>   >  Live2Dの技術情報から『うたプリ』アプリの制作事例まで多数集結! Live2D Creative Conference「alive 2017」レポート
Live2Dの技術情報から『うたプリ』アプリの制作事例まで多数集結! Live2D Creative Conference「alive 2017」レポート

Live2Dの技術情報から『うたプリ』アプリの制作事例まで多数集結! Live2D Creative Conference「alive 2017」レポート

株式会社Live2Dが主催するLive2Dユーザーのためのイベント「alive 2017」が、昨年の12月4日(月)に秋葉原UDXギャラリーにて開催された。本稿では基調講演、アワード授賞式および当日行われた12セッションのうち3セッションの様子をレポートする。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 234(2017年2月号)からの転載となります

TEXT_UNIKO
EDIT_小村仁美 / Hitomi Komura、山田桃子 / Momoko Yamada


information
Live2D Creative Conference「alive 2017」
日時:2017年12月4日(月)
場所:秋葉原UDXギャラリー
alive2017.live2d.com

国内外から参加者が集うLive2Dの祭典

Live2Dとは、2Dイラストの魅力を損なうことなく動かすことができる日本発のソフトであり、世界中に熱心なユーザーが存在している。2014年からスタートした本イベントは今年で4回目を数え、来場者数は400名にのぼった。今回から参加費が有料となり、Live2Dを使用した大人気スマートフォンアプリの開発陣によるセッションが複数行われるなど、Live2Dの存在を広めることに注力してきた前回までと比べ、既存ユーザーに向けてよりコアな情報を提供するイベントにリニューアルされたことが窺える。

イベントはLive2Dの産みの親であり同社代表の中城哲也氏による基調講演「動き出すLive2Dの未来」で幕を開けた。はじめに中城氏はLive2Dの現状を説明。Live2Dの主力ツールであるCubismの用途に関してはゲームが45%、アニメ・映像作品が40%とほぼ半々の割合となっており、また日本のスマートフォンアプリパブリッシャートップ52社(App Annie調べ)の88%、世界のトップ52社では37%がすでにLive2Dを導入済みで、中城氏は「ヨーロッパとアジアどちらにおいても2Dを動かすニーズがあることがわかった。欧米に向けても本格的に広めていきたい」と話した。また、Cubism 3.0のリリースが半年近く遅延したことに関して「私が機能を盛り込みすぎたため遅れてしまった。今入れておいたほうが今後の発展を早く進めることができると判断し、全て入れた」と理由を述べ、新機能と合わせ今後の展望を説明。3DCGでいう「スキニング」を実装し「『初音ミク』のような髪の毛を5分で揺れまくりに」がまもなく可能となるようだ(※本機能は「スキニング機能(β)」としてイベント後の2017年12月22日(金)のアップデートにて実装済み)。

続いて、Live2D社内にある技術支援・作品制作を担当するクリエイティブ部門「Live2D Creative Studio」の活動について、今後は映像作品の制作に積極的に挑戦し、将来的にはLive2Dで制作した映画でアカデミー賞受賞を目指していると語り、同部署が制作した初のオリジナル短編アニメーション『The Lamp Man』を紹介した。さらに、イラストレーターとLive2Dクリエイターをつなげる新たなサービス「二次マ」が2018年春よりスタートすると発表。「イラストは描けるがLive2Dは扱えない」「Live2Dは自在に扱えるが、イラストには自信がない」という両者をマッチングさせ第三者への販売につなげつつ両者にしっかりと収益が還元されるしくみを実現しようというサービスだ。中城氏は「絵を描いたら動かさないともったいない」という世界を目指していると話し、「創業して10年以上が経ちましたが、創業時に思い描いた夢みたいな目標も、時間はかかったがひとつひとつ実現してきました。100年先まで残る技術を目指して進化していくので期待してください」という言葉をもって基調講演は幕を閉じた。

展示スペースでは今回参加した企業各社がLive2Dを使った作品や技術を披露、中にはLive2Dで制作されたMRやVRコンテンツの体験ブースもあった。Live2Dユーザーにとって、Live2Dの活用方法やテクニックの情報を制作陣と共有できる貴重な場となったようだ。

