>   >  バーチャルYouTuber 『輝夜 月』1/7スケール&等身大フィギュア制作の舞台裏を、榊馨(Wonderful Works 代表/Pixologic公認 ZBrushマスター)が徹底解説
バーチャルYouTuber 『輝夜 月』1/7スケール&等身大フィギュア制作の舞台裏を、榊馨(Wonderful Works 代表/Pixologic公認 ZBrushマスター)が徹底解説

バーチャルYouTuber 『輝夜 月』1/7スケール&等身大フィギュア制作の舞台裏を、榊馨(Wonderful Works 代表/Pixologic公認 ZBrushマスター)が徹底解説

2018年8月現在、Kaguya Luna Officialのチャンネル登録者数が80万人を超える人気バーチャルYouTuber の『輝夜 月』(かぐや るな)。その1/7スケールフィギュアが8月末から予約開始となった。本記事では、デジタル造形を手がけた榊馨氏(Wonderful Works 代表/Pixologic公認 ZBrushマスター)自らが、制作の舞台裏を徹底解説。さらにワンダーフェスティバル2018[夏]の同社ブースにて展示された『輝夜 月』等身大フィギュアのメイキングも合わせて紹介する。

TEXT_榊馨 / Kaoru Sakaki(@sakaki_kaoru
EDIT_尾形美幸 / Miyuki Ogata(CGWORLD)

ファンアートからの出発

2017年末にバーチャルYouTuberが急な盛り上がりをみせた頃、『輝夜 月』が登場し、すぐ大のファンになりました。そこで2018年のお正月休みを利用して個人的なファンアートとしてフィギュアを制作しました。と言ってもCG上の話であって、商品化はおろか3Dプリントをするつもりもなかったのですが、Twitterでの反響が大きかったので、版元様へ申請して許諾をいただき、商品化の運びとなりました。

短時間でのモデリング

本作は『輝夜 月』のキービジュアルのイラストを立体化していますが、最初にモデリングを開始した時点では上半身のポーズしかわかりませんでした。そのため脚の部分は想像で補って作成しました。


制作ソフトはZBrushを使用しています。フィギュアをつくる際は、まずZBrushに初めから用意されている[Mannequin]という棒人形を使ってポーズを検討します。上図の[Mannequin]は、頭の向きをわかりやすくするために筆者がカスタマイズしたものです。前述の通りこの時点では右脚の状態がわからなかったので、右脚で立っているものと考えました。


短時間で作成するため、過去に作成した似たポーズのフィギュアを流用しました。【上図:左】は拙著『ZBrushフィギュア制作の教科書』(2016/エムディエヌコーポレーション)用に作成した『ロゼッタ』のデータです。先ほど用意した[Mannequin]をガイドにして腕のポーズなどを変更し、『輝夜 月』のイラストに合わせていきました【上図:右】。


服のベースメッシュは、マスクを描き、[Extract]を使ってつくります【上図:左】。マスクで描きにくいところ、例えば首周りは別パーツでつくってから[DynaMesh]を一体化し【上図:中】、[ZRemesher]でリトポします【上図:右】。


スカートのような形状は[ZSphere]から作成します。[ZSphere]メッシュに対し、[ZModeler]ブラシを使ってポリゴンの削除や追加を行い、スカートの形状を作成します。肌に近い服は[Extract]と[ZRemesher]を使って作成し、スカートのような肌から離れたものは[ZSphere]を使用するというように、機能を使い分けています。


しわなどのディティールはレイヤーに分けてつくっていきます。例えばスカートの場合は、しわのみを入れたレイヤー、布の厚みの部分を丸めたフィレットのレイヤー、スジ彫りを入れたレイヤーの3つに分けています。レイヤーを分けることなく、スジ彫りを入れた上からしわをスカルプトした場合、スカルプト中にスムースを使うとスジ彫りも影響を受けてしまいます。スジ彫りレイヤーを非表示の状態で、しわレイヤーに対してのみスカルプトし、その後でスジ彫りを表示すると、スカルプト中のスムースなどの影響を受けないスジ彫りを復活させることができます。

3Dプリントをする際は、プリント後にスジ彫りが消えてしまわないよう、幅や深さを0.4mm以上にします。スカートも形状を維持できるよう、厚さを1.3mm以上とるようにします。このときは短時間で作成することを目標としていたため、スジ彫りの幅や深さ、スカートの厚さなどは特にチェックせずにつくっています。


目は[Spotlight]でイラストを転写しています。[Spotlight]は画像を転写するだけなので、目の周辺の髪の毛などの余計な部分も転写されますが、[Polypaint]を使って手作業で修正しました。


ほかのパーツにも[Polypaint]で色を付けています。UV展開をする手間が省けるので、サッと色を乗せる場合はとても早く作業が終わります。ここまででいったん完成とし、商品化の申請をしました。

次ページ:
イラストに合わせたつくり込みと、
3Dプリントに対応したデータ修正

特集