>   >  自動化ツールはアニメーション制作のフローを変えるか?「デジタルアニメーション制作セミナー CACANiの活用と未来」レポート
自動化ツールはアニメーション制作のフローを変えるか?「デジタルアニメーション制作セミナー CACANiの活用と未来」レポート

自動化ツールはアニメーション制作のフローを変えるか?「デジタルアニメーション制作セミナー CACANiの活用と未来」レポート

7月7日(土)、DNPプラザにおいて、アニメーション制作ソフト「CACANi(カカーニ)」を活用したデジタルアニメーションの制作セミナーが行われた。

CACANiは、自動中割生成機能、自動彩色システムなど多彩な機能を備えた2Dアニメーション制作ソフトであり、制作支援ツールとして期待を集めている。現在CACANiを導入しているサンライズ オリジンスタジオデイヴィッドプロダクションのスタッフが登壇し、メイキング画像や実演を交え、その可能性が語られた。

TEXT & PHOTO_横小路祥仁(いちひ) / Yoshihito Yokokouji(ICHIHI
EDIT_小村仁美 / Hitomi Komura(CGWORLD)

<1>『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』におけるCACANiの試験導入

CACANiはシンガポールの南洋理工大学で開発されたソフトだ。その名称は「Computer Assisted Cel Animaion」の略称であり、コンピュータの技術でセルアニメーターをサポート、支援するというコンセプトが込められている。現在は画像工学の研究からスピンアウトし、CACANi Private Ltd.(以下、CACANi社)として開発・販売を行なっている。

日本では2015年のACTF(アニメーション・クリエイティブ・テクノロジー・フォーラム)で紹介され、今夏よりクリーク・アンド・リバー社が日本総代理店として販売を手がけている。現在CACANi社は、サンライズ オリジンスタジオ、デイヴィッドプロダクションにCACANiを提供し、フィードバックを受けつつ、さらなる機能改善を進めているという。

cacani_seminar 登壇したサンライズ オリジンスタジオのスタッフ陣

セミナーでは、まずサンライズ オリジンスタジオのスタッフが登場した。オリジンスタジオは、現状ではCACANiを全面的に導入しているわけではないが、劇場版『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』の制作中、3DCGとして作成する予定だったシーンで、スケジュール上モデリングの時間がなくなったため、試験的にCACANiを使用したという。

  • cacani_seminar
  • cacani_seminar
  • 原画(左)と原画を基にCACANiで生成した動画(右)©創通・サンライズ

劇中、コンテナが運搬されるシーンにて、中割りの14枚の画像をCACANiで作成し、撮影工程でテクスチャを貼るという手順を踏んだ。こうしたシーンも手で中割りを描くことは可能だが、どうしても多少のズレが生じてしまう。実際CACANiを使用したところ、そうしたズレはなく正確に動画を作成できた。基の原画の精度が十分に高ければ、CACANiで高い水準の動画を作成できる手応えを得たという。

cacani_seminar 動画と完成映像との比較 ©創通・サンライズ

ただ、画面の外から入ってくる動きに対しては、自動生成の土台となるべき線が原画に描かれていないため、データ上で擬似的にコンテナをフレームの外に置き、その動きを埋めるように中割りを生成させるという対応が必要になった。CACANiはあくまで原画に描かれた線に対応するかたちで中割りを自動生成するソフトであり、現れる線、消えていく線まで自動で描画してくれるわけではない。そのためこれ以降の作業でCACANiを使用するときは、そうした動きを計算に入れ、フレームから外れる線についても準備する必要があったという。

  • cacani_seminar
  • cacani_seminar
  • ©創通・サンライズ

コクピットに座るシャア・アズナブルのシーンでは、コクピットそのものは3Dでモデリングし、シャアとシャアの座るシートは手描きで、それぞれ別のセルに作画されている。ヘルメットの横の留め具がずれている、シートの形状が若干おかしい、などよくみると気になる部分があるが、これは原画修正が甘かったためとのこと。CACANiは原画を正確にトレースし、中割りを生成する。それだけに、原画に高い精度が要求されるのだ。

かつては全てが手描きで作画されていたため、手作業ゆえの線のブレに違和感を覚えることはなかったが、背景などに3Dが導入されるようになると、手描き部分が全体の仕上がりのネックとなりうる。その意味でも正確な原画を作成し、CACANiで高精度の動画をつくるという工程は有効といえるだろう。

  • cacani_seminar
  • cacani_seminar

左:メカなどのない日常シーンでも、試験的にCACANiを使用した/右:キャラクターの繊細な動きもなめらかに動かせる。背景モブもCACANiで作成 ©創通・サンライズ

オリジンスタジオでは、現在のところCACANi専門の作業者は置いていない。制作進行の福嶋大策氏は、「上手く使えば精度の高い中割りがそれほど手間をかけずに作成できる。動画マンを単純な中割りでは対応できないシーンに振り分けるなど、人的リソースを上手く使えるのでは」と語る。CACANiは、カット内容によっては強力なツールになるという確信を得られたという。

ズームイン、ズームアウト、メカや各種エフェクトなど、それほど大きな形状の変化がなく、一方で多数の中割りを必要とする、そうしたシーンには特に威力を発揮しそうだ。動画検査を担当した杉浦雄高氏も「使いようによってはすごく優秀なソフト。どうしても紙でやらないといけない、アナログ的な手法でなければ描けないシーンはまだあるが、ものによっては便利で融通が利く。作業日数の計算も立ち、完成図が予測できる」と評価する。

CACANiは仕上げ作業にも対応可能な機能を備えるが、現状オリジンスタジオでは動画工程のみの導入にとどまっている。『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』の4章から6章、10〜20シーンほどで使用したほか、リテイク作業で、動画をイチから作り直す余裕もないというような場合にも重宝したとのこと。

次ページ:
<2>TVアニメ『キャプテン翼』を例としたCACANi実演

特集