>   >  累計75万部突破の人気童話「おばけずかん」をイワタナオミ監督がアニメ化
累計75万部突破の人気童話「おばけずかん」をイワタナオミ監督がアニメ化

累計75万部突破の人気童話「おばけずかん」をイワタナオミ監督がアニメ化

怖くて、笑えて、最後はホッとする、「こわいけど、おもしろい」おばけの童話シリーズ「おばけずかん」が、1話2分(OP除く)のTVアニメシリーズとなり、テレビ東京系列の『おはスタ』で放送中だ。After Effects(以下、AE)による2Dアニメーションと3DCGを組み合わせたアニメ『おばけずかん』の制作過程を、イワタナオミ監督ファンワークスのスタッフに語ってもらった。

※本記事は月刊『CGWORLD + digital video』vol. 265(2020年9月号)掲載の「TVアニメシリーズ『おばけずかん』累計75万部突破の人気童話をイワタナオミ監督がアニメ化」を再編集したものです。

TEXT_野澤 慧 / Satoshi Nozawa
EDIT_尾形美幸 / Miyuki Ogata(CGWORLD)
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota

▲【公式】アニメ『おばけずかん』第1話「もくもくれん」


  • ◀左から、プロデューサー・高山 晃氏(ファンワークス)、絵コンテ/演出/第3話・第7話ほか・松井久美氏(ファンワークス)、監督・イワタナオミ氏、制作進行・西山裕美氏(ファンワークス)、アシスタント・山田 裕季氏(ファンワークス)、アニメーション進行・難波佑季氏(ファンワークス)


キャラクターアニメ界の最強タッグ "イワタナオミ監督×ファンワークス"

子供たちからの絶大な人気を誇る童話「おばけずかん」をアニメ化した本作。制作を担うのはキャラクターアニメの大家ファンワークスだ。『やわらか戦車』に始まり、最近は『映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』『ざんねんないきもの事典』など、数多くの作品をヒットさせてきた。そんな同社に対し、『ソードアート・オンライン アリシゼーション』のプロデュースなどを手がけるEGG FIRMが本作の制作を打診。

それを受けたファンワークスの高山 晃氏(プロデューサー)は、イワタナオミ氏に監督をオファーしたという。イワタ氏といえば『GREGORY HORROR SHOW』、『ペコラ』、『ピングー in ザ・シティ』などを手がけてきた3DCGアニメーションの第一人者。ポップな色遣いと、個性的でかわいらしいキャラクターたちが生み出す独特の世界観が、アニメファンに留まらない多くの人々を魅了し続けてきた。そんなイワタ監督の創作活動の出発点は、実は絵本だったというから、本作との相性は言うまでもない。イワタ作品を初期から追いかけてきた高山氏は「最初から、本作の監督はイワタさん以外ありえないと確信していました。イワタさんが受けてくれるなら、当社でやれる、むしろやりたいと思っていました」と語った。イワタ監督としても、数多くのキャラクター(おばけ)が登場する原作にとても魅力を感じたため、トントン拍子に企画が進行したという。

▲アニメ『おばけずかん』の作中カット。【左】の「おばけずかん」は3DCGアニメーション、【右】のおばけ(第7話に登場するノーマン・バス)は2Dアニメーションで表現されている。本記事の後半では、これらのカットのメイキングを紹介する


企画を練り上げる中で、原作のおばけのデザインをイワタ監督がアレンジして再構築すること、毎話新規のおばけを登場させること、2Dアニメーションを主軸としつつ3DCGも織り交ぜて制作することなどが決定。それに対応できるフットワークの軽い少数精鋭の制作チームが編成され、効率的な手法と柔軟なワークフローが構築された。以降では、具体的な制作の裏側を覗いていこう。

Topic 1:イワタ版『おばけずかん』ができるまで 〜デザイン〜

前述の通り、本作のアニメーション制作は17名ほどの少数精鋭が担っている。キャラクターデザインはイワタ監督、シリーズ構成・脚本は『ピングー in ザ・シティ』の脚本も手がけた田辺茂範氏、美術監督は白佐木和馬氏が担当。さらに美術 1名、絵コンテ/演出 5名、作画 2名、3DCG 1名、2Dアニメーター 5名が脇を固める。制作進行の西山裕美氏らを加えても20名程度という少なさだが、「力のあるスタッフが揃っているので心強い」とイワタ監督は語った。

童話をTVアニメにするためオリジナルの主人公を提案

本作用の設定は2019年の夏頃から検討が始まり、TVアニメシリーズとして成立させるため、ヒロシというオリジナルの主人公を立てるというアイデアをイワタ監督が提案した。ヒロシは小学生の男の子で、帽子の姿をした化け猫のボーニャンをかぶっている。さらに「おばけずかん」を投影するスマホとして、プロップのバケホもデザインされ、ヒロシはバケホを操作して、出会ったおばけを「おばけずかん」に記録していくというストーリーが考え出された。これらのアイデアは原作者や製作委員会にもすんなり受け入れられ、10月以降は前述のスタッフを集めつつ、キャラクター・美術・ストーリーなどの細部を詰めていったという。

TVアニメシリーズを支える、オリジナルキャラクターや美術

▲ヒロシとボーニャンのデザイン決定稿


▲バケホのデザイン決定稿


▲イワタ監督によるヒロシの部屋のイメージ。最終的にはさらに明度が抑えられ、キャラクターの誘目性が高められた。本作の美術はイワタ監督のイメージを基に制作されており、輪郭線を描かないフラットなデザインで、ライトなトーンが選択された。ビビッドなトーンのキャラクターとのコントラストが明確で、キャラクターに視線が集まる設計となっている

原作のおばけのもち味を、ポップでかわいらしいデザインへとアレンジ

宮本えつよし氏による原作のおばけをアレンジするにあたり、イワタ監督は「ガラッと変えるのではなく、宮本先生の味のある絵をポップ寄りのテイストに置き直すことを意識しました」と語った。キャラクターとして成立していることを重視しつつ、量産に耐えられるか、動かしやすいかといった部分も考慮したという。例えば、途中段階では太さが変化するラインの使用も検討されたが、最終的には量産が容易な均等な太さのラインが選択された。なお、本作では美術の方向性もイワタ監督が提示している。西山氏は「本作のキャラクターと美術はまったくちがうテイストなのに、合わせるとしっかり調和します」と、そのすごさを語った。

▲【左】原作の「よなかなまず」©斉藤洋・宮本えつよし/講談社/【右】イワタ監督によるラフ


▲ライン・デザイン・配色を試行錯誤している


▲本作用のデザイン決定稿。モブも含め、本作のキャラクターは全てイワタ監督がデザインしている。先に紹介した試行錯誤段階では太さが変化するラインも使われているが、量産や動かしやすさの点で不安があったため、上の決定稿では均等な太さのラインに変更された


▲ 【左】原作の「じんめんかぶとむし」©斉藤洋・宮本えつよし/講談社/【右】本作用のデザイン決定稿


▲ 【左】原作の「れいぞうばばあ」©斉藤洋・宮本えつよし/講談社/【右】本作用のデザイン決定稿。「じんめんかぶとむし」と「れいぞうばばあ」は比較的大胆なアレンジが加えられており、よりポップでかわいらしいデザインになっているが、原作のもち味は維持されている


©斉藤洋・宮本えつよし・講談社/「おばけずかん」製作委員会 

次ページ:
Topic 2:イワタ版『おばけずかん』ができるまで 〜カット制作〜

特集