>   >  国内CG制作環境の定点調査 CGプロダクション制作環境一斉調査2020
国内CG制作環境の定点調査 CGプロダクション制作環境一斉調査2020

国内CG制作環境の定点調査 CGプロダクション制作環境一斉調査2020

[PR]

国内企業が使用するPCのスペックと価格帯、PCパーツの選定基準について、前年度にひき続きマウスコンピューターの協力の下、4度目の一斉調査を実施した。国内の主要CGプロダクションやゲーム開発会社がどんなスペックで業務を行なっているのか。その動向を知るのと同時に、社内環境のアップグレードの参考にしていただければ幸いだ。

TEXT _神山大輝(NINE GATES STUDIO)

アンケート実施概要
調査対象:「CGプロダクション年鑑 2020」掲載企業296社
調査期間:2020年6月25日(木)~7月8日(水)
調査方法:Webアンケート
回答社数:117社

過去実施調査記事
2019 年度版 制作環境一斉調査
2018 年度版 制作環境一斉調査
2017年度版 制作環境一斉調査

※アンケートの構成比は、小数点以下を四捨五入しているため、 合計しても100%にならない場合があります。

【参考:1】CG年鑑2020年度版掲載企業 従業員規模・業務ジャンル比率

従業員規模

30名以下の企業が過半数を占める一方、101名以上の企業も17%存在しており、個人クリエイターや小規模なスタジオから大規模なスタジオまで、幅広い規模の企業がまんべんなく存在していることがわかる。

業務ジャンル

ゲームを筆頭に、映画、アニメ、TVCMと上位の顔ぶれにはさほど変動がないが、昨年度と比較すると特にゲーム、VRが10%近い伸びをみせている。またその他が67%と、ここには分類しきれないジャンルも多数存在するようだ。

【参考:2】CG年鑑掲載企業 制作ツールの推移(2018~2020)

統合型3DCGツール使用比率(2018~2020年度)

Mayaと3ds Maxの圧倒的な使用率の高さは例年と変わらない。一方、HoudiniとBlenderの使用率はまだ上位2製品と比較すると低位ながらも、年々明確に上昇傾向にあるようだ。

レンダラー使用比率(2018~2020年度)

最も使用されているのはV-Rayで、次いでmental ray、Arnoldという順位になる。上位二種にはまだ及ばないものの、Arnoldが近年その使用率を高く伸ばしている点には注目。

3Dペイントツール使用比率(2018~2020年度)

上位からSubstance Painter、Substance Designer、Foundry Mariという順位は例年と変わらないが、上位二種はこの二年間で大きく使用率が伸びている。

ゲームエンジン使用比率(2018~2020年度)

Unity、Unreal Engineともに、年々その利用率を着実に伸ばしている。今後、ゲームエンジンのさらなる需要の高まりが予想される。

進行管理ツール使用比率(2018~2020年度)

Shotgun、ftrackともに年々使用率が上昇しており、進行管理がより重視されていく風潮を反映した結果と思われる。

※各ツールの使用比率はCGプロダクション年鑑2018~2020年の各年度で掲載している全企業のうち、各ツールを使用していると回答したと企業の比率を示したものである。ライセンス数とは関係ないので注意してもらいたい
掲載企業数は2018年度:313社、2019年度:335社、2020年度:296社

国内CGスタジオのPC構成を明らかにする一斉調査

マウスコンピューターの協力で、年に1回の一斉調査を行う本企画も今年で4回目を迎えた。今年度は「CGプロダクション年鑑 2020」掲載企業にWebアンケートを行い、117社の回答を得た。搭載するCPUやGPUなど主要パーツの傾向や購入価格帯、ストレージ容量にいたるまでをつまびらかにする本企画のアンケート結果から業界の動向を探ると共に、制作環境の変化について読み解いていく。例年と比較して変化がみられたのは、GPUの重要性が高まりNVIDIA GeForce RTX 2080シリーズがシェアを大きく伸ばしている点だ。また、CPUの主流もインテル Core i7からCore i9へと移り変わるなど、全体的にメインストリームがアップグレードしつつある。背景にあるのはGPUレンダリングやゲームエンジンの台頭だけでなく、「作業を効率化したい」というビューポートの滑らかさへの欲求だ。早速アンケート結果をみていこう。

Q1:現在、最も多く使用しているPCについてお聞きします。価格帯(税込)は?

PC購入価格に関しては、41%と最も多くを占めたのが20万円以上30万円未満、次点で26%の30万円以上50万円未満となっている。2019年度と比較しても主要価格帯の順位に変動がない一方で、90万円以上のハイエンドPCが全体の1%から4%へと増加した点が興味深い。ツール側が日進月歩で発展するなか、ハイエンドなコンテンツ制作現場では高価格帯のPCが威力を発揮するシーンが増えつつある印象だ。

Q2:購入時に、重視した構成部品は?

[最も重視]

[2番目に重視]

[3番目に重視]

今年度も「CPU」、「メモリ」、「GPU」の3つが重視される結果となったが、その内訳は変化がみられる。「最も重要なパーツ」としてグラフィックスボードを挙げた会社は昨年度27%だったのに対し、今年は35%と純増。背景にはGPUレンダリングやゲームエンジンによるリアルタイムCGの一般化が挙げられる。一方、I/O系の速度面で重要なストレージは現在も意識されにくい傾向にある。

Q3:CPUは?

2018、2019とトップシェアだったインテル Core i7シリーズが68%→62%→48%と減少し、インテル Xeonも若干減。代わりにインテル Core i9シリーズがシェアを2倍以上に伸ばしている。発売当初は高単価の部類だったCore i9も、この2年で値段と性能のバランスが良く導入しやすいCPUへと変化した。AMD Ryzenシリーズも少しずつ増加傾向にあるが、法人向けPCではまだ採用事例は少ない。

Q4:メモリは?

この1年で大きく変化したのはメモリ積載量だ。従来のボリュームゾーンであった32GBは減少し、代わりに増加した64GBが同率トップとなっている。この背景にはメモリの低価格化が挙げられる。複数アプリケーションの使用時、わかりやすく恩恵を感じることのできるメモリは64GBがひとつの目安となりつつある。

Q5:ストレージ(システムドライブ)の種類は?

HDDが26%から18%に減少し、その分をSATA SSD、NVMe SSDのシェアが増加している。HDDのみを搭載するPCは現在の市場にほぼ存在しないため、SSDへの置き換えが順調に進行しているかたちだ。SATA SSDよりもRead/Write速度が4倍程度となるNVMe SSDも、従来より価格的な部分で導入が容易になったことから、今後シェアがさらに伸びていくはずだ。

Q6:ストレージ(システムドライブ)の容量は?

ボリュームゾーンが512GB、1TBであることに変わりはないが、4TB以上のシェアが確実に増加している。3DCG制作現場で用いるアセットの高