>   >  「グラブルフェス Special Character Live」その進化をたどる ーステージ演出 ヴィーラ&ナルメア篇ー
「グラブルフェス Special Character Live」その進化をたどる ーステージ演出 ヴィーラ&ナルメア篇ー

「グラブルフェス Special Character Live」その進化をたどる ーステージ演出 ヴィーラ&ナルメア篇ー

スマホ向けゲーム『グランブルーファンタジー』(以下、『グラブル』)のキャラクターと現実世界で会えるライブとしてグラブルフェス2018で初披露されたSpecial Character Live。2020年はコロナ禍によりオンライン開催となったものの、過去2回の経験を活かしファンの期待をはるかに上回る映像が配信された。『CGWORLD + digital video』vol. 273では、そのこだわりを、ステージ演出・3DCG技術の両面から大特集した。CGWORLD.jpでは42ページ(扉除く)の特集の中から、冒頭6ページを全3回に分けて転載する。

関連記事
「グラブルフェス Special Character Live」その進化をたどる ー沿革篇ー
「グラブルフェス Special Character Live」その進化をたどる ーステージ演出 四騎士篇ー

※本記事は、月刊『CGWORLD + digital video』vol. 273(2021年5月号)掲載の特集「グラブルフェス Special Character Live」その進化をたどる、を一部抜粋・再編集したものです。

INTERVIEW_神山大輝、田端秀輝、日詰明嘉
TEXT_日詰明嘉 / Akiyoshi Hizume
EDIT_尾形美幸 / Miyuki Ogata(CGWORLD)



▲グラブルフェス2018 Special Character Live ライブ配信(映像の開始位置を『アナザースカイ』に合わせてあります)


▲グラブルフェス2019 Special Character Live ライブ配信(映像の開始位置を『アナザースカイ』に合わせてあります)

有象無象を払えば いつかは近づけるの?

優雅なステップを踏みながら、ミドルテンポの楽曲を歌う城砦都市アルビオンの現領主・ヴィーラ。彼女のステージ演出も同曲のMVが指針となっており、イメージカラーの緑を反映した照明やエフェクトが多用されている。


2019年のバージョンアップで強いインパクトを残したのが、Cメロのストリングスとコーラスで楽曲が最高潮に盛り上がる中で展開される、星晶獣シュヴァリエの召喚シーンだ。このときのメロディは『グラブル』でのシュヴァリエとの戦闘時にもながれるもので、シュヴァリエとヴィーラのレイアウトはMVに寄せたものになっている。いずれも、ファンの記憶とリンクさせた印象的な演出と言える。シュヴァリエを背負い、手を広げてゆっくりと歩く姿は風格さえ感じさせる。

▲MV『アナザースカイ』より


一方、彼女は姉のような存在のカタリナに強烈な執着を見せており、その"闇属性"が醸し出すギャップも人気のひとつだ。MCパートでこのネタを展開することは、もはや毎年の恒例となっている。

周囲にビットを飛ばし、シュヴァリエを召喚するCメロ演出

2019年のバージョンアップで追加された、Cメロのシュヴァリエ召喚シーン。赤色のステージライトをバックに、自身の周囲に4つのビットを飛ばした後、拡散した力を結集して紋章を出現させる。紋章の前に光り輝くシュヴァリエがゆっくりと姿を現し、それを背にしたヴィーラがステージ手前へと歩を進める。このシーン、2018年はカメラがヴィーラをクローズアップで映していたが、2019年は正面のロングショットからゆっくりとズームアウトし、ヴィーラがシュヴァリエを背負っているようなレイアウトになる。わずか15秒ほどのシーンだが、ファンの目にはMVのイラストを現実世界で再現したかのように映っただろう。


© Cygames, Inc.

次ページ:
ナルメア『泡沫夢幻・胡蝶刃』

特集