>   >  南米最大のアニメファンイベント、ブラジル「Anime Friends」の魅力とVRアイドル『Hop Step Sing!』出展レポート
南米最大のアニメファンイベント、ブラジル「Anime Friends」の魅力とVRアイドル『Hop Step Sing!』出展レポート

南米最大のアニメファンイベント、ブラジル「Anime Friends」の魅力とVRアイドル『Hop Step Sing!』出展レポート

ブラジル・サンパウロにて毎年開催されている南米最大のアニメイベント「Anime Friends」をご存知だろうか。例年7月頃に開催され、3日間で10万人の動員規模を誇る。今年も7月12日(金)~14日(日)にかけて開催された本イベントでは、日本よりVRアイドルグループ『Hop Step Sing!』が出展。実際に現地に赴いた講談社VRラボ代表取締役・石丸健二氏より、出展レポートを寄稿いただいたので紹介したい。

TEXT&PHOTO_石丸健二 / Kenji Ishimaru(講談社VRラボ)
EDIT_小村仁美 / Hitomi Komura(CGWORLD)



巨大にして便利なイベント会場

地球の裏側にあるブラジル・サンパウロにて7月12日(金)~14日(日)に開催された「Anime Friends」。まったくもってイベントのことを知らなかった私は、同イベントの運営を担当するロベルト・レゴナッチ氏の1年越しのラブコールにすっかり乗り気になり、出展を決めました。弊社が制作を手がけるVRアイドルグループ『Hop Step Sing!(以下HSS)』の最新コンテンツ『VRChat ミカミカルーム』をお披露目するためです。

ロベルト氏からは3日間で10万人来場するイベントと聞いており、「そんなに来るの?」と若干半信半疑だったのですが、実際に参加してみると疑念は見事に払拭され「確かに10万人以上いるかも」という人数が会場にあふれ返り、アニメファンの熱気も相当なものでした。そして『HSS』の『VRChat ミカミカルーム』やVRプロモーションビデオも3日間で約600人に体験してもらうことができました。今回、「Anime Friends」の魅力と南米アニメファンの熱気、そして弊社コンテンツに対するリアクションについて共有させていただければと思います。

巨大なワンルーム展示場! テンション上がりました

ブースの設営のため、会期の前日に会場となるパルケ・アニェンビ(Anhembi Parque)に入った私はその大きさに驚かされました。柱もないこの巨大なワンルームで全てのアトラクションが行われると聞くとテンションが上がります。柱がないためとても見晴らしが良く、部屋が分かれていないのでイベントや展示からの移動がとてもスムーズで、来場者にとってはとても便利だと感じました。さらに会場がかなり広いので通路が非常に幅広く取られており、逆に閑散としないかなと心配になるほど。蓋を開けてみると、広い通路は多くの参加者が会話をしたり、コスプレイヤーと写真を撮ったり、休んだりするのにとても有効に使われていました。

1日12時間のマラソンイベント開始!

イベント初日、8時30分くらいに現地に到着したのですがその時間から既にチケットカウンターには列ができていました。Webでの先行販売ではチケットが完売していたため、当日券目当ての人が並んでいるようでした。とはいえ開場した10時には人影はまばらで、混雑し始めたのは12時くらい。その後は終了する22時まではほとんど人が減ることはなく、満員状態が続いていました。お気づきかと思いますが、このイベントは何と朝10時から夜22時の12時間のマラソンイベントなんです。前準備と後片付けを含めると14時間くらい会場にいることになります。出展側は本当に大変なイベントです。

そんなマラソンイベントにもかかわらず、多くのアニメファンでいつもいっぱいで、しかも1日中、さらに3日間全て来る方も多くいらっしゃいました。前述したように『HSS』のVRコンテンツにも約600人以上の人が訪れ、中には3日間で8回も体験してくれたグループもいました(詳しくは後述します)。そんな熱狂的な「Anime Friendsファン」ともいえる人たちを生んでいる理由は、アトラクションのバリエーションの豊富さと、会場の便利さ、そして通路の広さにあるのではないかと思いました。

