>   >  福岡で東京のCG業界の今を知る! 「クリ探 in 福岡」レポート
福岡で東京のCG業界の今を知る! 「クリ探 in 福岡」レポート

福岡で東京のCG業界の今を知る! 「クリ探 in 福岡」レポート

[PR]

"日本全国からクリエイターを探し出したい!"という思いのもと、2015年にスタートしたリクルートイベント「クリ探」。CG業界をめざす地方の学生に向けて、東京を拠点に活躍するCGプロダクションが、仕事の内容や東京で働くことの魅力、求める人物像などを伝える同イベントは、回を重ねるごとに業界と学生をつなぐ大きな架け橋となり、クリ探をきっかけに東京への就職を決めた者も多い。8回目となる今回は、2017年12月2日(土)に福岡県で開催。福岡はもとより、九州各地から約70名もの学生や教育関係者が集まった活気あるイベントの様子をレポートする。

TEXT & PHOTO_水溜兼一 / Kenichi Mizutamari(Playce
EDIT_山田桃子 / Momoko Yamada

福岡の学生たちが真剣に聞き入った
プロダクション5社による熱のこもったリアルな会話

パネルディスカッションは3部構成となっており、「CGプロダクションのコト」、「東京のCG業界で働くコト」、「採用されるコト」をテーマに、東京のプロダクションがトークを展開。今回は、クリ探でおなじみのCGプロダクション4社(エヌ・デザイン、神央薬品、スパイス、ドロイズ)に加え、コンテンツやツール開発を行なっているCodelightが初参加。合計5社による熱のこもったリアルな会話に、学生たちはメモを取りながら真剣に聞き入っていた。


パネルディスカッションの様子。写真右側から、林 丈二氏(スパイス)、高田稔則氏(Codelight)、ノブタコウイチ氏(神央薬品)、阿部広久氏(エヌ・デザイン)、山浦正裕氏(ドロイズ)

Session1/CG プロダクションのコト

セッションの冒頭では、各社の代表者および採用担当者の仕事内容や社内の様子などについて紹介。プロダクションによって得意とするジャンルは異なり、会社の規模や経営方針もちがうので、就活には会社研究が欠かせない。以下、各社の特徴をまとめてお伝えする。

Production1/エヌ・デザイン
www.ndesign.co.jp

2001年設立のCGプロダクション。「ハリウッド映画のVFXがつくれる会社」を目標に、映画やドラマのVFX・CG映像制作をメインで行なっている。従業員は40名で、うちデザイナーは31名。3DCGスクールのAlchemyも経営しており、デザイナーの半数近くが、このスクールの卒業生だ。加えて、フィリピンにはDawnPurpleという支社もある。「弊社は長尺物の仕事が中心で、ひとつの案件に時間をかけて取り組むことが多いです」(阿部広久氏)。

  • 阿部広久氏
    株式会社エヌ・デザイン 管理部総務課主任。CGデザイナー、Alchemy運営を経て、現職。人事・採用を中心に担当

Production2/神央薬品
www.zinou.jp

CGアニメーション制作に特化したプロダクションで、設立は2012年。映画、CM、TV、ゲームなど様々なカテゴリーにおいて、アニメ、実写と全てのジャンルに対応。従業員24名のうち、19名がアニメーターで、他にリギングを担当するリガー、進行管理を担当するマネージャー、プロデューサー兼ディレクターで構成。女性が比較的多く、男女比率は16:8、平均年齢は28歳。「スタッフの半数以上が20代前半で、新卒入社が多いです。年々スタッフが増え、規模が拡大しています」(ノブタコウイチ氏)。

同社は社名に「薬品」の文字が含まれているが、これはノブタ氏の両親が、かつて調剤薬局を営んでいて、同氏がプロダクション設立の際、社名を引き継いだことによる。現在は医療関係の事業に携わっておらず、CG制作のみを行なっている。

  • ノブタコウイチ氏
    神央薬品株式会社 代表取締役。CGアニメーターとして、数々のCM、映画、ゲーム作品に参加し、2012年に独立。現在はCG プロデューサー兼ディレクターとして活躍中

