>   >  最先端のSSD技術が社会を変える~「Samsung SSD Forum 2018 Tokyo」で見えてきた未来
最先端のSSD技術が社会を変える~「Samsung SSD Forum 2018 Tokyo」で見えてきた未来

最先端のSSD技術が社会を変える~「Samsung SSD Forum 2018 Tokyo」で見えてきた未来

[PR]

日本サムスンは7月12日、「Samsung SSD Forum 2018 Tokyo」を開催し、SSDに代表される最先端のNAND技術が切り開く未来と、その可能性について講演を行なった。経済産業省による基調講演に続き、ストレージサーバ、データセンター、SSD市場予測、放送・映像、eSports、SSD技術動向など幅広いトピックで講演が行われ、同分野の広がりと社会に与える影響の大きさが感じられた。

TEXT & PHOTO_小野憲史 / Kenji Ono
EDIT_山田桃子 / Momoko Yamada

<1>SSDが変える産業構造

①Connected Industriesの推進に向けた政策について/基調講演


フォーラムは経済産業省の成田達治氏による基調講演からスタートした。成田氏は現代が第4次産業革命によって「Society 5.0(超スマート社会)」に突入していると説明し、その中で病院や工場といったリアルデータとITが結びつく領域で日本の強みが生かせるとした。その上で政府として「自動走行・モビリティサービス」、「バイオ・素材」、「スマートライフ」、「プラント・インフラ保安」、「ものづくり・ロボティクス」という5つの重点分野で環境整備を進めていること。また老朽化・複雑化・ブラックボックス化したレガシーシステムからの移行や、Connected Industryを支えるAIチップやAIシステムの共同開発事業整備などに取り組んでいると説明した。

②顧客のビジネスを支える富士通のオールフラッシュアレイ/ストレージサーバ


続いて登壇した富士通株式会社 の館野 巌氏は、フラッシュストレージの台頭でメディアの世代交替に対する圧力が高まっている現状を踏まえて、同社のストレージサーバ「ETERNUS」シリーズの紹介を行なった。これによりHDD構成と比較して、オールフラッシュ構成では初期投資が30%、ランニングコストも1/5~1/7まで抑えられるという。また企業の根幹を支えるメインフレームでは長期安定性が不可欠だが、これもSamsung SSDとの協業で実現できたと評価。製造業の生産管理システムや自治体の料金管理システムなどの採用事例を紹介しつつ、社会インフラを支えていきたいと抱負を語った。

③How to Select the Right SSD/データセンター


データセンターがどのような視点でSSDを選択するか、という興味深い事例紹介も行われた。登壇した楽天株式会社の緒方弘幸氏は、同社は「2011年よりほぼ全てのサービスがSSD上で動作している」と説明。SSDは3~5年で壊れる消耗品という扱いで、世界中のSSD機器を常に検証しており、新モデルが発売されるとすぐにサーバに投入されると続けた。また、ハードウェアの投資はバランスが必要で、あらゆるグレードの製品で評価を行い、メーカーの証明とは別に、自社リスクでSSDの選定と採用を行なっているという。その上で「自分たちが選んだSSDを組み込めるサーバベンダーのみ採用している」と語った。

④Consumer、Computer向けSSD市場動向/市場動向


SSD製品の市場予測に関する講演も聞かれた。調査会社IHS Markitの南川 明氏はIoTとビッグデータの普及で2020年のデータ通信量は44ZB(ゼタバイト、テラバイトの10億倍)にのぼり、そのうち6.5ZBがストレージされると予測。その結果、SSD市場がHDD市場の7倍のスピードで拡大しており、SSDの単価下落が進んだ結果、HDDからの移行が続いていると説明した。実際、SSDのGB出荷量はHDDの5倍のスピードで拡大しており、SSDのGB単価下落スピードはHDDの4倍にあたるという。

またノートPCのSSD容量も2018年は256GBが主流だが、2020年には256GBと拮抗し、2022年には1TB・512GB・256GBでシェアが1/3ずつになるという。これにあわせてエンタープライズ向けのSSD容量も1TBから2TB、4TBに拡大を続け、2022年には4TBモデルが僅差で最大シェアを占めると予測された。


次ページ:
<2>SSDが変えるコンテンツのあり方

特集