>   >  3ds Max 2020で広がる建築ビジュアライゼーションの世界とは? ツールのアップデート情報から活用法まで徹底解説
3ds Max 2020で広がる建築ビジュアライゼーションの世界とは? ツールのアップデート情報から活用法まで徹底解説

3ds Max 2020で広がる建築ビジュアライゼーションの世界とは? ツールのアップデート情報から活用法まで徹底解説

ボーンデジタルは2019年5月30日(木)にオートデスクの協賛・協力のもと、都内で「3ds Maxでも~っと!3DCGを活用しよう! 建築ビジュアライゼーションセミナー」を実施した。セミナーでは3ds Max 2020の最新機能が紹介されたほか、Unreal Engine 4(UE4)のリアルタイムレイトレーシングの実力や、3ds Maxで建築ビジュアライゼーションを作成する際のポイントなどが、3名の登壇者によって紹介された。

TEXT & PHOTO_小野憲史/Kenji Ono
EDIT_西原紀雅 / Norimasa Nishihara(CGWORLD)

Autodesk 3ds Max 2020最新機能紹介

  • はじめに登壇したのはオートデスクで技術営業本部M&Eテクニカルセールススペシャリストをつとめる吉田将宏氏だ。吉田氏は2019年4月にリリースされた3ds Max 2020の数ある新機能のうち、建築ビジュアライゼーション分野で特に有効な5機能について、デモを交えながら解説した。

1.面取りモディファイヤの改善

「建築ビジュアライゼーションで使われるBIM(Building Information Modeling)データで作られたオフィス家具などは、一般的に軽量化を重視して作成されるため、エッジが面取りされていないことがある。こうしたBMIデータをインポートして、3ds Maxで簡単に面取りするための機能が「面取りモディファイヤ」で、3ds Max 2020でさまざまな改善がなされた。下図の設定値はプリセットで保存して簡単に適用させられる。

▲BMIデータを3DCGデータに変換する際、これまでは縦横の面取り幅が一定でない場合があったが、2020で均等に面取りされるようになった

▲エッジの折り目のウエイトの数値で、面取り幅をエッジ単位で制御できるようになった。同じ5mmの面取りでも、エッジの幅をパーツ単位で任意に調整できる

▲面取りモディファイヤの中でインセット機能が使用可能になった。複雑な装飾の面取りでも、インセット量とオフセット量を調整することで、簡単に設定できる

▲一つの角の中央部分だけを面取りしたり、面取りの設定値をプラスだけでなく、マイナスにすることで、角をくぼませたりすることが可能になった

2.OSLシェーダ

OSL(Open Shading Language)はSony Pictures Imageworksが開発したシェーディング言語で、シェーダの自作や改良を容易にするものだ。3ds Max 2020ではビューポートにおけるOSLマップの表現が改善されたほか、デフォルトで使えるシェーダが14種類加わった。

▲Weave:布系のオブジェクトに有効なシェーダ。2020で追加されたOSLシェーダの一つだ

3.パフォーマンス
4.プレビューアニメーション

動画ビジュアライゼーションを作成する際、プレビューアニメーションで内容を簡易的に確認したいケースが多々存在する。3ds Max 2020ではそのための機能も改良された。プレビューアニメーションの作成速度が1.5~3倍程度に向上したほか、FPSをリアルタイムに表示して確認することも可能だ。

▲ビューポート上でアニメーションを再生する際、2019まではFPS表示の更新に時間がかかっていた(右)ものが、2020ではリアルタイムに表示(左)させられるようになった

▲プレビューアニメーションを作成する際の速度が1.5~3倍程度に向上した。2020(左)と2019(右)ではプログレッシブバーの進行度合いの違いが明らかだ

Revit読み込み

オートデスクのBIMツールであるRevitから3ds MaxにBIMデータを読み込む際、Revitに対応した3ds Maxを別途用意することで、さらなる読み込み速度の向上が可能になった。Revit 2017から3ds Max 2020にデータを読み込む際は別途3ds Max 2017が必要になるといった具合だ。他に読み込み時の条件が追加されたり、Mentalray依存が排除されたりといった変更が成されている。

▲RevitからBIMデータを読み込む際の条件で、「ファミリおよびマテリアル」「カテゴリおよびマテリアル」という2つのルールが追加された

▲データ読み込み時のサン・スカイにおけるMentalray依存も排除された

このほか3ds Max 2020では、サードパーティ製のプラグイン対応もなされるという。これまで3ds Maxにはさまざまなプラグインが存在し、利用者が自由にカスタマイズできる点が魅力だったが、必ずしもすべてのバージョンで対応が確認されているわけではなかった。これが3ds Max 2020では40人以上の開発者と協業し、250ものプラグインがサポートされる予定だという。

吉田氏は最後に「ここ数年のアップデートで3ds Maxは、建築ビジュアライゼーション分野でもより活用できるツールに成長した」と述べた。そのうえで、今後もより使いやすいツールに進化していくので、ぜひデモ版などで体験してみて欲しいと締めくくった。

次ページ:
UE4のリアルタイムレイトレーシング

特集