>   >  クリエイティブ系VTuberスズキセシルが鋭意開発中、3Dアバター作成ツール「セシル変身アプリ」
クリエイティブ系VTuberスズキセシルが鋭意開発中、3Dアバター作成ツール「セシル変身アプリ」

クリエイティブ系VTuberスズキセシルが鋭意開発中、3Dアバター作成ツール「セシル変身アプリ」

2017年12月にブレイクしたVTuber。それから1年以上が経った現在では6,000人を突破したという(※2018年12月19日時点、ユーザーローカル調べ)。本稿では、カナダを拠点に活動するクリエイティブ系VTuber「スズキセシル」の取り組みを紹介しよう。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 246(2019年2月号)からの転載となります。

TEXT_沼倉有人 / Arihito Numakura(CGWORLD)
EDIT_山田桃子 / Momoko Yamada

リアルタイム系3DCG制作者としてのキャリアを活かしたユニークな活動

2018年1月から活動を開始したVTuber「スズキセシル」。YouTubeで公開中の動画では、主にアニメについて語ったり、アニソンを歌ったりしている。特筆すべきなのが、自分が着る衣装のモデリングやモーション作成する動画を公開していることだろう。「取り上げるアニメが古め(※1980年代の作品が多い)なので、『わからない』とか『古すぎる』とよく言われています(笑)。たまにBlenderで自分用の衣装のモデリングや、CLIP STUDIO ACTION レガシー版でモーションを付ける動画も公開しています」。VTuberを始める以前は、いわゆるデジタルアーティストとして3Dキャラクターを動かすこと、特にリアルタイムCGにこだわってきたのだという。「過去には3Dビデオゲームのディレクションをいくつか経験したり、アバター作成ツールの開発にも携わったこともあります。ですが、大規模なプロジェクトに関わっているうちに、自分ひとりでやってみたいと思うようになりました。そこで、今は実際にひとりでどこまでできるのかというのに挑戦しています」。

セシル変身アプリPV

スズキセシル(Twitterl)
@Cecil_Channel
セシル変身プロジェクト公式(Twitterl)
@CecilProject
セシルちゃんファンクラブ(ファンティア)(Twitterl)
fantia.jp/fanclubs/10552
スズキセシル(YouTube)
goo.gl/Rzmj1e


スズキセシル氏がVTuberをはじめたきっかけは、2013年11月に相通じる動画を制作・公開していたことだったという。2017年末からのVTuberブームに加え、動画配信やリアルタイムCG関連技術・サービスの進化といった後押しを受けての再チャレンジというわけだ。そして現在は、VTuber活動と並行して「セシル変身プロジェクト」と題した3Dアバター作成ツールの開発・配布プロジェクトにも取り組んでいる。VTuberブームや各種VRプラットフォームの登場により、自分だけの3Dアバターが欲しい、けれど作成する技術がないという人たちがたくさんいるのではないかと思ったことが動機だという。デジタルアーティスト出身VTuberスズキセシル、要注目だ。

Topic 1 「スズキセシル」誕生

3DCGツールのメッカ(?)カナダを拠点に活動中

近年はゲームアプリ開発を中心に活動していたそうだが、昨年からはVTuber、そして3Dアバター作成ツール「セシル変身プロジェクト」の活動に注力しているというスズキセシル氏。興味深いのが、カナダを活動拠点にしていることだが、ここにもスズキセシル氏独自のこだわりがある。「以前は、3DCGツールと言えばカナダでした。特にSoftimage社(現オートデスク)と深く関わる縁があって、Softimage全盛期に何度かカナダを訪問する機会があり、『いつかこんな所に住んでみたいな』と思っていました。そこで海外でCG創作をやるならカナダだろうと。VTuberを始める直前までは、脱出ゲームアプリをインディーズで開発していました。しばらくつくっていたら認知されるようになって、ダウンロード数も増えていったのですが、やはり3Dキャラクターを動かすことにこだわりがあったので今はセシル100%です(笑)。ただ、2018年秋からは変身アプリの開発がほぼ全てになってしまっていて、動画制作・配信の間が空いてしまっています......。自分としては、アプリ開発と動画のどちらもやっていきたいと思っています」。

スズキセシルというキャラクターだが、もともとは自作アプリに登場するキャラクターだったという。「2014年の夏頃にCLIP STUDIOのアセットとして制作したものがベースになっています。現在のCLIP STUDIO ACTION レガシー版はブレンドシェイプに対応しているのですが、当時は非対応だったので顔は2Dテクスチャを貼り付けていました。このままでは、目パチや口パクをしないので、Unity用に作り直して、Live2Dのように2Dの作画をブレンドシェイプで変形させて、2.5Dの顔にしました。その後、VIVE Proを導入して、VRChatに行くようになったのですが、VR空間だと2.5Dでは無理がありました。VR空間では、みんな見ている角度がバラバラなので......そこで全面的に3Dにして、現在の顔になっています」。なお、使用しているDCCツールは、メインツールはBlenderとUnity。サブツールに、CLIP STUDIO PAINT EX、CLIP STUDIO ACTION レガシー版を使用している。現在のスズキセシル3DCGモデルのポリゴン数は、変身アプリの標準モデルで14,772ポリゴン。編集時にアホ毛等のパーツや全てのアクセサリー類を使って、約28,000ポリゴン。シェーダについては、以前はUnity AssetStoreで販売されている「Toony Colors Pro 2」「ユニティちゃんトゥーンシェーダー 2.0」などを使っていたそうだが、現在はVRMフォーマット対応の「MToon」を使用。リムライト的な表現についてはMatCapを使い、顔や肌、髪、服の質感をそれぞれ調整できるように、マテリアルを分けているとのこと。

過去バージョンと現バージョン

CLIP STUDIOアセットストアで無料配布されている初期モデル(紹介画像)



  • 現在のデフォルトモデル



  • YouTubeチャンネルで配信されている「キッズ英語」の衣装を着たバージョン/バリエーション展開例



  • 「ブラックセシルちゃん」。セシルちゃんのダークサイドとして登場している



  • 2018年8月6日からYouTubeで公開中の『スズキセシル スイカ割りチャレンジ!!』(youtu.be/-oVnBIjh_Xg)より。衣装や小物がバラエティに富んでいることが魅力のひとつ

ルックの調整例

Blenderによるテクスチャリング例



  • 顔まわり



  • 衣装(制服)のテクスチャ



  • 顔まわり



  • 髪の毛





  • パンツ

変身アプリのシェーダ設定によるルックの変更例

トゥーン調(輪郭線と影色を指定)

MatCapを使い、メカのような金属質感をもたせたセシル。変身アプリの「アバターセレクト」から選択できる

【メカのような金属質感をもたせたセシル】のマットキャプ3種(服、肌、髪)

次ページ:
Topic 2 VTuberとしての活動

特集