>   >  『SINoALICE ーシノアリスー』開発現場はジャズ演奏のように刺激的な毎日! ポケラボ クリエイティブ部による座談会レポート
『SINoALICE ーシノアリスー』開発現場はジャズ演奏のように刺激的な毎日! ポケラボ クリエイティブ部による座談会レポート

『SINoALICE ーシノアリスー』開発現場はジャズ演奏のように刺激的な毎日! ポケラボ クリエイティブ部による座談会レポート

3月7日(木)、モバイルゲーム『SINoALICE ーシノアリスー』などの開発を手がけるポケラボが、ゲーム制作者向けイベント「ポケロボMeetup#4」を開催した。イベントでは「クリエイティブ」をテーマに、キャラクターモーションやエフェクトなどの視点から座談会形式でポケラボのモノづくりへの姿勢が語られていった。

TEXT&PHOTO_安田俊亮 / Shunsuke Yasuda
EDIT_小村仁美 / Hitomi Komura(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada

<1>再生時間0.5秒に全力を込めるエフェクトづくり

イベントでは座談会に入る前に、来場者と登壇者が打ち解け合うための「アイスブレイクタイム」が行われた。こうした講演イベントでは、講演時間後に懇親会などが開催されることがあるが、より和やかな雰囲気で進めるためにあえて最初に「アイスブレイクタイム」を設けたのだという。


各テーブルには飲食物が提供され、お互いが自己紹介する場が設けられた

来場者同士、講演者の自己紹介も兼ねての談話が一段落したところで、いよいよ座談会がスタート。ポケラボ デザイナーチーム デザイナー兼マネージャーの本間知和氏の仕切りにより、各担当者の取り組みが話されていった。


  • 本間知和氏(ポケラボ デザイナーチーム デザイナー兼マネージャー)

最初はポケラボ アートチーム エフェクトアーティストの池田博幸氏より、『SINoALICE ーシノアリスー』のバトルエフェクトについて語られた。


  • 池田博幸氏(ポケラボ アートチーム エフェクトアーティスト)

『SINoALICE ーシノアリスー』のバトルエフェクトは、VFXエンジンの「SPARK GEAR」によってつくられている。エフェクト制作エンジンとしては他にも候補があったが、実際に触ってみて「一発で表現の本質にたどり着ける」と確信したことから導入を決めたそうだ。

また、池田氏が「キャラクターアニメーションを読み込んだ状態でエフェクトをプレビューしたい」とSPARK GEARの開発元にリクエストしたところ、アニメのプレビュー機能が実装されることとなった。これにより、アニメーションに被せるかたちでエフェクトを制作できるようになり、制作効率が非常に上がったという。

池田氏がエフェクト制作で気に入っているのは、0.5秒程度という短い時間に渾身の力を込めていくことだという。1日の作業時間が8時間だとすれば、実に57,000回以上も同じエフェクトを再生しながら完成させる。「ヒットエフェクトをキャラクターのダメージモーションと同時に再生する度に、やられるときのキャラクターボイスが心の中で再生され、それをくり返し見ることで、すごく気持ち良くなっていく」とした。


SPARK GEAR上のプレビュー

<2>「結果的に面白くなるならやる」自由な社風

続いて『SINoALICE ーシノアリスー』のアニメーションを担当するポケラボ アートチーム モーションディレクター兼マネージャーの下澤浩二氏は、『SINoALICE ーシノアリスー』内で2月末~3月初旬にかけて開催された『NieR Replicant(ニーア レプリカント)』とのコラボイベントの事例について語った。


  • 下澤浩二氏(ポケラボ アートチーム モーションディテクター兼マネージャー)

このコラボで特徴的だったのは、コラボキャラクター「カイネ」のモーションだったという。「カイネ」は双剣をもつキャラクターだが、『SINoALICE ーシノアリスー』には双剣という武器種はなく、当然モーションもない。

当初は想定していなかったモーションをつくるとなると仕様の変更が各所必要で、その時点では実装できるかどうかも不明だったが、エンジニア、プランナーと話して、「カイネを入れるなら双剣をつくる」と決めたという。

さらに3人で1組の「三匹の子豚」の双剣モーションでは、攻撃をしない残りの2人には特別にポンポンをもたせている。下澤氏はこれについて、「勝手につくって、あとで了承を取った」そうだ。


双剣のモーションプレビュー。左はモーションを仮当てするための「素体ちゃん」と呼ばれる開発用キャラクター。右は「三匹の子豚」

そもそもの「三匹の子豚」についても、当初は3人で1キャラクターとするキャラクターの登場は想定しておらず、「三匹の子豚」のために特別にボーンやアニメーションを新たに作成している。

双剣にしても「三匹の子豚」にしても、実装のために取り決めたレギュレーションを壊すことになったそうだが、「結果的に面白いかたちになるならやる」というポケラボの自由な社風があったことで、実現に至ったそうだ。


「三匹の子豚」のように、面白さのためにレギュレーションを壊せる自由さがポケラボにはあるという

次ページ:
<3>現場はアドリブをぶつけ合う「ジャズ演奏」

特集