Production3/スパイス
www.spice-inc.co.jp

1984年設立で、広告代理店の制作業務を母体とした、6社からなるグループ会社。CG部、Web部、グラフィック部の3部署が制作事業を担う。モーションキャプチャスタジオを運営しているのも特徴。グループ全体で従業員は約180名。うちCG部は約20名で、イベント映像や広告、遊技機、AR・VRなどの仕事を行なっている。「弊社はアニメーションやキャラクターの仕事が多いです。CG部にはモデラ―、アニメーター、コンポジター、ゼネラリストがいますが、業務の効率化を図るため、今後は特にゼネラリストの育成に力を入れていくつもりです」(林 丈二氏)。

  • 林 丈二氏
    株式会社スパイス 専務取締役。グラフィックデザイナーを経て、20年前にCG部を設立。モーションキャプチャのスペシャリスト

Production4/ドロイズ
www.drawiz.co.jp

2008年設立のCGプロダクションで、3DCG・VFX技術を駆使した特殊効果・実写合成の映像制作を得意とする。テレビCMのCG制作を中心に、PV、イベント、ゲーム、映画、ライブ、VR、遊技機など、手がけるジャンルは多彩。従業員20名のうち15名がデザイナーで、男女比率は9:1、平均年齢は31歳。「弊社は全員がゼネラリストで、モデリングからコンポジットまで1人で行います。抱えている案件が多く、仕事は週替わりになることも。そのぶん、様々なジャンルのスキルを磨いていけます」(山浦正裕氏)。

  • 山浦正裕氏
    株式会社ドロイズ 取締役COO兼プロデューサー。実写合成やフルCG、プロジェクションマッピングなど、様々な映像コンテンツを手がけている

Production5/Codelight
www.codelight.co.jp

2006年設立で、イベントや施設向けのインタラクティブコンテンツの制作、3DCG制作会社やゲーム会社の制作支援ツールとなるスクリプトやプラグインなどの開発のほか、VRを活用したシミュレーションシステム開発なども手がけている。従業員は4名で、内訳はプログラマーが3名、デザイナーが1名。「博物館などに設置されているタッチパネルの情報コンテンツ、子ども向け体験型施設のシミュレーター開発などに関わることが多いですね。Maya、3dsMax用のツール開発も長く行なっています」(高田氏)。

  • 高田稔則氏
    Codelight 株式会社 代表取締役。プログラマーとしてコンテンツ制作に携わるほか、大手企業の研究部門などの試作開発サポートも行なっている

パネルディスカッションでは、業界全体の傾向として、ここ数年で遊技機が減少し、代わりにスマホゲームが増えたり、広告がTVCMからWebに移ったり、すさまじい勢いで扱うジャンルの割合が変化していることも語られた。CGWORLDのアンケート結果では、これまで比較的少なかったAR・VRが今後大きく伸びると予測されている。時代のニーズに合わせてプロダクションが取り組むジャンルが変わっていくことも頭に入れておきたい。

アンケート調査『CGWORLD白書 2016』より抜粋(※)。CGプロダクションが多岐に渡るジャンルを手がけていることがわかる。さらに、「今後増えそうなジャンル」と比較することで、取り扱い案件に大きな変化が起こることが予想される。今回のパネルディスカッションでは、AR・VR案件がすでに増え始めていることも語られた

※調査方法:Webアンケート、調査期間:2016年6月1日(水)~13日(月)、調査対象:CG・映像業界勤務者、回答者数:198名

セッション1部の最後では、各社が使っているツールについて触れ、入社前にツールを使いこなせた方が良いかという質問にも答えた。メインで使用するツールは、3ds MaxMayaNukeHoudiniUnityなどプロダクションによって異なるものの、いずれも完璧に使いこなせる必要はないとの意見が多かった。採用に当たってはツールがどれくらい使えるかよりも、意欲を重視することは各社共通だ。学生時代にツールの知識を蓄えることも必要だが、それ以上に映画など多くの作品に触れて感性を磨いたり、オリジナル作品をつくったりすることが大事とのコメントが印象的だった。

次ページ:
Session2 東京のCG業界で働くコト

特集