないのではないだろうか。

トークショーでは、まずシャープ株式会社テレビシステム事業本部の高吉秀一氏、高倉英一氏の両名が8Kと新製品LC-70X500について語った。高吉氏は国内事業部8K推進部部長として、来年に控えた8K実用放送の開始に向けて8Kのプロモーションに携わっており、高倉氏は栃木開発センター第2開発部長として、LC-70X500をはじめとするモニター、8K放送のチューナーの開発を行なっている。

  • 201709-aquos-8k

      高吉秀一氏(シャープ株式会社 TVシステム事業本部 国内事業部 8K推進部長)   

  • 201709-aquos-8k

      高倉英一氏(シャープ株式会社 同事業本部 栃木開発センター 第2開発部長)   

先述した通り、2018年12月には8K実用放送の開始、さらに2020年には東京オリンピックが控えており、8K/4Kの番組が一気に普及していくと予想されている。また、8K実用放送は解像度が8Kに上がるだけではなくHDRにも対応するため、高精細というだけでなく1つの画面の中で明暗を損なうことのないくっきりとした映像にもなる。さらに、音声に関しては従来の5.1chから最大22.2chの放送が可能となる。シャープとしては、今回のLC-70X500は「家庭用として世界初の製品を出す」というより「もうあと1年しかない」という認識の下での発売なのだという。

シャープは8Kの開発を着実に進めてきた。2011年に世界初の8Kディスプレイを開発し、2015年には85型の業務用モニタを発表、2016年からNHKの8K/4K試験放送に受信機を提供している。この85型モニタは当時1,600万円の販売価格だったが、今回紹介されたLC-70X500は70型で、オープン価格ではあるが、実売価格は約100万円を見込んでいる。

短期間での大幅な値下がりに、司会の松村氏は「ボッタクリだったんですか」と直球な発言をして会場の笑いを誘っていたが、これは、複数のICを組み込んでいたものをワンボードにまとめ、基本的なコストを抑えた開発陣の努力の成果が大きく、さらに業務用の大型モニタのようなBtoBの商品に比べて量産の効果が大きいため、100万円という価格帯を実現できたのだという。さらに、過去の4Kのハイエンド商品の販売実績を踏まえ、8Kの普及も見込んで広く購入してもらえる価格帯の上限としてこの価格が設定されている。

  • 201709-aquos-8k
  • 201709-aquos-8k

  シャープの高吉氏・高倉氏による、8K放送に関する解説の様子   

また、LC-70X500は既存の2K/4Kのコンテンツの解像度をアップコンバートして観る機能も備えている。一般向けのカメラは性能が向上し、既に4K以上の解像度で撮影できる製品が普及しており、Nikon D850といったような8Kを超える解像度で撮影が可能な機種も発売されている。そうしたニーズも睨んだ商品展開を進めていくとのことだ。

高吉氏は、8Kの魅力は大きく4つあるという。第1に、解像度が高いため臨場感が得られること。第2に、実物感。NHKの研究によると、8Kモニターに2K、4K、8Kと解像度を変えた蝶の標本を映して見せた場合、8Kは実物と同じように見える、とのアンケート結果が得られたと言う。これは、人間の眼に実物と同等の画像を見せるという意味では8Kがゴールとなり、このあとさらに16Kへ、とはならないのではないか、ということだ。

第3に、8Kレベルの高精細映像は3Dではないにも関わらず奥行き感、立体感を生むこと。第4に、例えば古地図などを映した場合、8Kならば、細部に書き込まれた非常に小さな文字や傷なども拡大していけばきちんと見れてしまうという情報量の多さである。

  • 201709-aquos-8k

       司会・末岡大祐氏(ASCII編集部)   

  • 201709-aquos-8k

       司会・松村香織氏(SKE48)   

   

▶次ページ:  
<2> 8Kコンテンツの可能性と課題

 

特集