>   >  イラスト制作に役立つBlender術 by CGSLAB
イラスト制作に役立つBlender術 by CGSLAB

イラスト制作に役立つBlender術 by CGSLAB

Blender2.80の目玉でもあるEeveeでのリアルタイムレンダリングやGrease Pencilと合わせて主に静止画向けのBlenderの便利TIPSを紹介していきます。リアルタイム性と3Dならではの機能に加え、2Dワークを3Dソフトで補強するなど、今後のイラストレーションで大きな効果を発揮できればと思います。

■関連記事はこちら
Blenderにまつわる疑問にCGSLABが答えます!

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 255(2019年11月号)の記事をベースに新たな情報を追加しています。

TEXT_ハヤシヒカル / Hikaru Hayashi(CGSLAB)
ILLUSTRATION_ PAN:D
EDIT_沼倉有人 / Arihito Numakura(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada
©: 2019 CGSLAB, PAN:D All Rights Reserved.

CGSLAB LLC.
テクスチャスキャナの作成 / スキャン。3Dスキャナ、フォトグラメトリー等を用いた3Dスキャニングなどのサービス、研究開発をしています。
site.cgslab.info

  • PAN:D
    現在ゲームイラスト、表紙イラスト、キャラクターデザイン等関係のお仕事を募集しています。
    panko3.tumblr.com

<1>Grease Pencilを使ったポリゴンモデリングを使わないモデリングとレイアウト

STEP 1

Blender 2.8では旧来からあった3次元上かつフレーム単位でドローイングが可能な「Grease Pencil(グリースペンシル)」が大幅に強化されました。このGrease Pencilでは非常に書き味も良く一般的なペインティングソフトとも遜色がなくラインをストロークすることもできます。今回は最近リリースされたAddon「quickDRAW」と組み合わせて簡単な環境を即席でつくるTIPSを紹介します。ここで伝えたいことは、ポリゴンモデリングをしないでも、ある程度複雑なオブジェクトが制作できることです。せっかく3Dを使って効率化したいなと思っていても、ちょっと複雑な形状をつくろうと思うと、相応のモデリングスキルが必要になってきます。長期的に利用するならばモデリングするのはやぶさかではなくても、とりあえず立体感を出したいなどというときには、もっと手軽にできるならば使うけれども......と思うはず。それでは、実際にどれくらい簡単にできるかを試してみましょう。

quickDRAWは、Grease Pencilで変換やモデファイヤでできることを、より手軽に可能にする作業支援系のAddonです。quickDRAWを有効にした状態で、オブジェクトモードからWキーを押すと、Grease Pencilオブジェクトなどのをテンプレート作成してくれます。Grease Pencilオブジェクトは作成した後にドローモードに切り替えなければいけないので、そこまで代行してくれるのは嬉しい点です。

quickDRAWは、BlendermarketでUS$10で販売されている有料Addonです
blendermarket.com/products/quickdraw

STEP 2

ストロークを描いていきます。【画像左】のようにラフにストロークで囲いショートカットCtrl+Dでで、その範囲を厚みのあるメッシュに変換してくれます。【画像右】のように、非常にラフな形でも問題なくメッシングしてくれています。また細かい調整は作成後に3Dビューポートの左下に出るプロパティから厚みや、形状のシンプル化などが可能になっています。特にストロークのポイント数が断面のポリゴン数にそのままなりますので、不要に分割数が増えていきます。そのためSimplify(単純化)は適宜利用しください。

STEP 3

今回は簡単な飾り棚を作成してみたいと思います。先ほど描いたベースの中にそれらしい切り抜きたい形をまたストロークします。変換した後は、オブジェクトモードであれば再度Wキーをクリックすることで新たなGrease Pencilオブジェクトを含んだテンプレート一式が作成されるので積極的に使っていきましょう。

STEP 4

図のようにストロークしました。囲われていない線分は無視されるため気持ち手前からラインを引きます。切り抜く場合は、ストローク後にショートカット[Ctrl+Shift+D]、ブーリアンの引き算設定がされた状態でメッシングが行われます。このようにイチからモデリングするには手間がかかる形状も簡単に作成できます。メッシュとしては汚いですが、形状やライティングを見る分には問題ありません。



STEP 5

<
  • 作成したオブジェクトを選択してモデファイアを確認すると、右図のようにベベルや厚み付けといったモデファイアが一覧できます。実際にはメッシュラインに変換し、これらのモデファイアを当てることで同様のことはquickDRAWを利用しなくても可能です。ですが、ワンオブジェクトごとにこれらのモデファイアを割り当てていくのは相応に手間がかかるので、quickDRAWで効率化を図るのが良いと思います。


STEP 6

またストロークを引いた後にショートカットVキーを実行すると、ストロークを即座にパイプ化してくれます。これも手書きによる微妙な歪みが生まれることで自然な雰囲気を得ることが可能になります。

STEP 7

単純に一本線をストロークしてパイプ化するだけでも直線すぎない木の柱などが作ることができましたので、先のそれらを組み合わせて図のような壁を作ってみました。quickDRAWでパイプ化した(この場合は柱)はカーブオブジェクトの状態なので、選択してメニューバーから[オブジェクト→変換→カーブ/メタ/サーフェイス/テキストからメッシュ]を実行して一度メッシュ化します。また、先に紹介したようにquickDRAWで作成したオブジェクトはモデファイアの組み合わせで作成されているため、全てに適用した上で全選択してショートカットCtrl+Jでワンオブジェクトに統合しておくと扱いやすいと思います。

STEP 8

最後に原点を柱の部分に設定しておき、配列モデファイアで複製を行い、キューブとシリンダを組み合わせて長机と長椅子を作成して配置しました。

あとは壁際と天井付近にライトを作成してEeveeのレンダリングで確認できるビューポートシェーディングに切り替えていくつかのアングルを見てみました【上の2画像】。このように、ポリゴンモデリングを行わなくても気軽にちょっとした形状をつくり、ライティングやアングル確認用のアタリに使うといったことが、Grease Pencilの拡張によって簡単に行えるようになりました。

次ページ:
<2>透過画像読み込みのコツ

特集