>   >  <『ORDINAL STRATA -オーディナル ストラータ』特別連載>第一回:キーパーソン3人が語るPV誕生秘話
<『ORDINAL STRATA -オーディナル ストラータ』特別連載>第一回:キーパーソン3人が語るPV誕生秘話

<『ORDINAL STRATA -オーディナル ストラータ』特別連載>第一回:キーパーソン3人が語るPV誕生秘話

ゲーム内ムービーからフィギュアルックのPV制作へ。本作のキーパーソンが企画の誕生や今後の展望について語った。
上画像左から、あんべ よしろう氏/y_ambe、高木康次郎氏/マーベラス、斎藤瑞季氏/StudioGOONEYS

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 236(2018年4月号)からの転載となります

TEXT_野澤 慧
EDIT_斉藤美絵(CGWORLD)/ Mie Saito、山田桃子 / Momoko Yamada

『ORDINAL STRATA -オーディナル ストラータ』
ジャンル:ドラマチックファンタジーRPG
配信日:好評配信中
対応OS:iPhone 5s以上(iOS 9.0以上)/Android 4.3以上(OpenGL ES 3.0以上)
※一部端末を除く
価格:基本無料(一部アプリ内課金有り)
公式サイト:ordinal-strata.com
ダウンロードはこちら:iOSAndroid
© Fuji Games, Inc. / Marvelous Inc.

iOS/Androidで好評配信中のスマートフォン向けアプリ『ORDINAL STRATA -オーディナル ストラータ(以下、オデスト)』。ここでは、本作の中心メンバー3人による特別対談をお届けする。

──はじめに、みなさんの自己紹介をお願いします。

斎藤瑞季(以下、斎藤):StudioGOONEYSの代表取締役です。ウチのスタジオは主にCG映像を制作していますが、最近はゲームのイベントシーンを担当する機会も増えてきて、『オデスト』でもイベントシーンやPVを制作しました。

高木康次郎(以下、高木):マーベラスでプロデューサーをしています。『オデスト』では企画立案から担当しており、生みの親です(笑)。

あんべよしろう(以下、あんべ):イラストレーターをしています。『オデスト』のメインキャラクターのデザインを担当しました。

Character Design

あんべ氏によるキャラクターデザイン。流行の絵柄は意識しつつも、そこに囚われすぎず独自性が出るよう考えているという。動くことが前提にあるため、大きめの揺れものも描かれている


アスセナ。高木氏の理想を体現したというキャラクターで、他のキャラクターとは異なりデザイン先行でつくられた。王道の元気なヒロインではなく、ダークヒロインのような、邪道なヒロインをつくりたかったそうだ(高木氏談)

主人公(男)【画像左】と主人公(女)【画像右】のキャラクターデザイン。本作は途中でも主人公の性別を入れ替えることができる

高木:以前からスマホ向けアプリで王道のRPGをつくりたいと構想を練っていましたが、スマホゲームでシナリオは売りにならないと言われているのが現状です。そんな中、本作では「ドラマチックな物語展開」を売りにして、作中にフルボイス、フル3Dで動くキャラ劇を企画していたところ、同僚から斎藤さんを紹介してもらいました。

斎藤:2016年の6、7月頃でしたね。スマホゲームがストーリーでは売れないということは多くの人から言われていたので、すごく挑戦している人だなという印象を受けました。僕らはストーリー性のある映像を得意としているので、ぜひ力になれたらと。

あんべ:僕は、過去に高木さんが勤めていた会社に出向していたことがありまして、そのときは2、3回挨拶したくらいの関係でしたが、僕が描いた絵を高木さんが覚えていてくださって、『オデスト』の企画が起ち上がった2年半くらい前にお声がけいただきました。僕はキャラクターだけでなくシチュエーションや情景も含めて描くタイプのイラストレーターなので、キャラクターひとりひとりを大事につくっていきたいという『オデスト』の企画に合っていたんだと思います。

高木:最初に指名したのがあんべさんで、プロトタイプからつくっていただきました。

あんべ:シナリオ担当の方からテキストで細かな設定をいただき、ゼロからイラストに仕上げたので、とても愛着がありますね。

高木:タイムトラベルをベースにした独特の世界観の中で、StudioGOONEYSさんとあんべさんのつくったキャラクターが、活き活きと動く作品に仕上がりました。

次ページ:
PVの企画はどのように誕生したのですか?

特集