Topic 1 Live2D Creative Awards

伝統芸能からAI、VRまで個性豊かな5作品が受賞

基調講演に続いて2017年の優秀なLive2D作品を選出するLive2D Creative Awards 2017の表彰式が開催された。応募総数は105作品、プロ・アマ問わず世界10ヶ国から応募があり、そのうち最終選考に残った10作品が ノミネートされた。イラストのクオリティの高さに重きをおいた「CLIP STUDIO PAINT賞」を受賞したのは、『Mask』を制作したAida de Ridder氏。この日のためにオランダから来日したというAida氏の作品はインドネシアの伝統芸能にインスパイアされたものだ。続いて今回より新設された「学生賞」は学園祭の受付AIとして制作されたヒラオカ氏の『看板娘CACちゃん』、準グランプリにあたる「クリエイティブ賞」には、makotok1氏のVRコンテンツ『VRドラゴンと戦ってみよう!』、2ex氏の『Let's Enjoy Softball』が受賞。そして見事グランプリに輝いたのは、一束氏の『Balloon』という結果となった。審査員を務めたCraft Eggの近藤裕一郎氏は「Live2Dを高いレベルで動かせているだけでなく、イラストを超えたキャラクター性を発揮していた」とコメント。今回の受賞作品を並べてみると、キャラクター性が際立つ表現力豊かなものが選ばれていることがわかるだろう。

『Balloon』/一束


世界中のLive2Dユーザーが注目したLive2D Creative Awards 2017の受賞者たち。世界10ヶ国の応募の中からグランプリに輝いたのは一束氏(写真前列中央)の『Balloon』であった。各々が自分なりの課題を設けて挑んだ作品はどれも表現豊かで見応えがあり、これからさらに増えていくであろうLive2Dを使った映像作品の出現に注目していきたい

Topic 2
「Euclidのロードマップ~これまでと、これから~」by Live2D

Live2Dによる全方位表現を実現する新ツールEuclidの歩み

セッションはメインホールとサブホールの2箇所に分かれ、メインホールではLive2Dユーザーによる制作事例、サブホールではLive2D社による技術セッションがそれぞれ行われた。サブホールで行われた「Euclidのロードマップ~これまでと、これから~」では、Live2D開発チームからリードデザイナー/Euclidデザインリーダーの稲田修一氏が登壇し、Live2Dの進化形として2015年に発表され2017年4月に正式リリースされたLive2DEuclidがどのような開発計画の下歩みを進めてきたかが紹介された。Euclidが目指すものは「描きたいように描き、動かしたいように動かす」ことであると稲田氏は話し、「Live2Dによる全方位表現を実現し、作画の魅力がストレートに伝わるキャラクターを3次元空間で表現する」ことに熱意が注がれてきたことが語られた。

  • 稲田修一氏
    リードデザイナー/Euclidデザインリーダー
    株式会社Live2D

続いて2017年11月にリリースされたばかりのEuclid1.2では「長い髪」がテーマであったと明かされ、ツインテールのサンプルモデル「ゆうちゃん」が紹介された。物理点の奥行きや垂れ下がりを設定できるようにしたことで髪の揺れの品質が劇的に向上し、衝突判定でボディ部分を突き抜けることもなくなった。ちなみにこの「ゆうちゃん」モデルはオフィシャルサイトからダウンロードして試せるようなので、興味があったら挑戦してみてはどうだろう。稲田氏は、今後は制作工数を50%削減し「全身Live2D」を実現することが目標であると述べ、2018年初頭リリース予定のEuclid 1.3においてはXYの形状作成を助ける機能としてアートメッシュに3D情報を付与させ、制作効率の向上を目指すとのことだ。また、Euclidを活用してVRやMRの分野を開拓していきたいと話し、実際に展示ブースには体験コーナーも設けられていた。

Euclid 1.0のリリースまでに発表されたEuclidモデルと、使用原画の例。alive 2015で発表された「メリル」は横方向の動きしか表現できなかった。全方位をつくりきることを目標に制作された「YUI」は片側のモデルを複製・反転させて作成された。左右対称にする作業を減らすためにミラーリング機能を追加して制作された「風花」は表現力を上げつつ少ない工数で制作することが目標だった。「ゆうくん」はわかりやすく説明するため原画1枚相当で作成された非常にシンプルなモデルだ



  • Euclid Editor開発ロードマップ



  • 満席となった会場の様子

次ページ:
Topic 3 「オリジナル短篇アニメ『The Lamp Man』について」by Live2D Creative Studio

特集