特に通路の広さは大きなメリットで、通りすがりにコスプレイヤーと写真を撮り、談笑し、そして疲れたら通路に座り、みんなまどろむ。みんな地べたに座るのが平気で、我々のブースの中でも「休ませてくれる?」と普通に座って荷物を広げる人がいる。そして楽しそうに仲間とアニメの話やカードゲームを始めたりするんです。もちろんスーツ姿の人もほとんどいないのでとってもカジュアルな雰囲気。そんな感じなので、人気アトラクションの行列に並んだりトラブルで開始時間が変わったりなど待たされることにも寛容というか、あまり気にしない。日本で数多くのアニメ系のイベントを見てきましたが、来場者のカジュアルさとイベントの楽しみ方がとても新鮮かつ素敵で、印象に残りました。

地べたに座って歓談中。みんなどこでも座っちゃう

コスプレは本格的!

多種多様なコンテンツ

そしてもちろん、とても魅力的な展示物が多いのも人気の理由のひとつです。展示物は数こそそこまで多くないですがアトラクションの種類は豊富、そしてクオリティが予想以上に高い。アニメやマンガに関連する展示であれば何でもOKな雑多な感じですが、ライブや展示、トークショーはかなりきちんと準備がされていて、来場者を楽しませる工夫が随所に見られました。

具体的には弊社のようなVRやゲームなどデジタルコンテンツを体験できるブースは少なく、マンガ物販やアニソンライブ、ダンスイベント、アーティストのポートフォリオ展示、着ぐるみショー、K-POPのダンスレッスン、ボードゲームスペース、アニメに関するカンファレンス、体を使ったゲームなどなど、大人だけでなく子どももみんな一緒に楽しめるイベントがたくさんありました。

日本のマンガをブラジルで出版する大手出版社

ひときわ人気が高かったのは『ウルトラマン』ショー。30分のステージは歴代のウルトラマンが活躍する本格的な舞台で、企画・演出は円谷プロダクションが行なっているとのこと。600人入る会場からは人があふれ、ウルトラマンが怪獣を倒すシーンでは大人も子どもも大歓声! ウルトラマン世代の私も思わず興奮してしまいました。担当者に聞くとウルトラマンのステージはここ数年Anime Friendsの常連とのこと。デジタルからライブ、物販、飲食まで幅広く1ヶ所で楽しめる手軽さとクオリティの高さもこのイベントの人気の理由のひとつなのだと感じさせられました。

ウルトラマンショーは映像を駆使した本格舞台 ©TSUBURAYA PRODUCTIONS

ウルトラマンショーもそうですが、実はこのイベントに出展する側もリピーターが多い。片道30時間かかるブラジルのイベントなのにです。アニソンライブに出演するとある方は、参加して10年になるとのこと。イベント以外にもサンパウロ郊外の小児科病院に訪問し、難病で入院している子どもたちに歌をプレゼントするといった活動もしているそうです。出展する側にとっても楽しくて癖になる、愛着をもてるイベントのようです。

物販の人気のワケ

会場にはマンガ、アニメ関連商品などの販売ブースが多くあり、いつも人でごった返していました。何人かにワケを聞いたところ、「ここで売っているものはまちがいなく『本物』なので、本物志向のアニメファンが、本物を買える少ないチャンスに殺到する」ということのようでした。主催者側も近年海賊版をイベントから完全に排除するなど意識改革を進めていて、ファンの間でも"ここに行けば本物が手に入る"という安心感が広まってきたようです。人気商品のひとつに抱き枕があり、「DAKIMAKURA」というポルトガル語で表記されていました。『HSS』ブースでも展示用のCDをどうしても売ってほしいと何回も言われました。

物販に殺到!!!

次ページ:
『Hop Step Sing!』をAnime Friendsでお披露目した理由

特集