>   >  アイドル18人のライブ後のオフショット! 『劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEキングダム』CGWORLD vol.256表紙グラフィックの舞台裏
アイドル18人のライブ後のオフショット! 『劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEキングダム』CGWORLD vol.256表紙グラフィックの舞台裏

アイドル18人のライブ後のオフショット! 『劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEキングダム』CGWORLD vol.256表紙グラフィックの舞台裏

昨年6月に公開され、興行収入18億円を超える大ヒットとなり現在もなお一部劇場で上映が続いている『劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEキングダム』。CGWORLD vol.256(2019年12月号)では第1特集「今気になる、男性アイドル」にて16ページにわたりメイキングを紹介。本誌のためだけに制作された表紙グラフィックも話題を呼んだ。本稿では、18人のアイドルが一堂に会した表紙グラフィック制作の裏側を紹介する。

TEXT_石井勇夫 / Isao Ishii(ねぎぞうデザイン)
EDIT_小村仁美 / Hitomi Komura(CGWORLD)
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota

  • 『劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEキングダム』
    Blu-ray&DVD発売中!

    初回限定版:8,500円+税
    通常版:6,500円+税
    utapri-movie.com
    ©UTA☆PRI-MOVIE PROJECT

18人の個性を意識した配置とポージング

CGWORLD vol.256の表紙を飾った、18人のアイドルが一堂に勢ぞろいした完全オリジナルのフルCGグラフィック。同作の魅力の根源であるアイドルたちがそれぞれに個性あふれる笑顔で集まったボリューム満点の豪華カットだ。

このグラフィックを制作したのは、本編でCGディレクターを務めた中島 宏氏(A-1 Pictures)とキャラクターモデリングスーパーバイザーを務めた宮嶋克佳氏。本作の版権グラフィック制作としては、劇場で販売されたコラボフードのパッケージおよび特典クリアファイルを含めると2度目のタッグになるという。

写真左から 宮嶋克佳氏、中島 宏氏

大まかな制作の流れとしては、ラフでキャラクターの配置を固めたのち、中島氏が3ds Max上でレイアウトを行い、After Effectsで撮影処理を加えてレンダリング。その後宮嶋氏のポージング監修とPhotoshopでのレタッチを経て完成にいたった。制作期間としてはラフの制作に約2日、ポーズの決定に5〜6日、レタッチに約3日と、トータルでみると半月ほどとのこと。

「本編でのライブが終わった後のオフショットのイメージです。元々、本編ではなかなか出せない彼らの素の部分を出したいと思っていました」と中島氏は語る。本編のライブシーンでは見ることのできない、リラックスした素の笑顔が印象的だ。

  • 中島 宏/Hiroshi Nakajima
    CGディレクター
    A-1 Pictures

    a1p.jp

本編では、『うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE』シリーズに登場するアイドルグループであるST☆RISH、QUARTET NIGHT、HE★VENSそれぞれのパフォーマンスだけでなく、3グループのメンバーをシャッフルしたスペシャルユニットも登場する。今回の表紙では全員がそのスペシャルユニットの衣装をまとい、ユニットごとに並んでいる。本編のキービジュアルではこれらの衣装は登場していないため、この機会に出したかったという。ポーズや小道具にも、本編のパフォーマンスや楽曲の要素が反映されている。

「18人を同時にレイアウトしていくのは大変でしたが、アドリブ要素が強いのでやっていて楽しかったですね。それぞれのキャラクター性を意識しながら作りました。CGWORLDの表紙を飾ることができたのも、嬉しいです」(中島氏)。

