>   >  欧米文化を織り交ぜて現代にアレンジ『聖闘士星矢: Knights of the Zodiac』
欧米文化を織り交ぜて現代にアレンジ『聖闘士星矢: Knights of the Zodiac』

欧米文化を織り交ぜて現代にアレンジ『聖闘士星矢: Knights of the Zodiac』

2019年7月よりNetflixで全世界に向けて配信されているオリジナルアニメシリーズ『聖闘士星矢: Knights of the Zodiac』。すでに第6話までが公開されていた本作だが、1月23日(木)に新たに6話が公開された。北米を中心に全世界の視聴者に向けて制作された本作は、80年代に放送されたTVアニメ『聖闘士星矢』の雰囲気を残しつつ、欧米文化を取り込み現代にアレンジされたハイブリッドな仕上がりとなっている。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 259(2020年03月号)からの転載となります。

TEXT_大河原 浩一(ビットプランクス
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota
EDIT_三村ゆにこ(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada
©Masami Kurumada / Toei Animation

  • Netflixオリジナルアニメシリーズ『聖闘士星矢:Knights of the Zodiac』
    シーズン1 パート2(全6話)、2020年1月23日(木)より全世界一挙独占配信!
    原作: 車田正美、監督: 芦野芳晴、Story Editor:Eugene Son、キャラクターデザイン:西位輝実、聖衣デザイン:岡崎能士、音楽: 池 頼広、CGディレクター:鄭 載薫/森田信廣
    www.saintseiya-kotz.com

全世界の子どもたちのために。英語収録によるプレスコに挑戦

2019年7月からNetflixで全世界公開されている、オリジナルアニメシリーズ『聖闘士星矢:Knights of the Zodiac』。当初は6話まで公開されていたが、今年1月23日(木)にさらに6話(7~12話)が公開された。本作は車田正美氏原作の漫画『聖闘士星矢』をベースとしたフル3DCGアニメーションによるリメイク作品だ。

(左から)直宮秀樹氏、小園悠二氏、鄭 載薫氏、大江嵐丸氏、渡邊亮太氏、林 文子氏、小泉正行氏、芦野健太郎氏、黒田誠一氏、松浦義孝氏、中谷純也氏、野島淳志氏、森田信廣氏

注目すべき特徴は、プレスコ(アニメーションの制作より前に音声の収録をする方法)を採用している点。オリジナル音声は英語で収録されており、日本での公開には日本語吹き替えが行われているという「逆輸入」的な仕様となっている。「本作のメインターゲットは全世界の子どもたちです。そのため、オリジナルの言語は英語とし、全世界同時配信が可能なNetflixを配信プラットフォームとして選択しました」とアニメーションプロデューサーの野島淳志氏は話す。「英語圏の視聴者は吹き替えに慣れていないため、英語のリップシンクに日本語をあてるという手法を採用しました。作品のルックについても、英語のセリフに日本のセル調のルックというのは違和感があるため、北米では一般的な3D調のルックを採用することに。とはいえ、リアルすぎるのも原作のイメージから乖離してしまい線引きが難しく、落としどころをかなり追求しました」と野島氏。過去に制作した映画『聖闘士星矢 Legend of Sanctuary』(2014)ではセミリアルな仕上がりだったが、本作では作画の荒木伸吾氏や車田氏による原作の雰囲気がにじみ出るルックに落とし込んだ。当初は、全編フル3Dアニメーションによるシリーズ編成の作品ということや、英語によるリップシンクといった「東映アニメーションにとって初めての試み」が多く、制作が困難になることが予想されたという。しかし結果的に、同社スタッフの制作意欲をかきたてる挑戦的な作品となったと野島氏は話す。

<1>制作カロリーを抑えるためのプリプロ&プロダクション

欧米との「文化的ギャップ」に折り合いをつけるための試行錯誤

本作では、鄭 載薫氏と森田信廣氏がCGスーパーバイザー(以下、CGSV)として参加し、森田氏がプリプロを担当し、鄭氏がプロダクションパートを主に担当している。森田氏はシナリオ制作の段階から会議に参加し、スケジュールやコスト的に難しい演出を抑えつつ準備を進めた。「シナリオの制作も北米のスタッフが担当していたので、アクションが大作映画のような派手な演出になりがちでした。CGSVがシナリオ会議に参加することで、制作カロリー(コスト)をある程度コントロールできました」と森田氏。プリプロで最も時間をかけたのはキャラクター造形だ。「本作は劇場版とちがい、様々な制約がある中でキャラクターの造形をしなければならず少し大変でした。シリーズもので3Dルックのキャラクターを使ったフル3DCG作品を作成するには、作業のカロリー調整が非常に難しい。特に、髪の毛の造形は制作カロリーを上げてしまうため、髪の毛のボリュームを抑え、硬い質感の短髪にしました」と鄭氏。

そのほか、原作のイメージをなるべく崩さず、かつ北米のマーケットでも通用するデザインが求められたため、かなりの時間をかけて調整。紆余曲折の末に最終的な造形に落ち着いた。森田氏は「原作では主人公・星矢は13歳という設定ですが、北米では年齢に対する感覚がちがうこともあり、年齢を少し上げた雰囲気にしています。また、目が大きいためバランスがとりづらく、少しリアル系でもあるので、鼻の穴を付けたり鼻筋の表現だったりと、3D調でありながら原作の雰囲気をどこまで再現するか、非常に時間がかかりました」と話す。本作の特徴でもあるプレスコされた英語のセリフに合わせてリップシンクを作成するという手法も、同社にとって初の試みであった。「英語圏ではリップシンクに非常にシビアで、日本語のリップシンクにアフレコで英語をあててしまうと違和感が出てしまうんです」(鄭氏)。そこで、プレスコした音声に合わせて自動的にキャラクターのリップがアニメーションされるツール「Xシート」を開発。しかし、英語は日本語に比べてリップの動きのパターンが多く、そのままでは早口になってしまったり表情が大きくなってしまったため、アニメーターが随時手を入れて修正することで対応した。「フェイシャルキャプチャの使用も考えましたが、プレスコが行われたのは北米にあるスタジオだったこともあり、スケジュール的に不採用となりました」と鄭氏はふり返る。このほかにも、キャラクターアセットの基本構造を揃えて効率化するなど、シリーズ作品をつくるための工夫が随所になされているという。

CGSV:プリプロダクション



  • キャラクターデザインの西位輝実氏によるデザイン画。80年代に放送されたTVアニメ『聖闘士星矢』のキャラデザインを目指した



  • 【左画像】を基に制作したモック。目の部分はまだテクスチャの状態だが、立体的な整合性はとれている



  • 【モック】を基にしたモデリングのファーストテイク。デザイン画に則っているためまだ鼻の穴がない状態。ここから細かい調整が続く



  • ファイナル画像。作品で実際に使用されたモデル

西位氏が作成した星矢の表情集

【表情集】を基にした、表情のモデリングテスト。アニメ的な表現ができるかのテストも兼ねている

CGSV:プロダクション

発音記号に対する口の形状パターン表「mouthChart」

プレスコのセリフから作成した口パク指示シート「Xシート」の一部

「mouthChart」と「Xシート」、そして編集時のEDLから口パクを設定するツールのUI

次ページ:
<2>『聖闘士星矢らしさ』を追求したアセット

特集