>   >  不動産業界に革命を起こすか!? VR内覧システム「ROOV」
不動産業界に革命を起こすか!? VR内覧システム「ROOV」

不動産業界に革命を起こすか!? VR内覧システム「ROOV」

まだまだアナログが主流の不動産分野に積極的にITを採り入れていこうとしているのがスタイルポートだ。ここでは、物件のVR内覧システム「ROOV」を例に、不動産分野における3DCGの活用について紹介する。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 246(2019年2月号)からの転載となります。

TEXT_石井勇夫(ねぎぞうデザイン
EDIT_斉藤美絵 / Mie Saito(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada

  • 左から、小長井雅博氏(GUNCY'S・テクニカルプランナー)、中村幸弘氏(スタイルポート・グループマネージャー)、野澤徹也氏(GUNCY'S・テクニカルアドバイザー)、三浦成人氏(スタイルポート・マネージャー)
    styleport.co.jp
    www.guncys.com

  • ROOV
    "不動産ビジネスをアップデートし「やがて、常識になる未来」を創造する"をコーポレートビジョンとして掲げるスタイルポートが展開する、Webブラウザで閲覧できる3Dルームビュワーサービス。インターネットに接続できれば手持ちの端末から物件を見ることができる。物件は3DCGで作成されているため、未竣工や居住中の不動産でも作成でき、寸法や形状なども正確に再現されており、ユーザビリティが高い。モデルルームなどでの接客ツールとしても活用されており、今後の展開が期待されるサービスだ

RoovDemo 最新ver.はこちら

3DCGを駆使した物件の内覧システム

3DCGはゲームや映画などのエンターテインメントで使われるものだと、CGクリエイターも含めて思いがちだが、様々な事象をわかりやすくビジュアライズできる技術であり、世の多くの場面で使われている。例えばニュースや専門書の解説や製造メーカーでのデザインの検討、研究職でのシミュレーション結果の表示、医療の診断など枚挙に暇がなく、活用範囲は今後も増えていくだろう。そのようなながれの中で、従来ITと相性が悪いといわれてきた不動産業界で積極的に3DCGを使ってサービスを開発しているのがスタイルポートだ。「3DCGを含めたITと不動産を結びつけることでブレークスルーができるのではないかと考えています」と取締役の中條 宰氏は語る。

同社はスマートフォンやPCのブラウザで不動産物件を内覧できる「ROOV」を開発し、デベロッパーへ提供している。ROOVは①ネットがあれば特殊な端末やアプリも必要なく閲覧でき、独自開発の描画エンジン「Styler3D」を使いスマホでもサクサク動く。②3DCGでつくられているため、未竣工の物件や現在居住者がいる中古物件でも内覧が可能。加えて写真ベースでは難しかった色変えや採寸、家具の配置シミュレーション、ウォークスルーなどの便利な機能も搭載している。③クラウドを使用しているためユーザーの動向を把握できる、という3つの特長がある。「世の中には3DCGを使ったり、3DCGに置き換えたりすればもっと便利になることが多いのですが、それを提案してつくり上げることができる人が少ないと思います」とROOVのテクニカルアドバイザーを務めるGUNCY'S代表取締役の野澤徹也氏は、3DCGの将来について語る。今回はたまたま不動産だったが、3DCGの活躍の場はもっと増やせるという。「やがて、常識になる未来」という同社のビジョンの通り、3DCGを積極的に使った新しい試みをみていこう。

ROOVの様々な機能

ROOVの画面。「エンターテインメントの3DCGをつくる場合プロが見ないとわからないようなところに時間をかけますが、ROOVの目的は物件をスマホで閲覧することのため、映像のクオリティが高すぎても物件を選ぶポイントになりません。そこでディテールよりもスマホでサクサク動くことを目指しました」(マネージャー・三浦成人氏)。ユーザーが何を重要視するかが踏まえられている

3DCGでつくられているため、写真ベースではできない様々な機能がROOVの特長だ。カラーセレクトもそのひとつである。床などの色がボタンひとつで切り替わり、比較ができる。これは新築だけではなく、中古物件の販売でも魅力的な機能だ。UIはスマホ優先のものをつくった後、販売現場用などの別仕様のものも制作するという

自分が現在所持している家具が置けるかどうか、家具のシミュレーションもできる。また、物件を購入するタイミングで家具を揃える人が多いため、将来は家具の販売もROOVでサポートしてみたいとのこと。単に一度システムをつくれば終わりではなく、常に将来のビジネス展開が考えられている

見晴らしなど、窓から見える景観は物件選びでは重要で、決め手にもなる。ROOVでは実際に撮影された景観が使われているため、物件に行かなくても窓からの眺めを確認することができる

物件モデルは図面から正確に作成されているため、壁や窓の高さなどを測ることができ、現在使っている家具が入るか調べることも可能だ。スマホやPCの画面上では実際の寸法よりも小さく見えるため、現実的なサイズ感をイメージをしにくいが、この機能により、実際の寸法がわかるので入居後を想像しやすい

次ページ:
「不動産の知見×デジタル技術」による工夫された制作

特集