>   >  ファッションと3DCG技術が交差する――文化ファッション大学院大学の学生によるフォトグラメタリー専用スタジオAVATTA見学ツアー
ファッションと3DCG技術が交差する――文化ファッション大学院大学の学生によるフォトグラメタリー専用スタジオAVATTA見学ツアー

ファッションと3DCG技術が交差する――文化ファッション大学院大学の学生によるフォトグラメタリー専用スタジオAVATTA見学ツアー

桐島ローランド氏率いる国内最高峰のフォトグラメタリースタジオとして、広告・ミュージックビデオの制作に活用されているAVATTA(アバッタ)スタジオ。本稿ではそのスタジオを文化ファッション大学院大学ファッションマネジメント専攻の学生たちが訪問した際の様子をレポートする。さらに、衣装デザイン、布のシミュレーションに特化した3DCGソフトMarvelous Designerを、ゲームやVFX用途ではなくファッションデザインにとりいれているファッションデザイナーHATRA(ハトラ)の長見桂祐氏のお話も紹介。ファッションとデジタル技術が交差する最先端の現場ではいま何が行われているのか、少しだけのぞいてみよう。

※本記事は2018年7月30日の取材内容に基づきます。

TEXT_安藤幸央(エクサ)/Yukio Ando(EXA CORPORATION)
EDIT_山田桃子 / Momoko Yamada
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota

<1>ファッション分野におけるフォトグラメタリーの可能性


学生にこれまでAVATTAが手がけてきた作品を紹介する桐島ローランド氏

フォトグラメタリー(Photogrammetry)とは、もともとは「写真測量」のことを示す業界用語だった。現在では主に3次元の物体を複数の観測点から撮影して得た複数の2次元写真から、視差情報を解析して寸法・形状を求め、色情報をもった3Dメッシュデータ化する写真測量方法のことを指す。従来は3Dスキャナと併用することもあったが、カメラの台数、解像度の増加、ソフトウェアの進化によりフォトグラメタリーだけで十分な精度のデータを取得できるようになってきた。このフォトグラメタリーではカメラで撮影した写真から再構成するため、必用十分な高解像度のテクスチャデータが得られる一方、取得したテクスチャから照明が当たっている成分を除去する必用があり、運用にはさまざまなノウハウを必用となる。

関連記事:注目度高まる"フォトグラメトリー"。その可能性をAVATTA・桐島ローランド氏に聞く!

AVATTAスタジオは、フォトグラメタリー、3Dスキャンのスタジオで、2Dの写真を複数撮影することで立体的なデータを作成している。取り扱うデータは多々あれど、とくにファッションデザイン(服飾)をデータ化する用途にも役立つと考えられ、今回、文化ファッション大学院大学の学生を招待することになったそうだ。

AVATTA社、代表取締役社長兼CEOの桐島ローランド氏は、ファッションデザインとフォトグラメタリーの親和性について、下記のようにコメントしている。

「服を着る人のサイズにあうようパターン(型紙)を起こすのは大変な作業だったのですが、3D技術により、着る人それぞれの身体に合わせたパターンを自動的につくることができるようになりました。この技術はファッション業界でもブレイクスルーになり、今後、テーラード(仕立て服)を自動的につくる人も出てくるのではないかと思います。僕もZOZOSUIT(※)で計測してジーパンとシャツをつくってみましたが、これからはクチュール(特注の仕立て服)が全自動になってくるのではないかというのが、私の見解です」。

※ZOZOSUIT 全体に施されたドットマーカーをスマートフォンのカメラで360度撮影することで体型サイズを計測、自分のサイズにあった服をオーダーできるサービス

「フォトグラメタリーでファッションモデルを3DCG化してしまえば、以後、その3DCGモデルをアバターとして使うこともできます。ファッションの撮影では、モデルを雇ってカメラマンを雇ってヘアメイクも雇ってと大変なコストになりますが、3DCGモデルをつくってしまえば背景も限定されずにどんなシチュエーションの写真もつくることができます。たとえばエッフェル塔の前で撮影するにしても、3DCGモデルを使うことで簡単に実現できるわけです。そうすれば商品である服が完成するまえにカタログの準備ができたりと、スピード感がまったく変わってきます。僕はもともとファッション写真が専門なので、こうした技術を使って"ディストラクション"と呼ばれる業界の常識を壊すような手法を探っています。現在は正直なところ3DCGの方がコストがかかりますが、Marvelous Designerのようなデジタルツールで服をつくっていく時代になれば、スキャンデータから縫製工場まで、全てデジタルデータにより服をつくれてしまうようになるのではないかと考えています」。

「AVATTAではモノから人、建物、街までスキャンすることがあるのですが、普段入れないところを3DCG化して探索するバーチャルツーリズムなど、さまざまな可能性を感じています。先日、北九州の重要文化財をスキャンしてデータ化したのですが、これが素晴らしい出来で、見ていると本当にそこにいるような感覚になる。もともと3DCGでつくられた建築物のモデルはあったのですが、ディテールや質感など、3DCGでゼロからつくったものとは全く異なるリアルさがありました」。

桐島ローランド氏らによる北九州市旧門司税関を舞台にしたVRコンテンツの制作風景

<2>文化ファッション大学院大学の学生による3Dスキャン体験



  • フォトグラメタリー撮影中の様子(横)女性



  • フォトグラメタリー撮影中の様子(正面)女性



  • フォトグラメタリー撮影中の様子(正面)男性



  • フォトグラメタリー撮影中の様子(横)男性
    ※筆者撮影

見学当日、AVATTA社内のフォトグラメタリー用スタジオでは、139台のNIKON D5300D5500が使用された。360度をぐるっと囲むドーム状にカメラが設置された撮影ブースへの出入り口には、スタンド式のリグでカメラを配置。被撮影者の身長に最適な位置にカメラの位置をあわせるため、電車のパンタグラフに似た伸縮装置によってカメラが取り付けられている。


カメラ設置の様子。リモートシャッターでコントロールされている
※筆者撮影

足元も正確に撮影するため台座に乗り、一般的に「Aポーズ」と呼ばれる状態で撮影開始。両手を下に向けて開き、手の指も開いた状態で撮影が行われる。目は見開いたままで139台の外部コントロールされた一眼レフのシャッターが一斉に切られ、表情などをチェックして、OKであれば完了となる。


撮影直後のデータ確認の様子


写真変換を確認する様子
※筆者撮影


データ化した自身を見る本人。データ量として1300万のポイントクラウドを50万ポリゴン程度に変換する

次ページ:
<3>Marvelous Designerの使い手、ファッションデザイナー・長見桂祐

特集