ポーズの監修とレタッチを担当した宮嶋氏は「今回はCGWORLDの表紙でもあることですし、極力CGを活かす方向で、レタッチは最低限にするよう心がけました」とふり返る。レタッチ工程では主に顔に落ちる影と手の形の修正を行い、それ以外の部分はあまりレタッチしなかったという。「ポージング監修という立場ですと、プロジェクトから抜けるのが早いので、完成したものを見る頃には離れてからかなり時間が経っていることが多いのですが、今回このような機会をいただいて、『マジLOVEキングダム』の集大成と言う気持ちで取り組むことができてとても満足しています。それに、創刊号から読んでいるCGWORLDの表紙を飾れるのは嬉しいですね」と制作後の感想を語ってくれた。それでは、次項から制作の工程を詳しくみていこう。

  • 宮嶋克佳/Katsuyoshi Miyajima
    キャラクターモデリングスーパーバイザー

    Twitter:@Miyaziman

Topic 1:制作のながれ

作業の工程としては、中島氏がラフを作成し3ds Maxで配置、宮嶋氏のポージング監修を受けた後AEで撮影処理を施し、宮嶋氏がPhotoshopでレタッチ。さらにそれを中島氏がAEに読み込み、逆光などのフィルタ処理を入れて仕上げている。18人のアイドルたちは1人ずつレイヤーに分けてレンダリングしており、手を絡ませたり肩を組んだりしているところは、さらに素材を分けている。

実のところ、配置よりもポーズを考えることの方が大変だったという。本編では歌の振り付けやユニットの決めポーズなどで同じポーズを取ることが多いため、18人がこれほどバラエティに富んだポーズを取ることは少ないのだそうだ。

表情のバリエーションも苦労した点だった。「できるだけ全員ちがうテイストの笑顔にしました。同じような表情だけど、首を曲げたり目線を変えたりと工夫しました」と中島氏。例えば同じ歯を見せる笑いでも、瑛一と大和ではそれぞれちがうキャラクター性を出すようにしているとのこと。

鳳 瑛一(左)、日向大和(右)

監修をした宮嶋氏は「キャラクターデザインの藤岡真紀さんが、毎回版権イラストで全て異なるポーズを描かれているのが本当にすごいと思います」と改めて作画へのリスペクトが増したという。ポーズをつけた中島氏も「作画スタッフの皆さんは引き出しが広いなと感心します。普段から色々と研究されているんでしょうね」とうなずいた。両氏とも、藤岡氏の作画は大いに参考になったという。

●ラフ

レイアウト前の打ち合わせ時に作成したアングルとアイドルの配置イメージ。構図はラフと完成グラフィックの間で大きく変わっていないことがわかる。「いろんな案が出ましたが、18人を均等に見せやすいアングルにしました」と中島氏。まず音也の位置を中心にして、その両脇に各グループの中心的キャラクターである嶺二と瑛一を配置。その後、スペシャルユニットごとにまとめていったそうだ。その際、同じグループのメンバーがなるべく隣り合わないように配慮している

●配置〜撮影処理

左:3ds Maxでアイドルを配置している様子/右:After Effectsでの撮影処理の作業画面。3ds Maxの作業画面は、リグを表示させるとものすごい密度になっているのがわかる

●レタッチから完成まで

  • キャラクターのレタッチ前(左上)、レタッチ後(右上)、AEでフィルタ処理を加えた最終ルック(左下)。ぜひ各画像をブラウザの別画面で開き、切り替えて見ていただきたい。レタッチ前後の大きな違いは、髪の表現や顔への落ち影の形状、線の強さなどだ。極力、3DCGのタッチを残しつつ、情報量を増やしすぎないように注意しながらレタッチをしていったという。最終ルックは、AEで床から受ける逆光のフィルタをかけて、さらにリッチな印象になっている

背景の処理前(左)、最終ルック(右)。背景は本編に登場するステージだ。ロゴ全体の発光感と色味の調整をして仕上げ、グリッドのサイズも本編より少し小さくしている

キャラクターと背景を合わせた完成画像(左)。本誌表紙(右)では文字要素で隠れてしまった瑛一のHE★VENSのハンドサインと蘭丸のロックポーズもはっきりと見える

次ページ:
Topic 2:ユニット別にみる、ポージング監修&レタッチ

特集