>   >  キャラクター造型のベテランが生み出す繊細でかわいらしい和装フィギュア『巴マミ 舞妓Ver. / 美樹さやか 舞妓Ver.(1/8スケールフィギュア)』
キャラクター造型のベテランが生み出す繊細でかわいらしい和装フィギュア『巴マミ 舞妓Ver. / 美樹さやか 舞妓Ver.(1/8スケールフィギュア)』

キャラクター造型のベテランが生み出す繊細でかわいらしい和装フィギュア『巴マミ 舞妓Ver. / 美樹さやか 舞妓Ver.(1/8スケールフィギュア)』

大ヒット作『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語』(2013)より、5人の魔法少女たちの和装姿をフィギュア化した本シリーズ。今回はそのうち、「巴マミ」「美樹さやか」を紹介。原型を手がけたのはモデリングディレクターとして知られる宮嶋克佳氏だ。

※本記事は、月刊「CGWORLD + digital video」vol. 209(2016年1月号)からの転載記事になります。

■造型のプロたちの 強力タッグによる作品制作

ここでは『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語』のキャラクター、巴マミと美樹さやかの和装バージョンのフィギュアにおけるデジタル造形のテクニックを紹介する。この和装バージョンのデザインは、2013年に開催された「京都国際マンガ・アニメフェア(京まふ)」で発表された『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語』のキャラクターに和装を施したイラストを基に、アニプレックスの通販サイトでの販売を目的にストロンガーの小田ツヨシ氏とフリーランスモデラーの宮嶋克佳氏のタッグによって制作されたフィギュアだ。

小田氏はグッドスマイルカンパニーで原型制作や企画などを手がけた後、2014年2月にストロンガーを起業。主にフィギュアの企画から製品化までを含めたプロデュースを行なっている。一方の宮嶋氏はスクウェア・エニックス ヴィジュアルワークスを経た後、アニメ作品やゲームなどのアニメルックCGを中心とした映像制作を手がけながら、フィギュアのデジタル原型制作を行なっている。小田氏と宮嶋氏は小田氏が独立する前からの付き合いで、これまでに8体のフィギュア作品の原型制作を共に手がけているという。制作については、まず小田氏が制作するフィギュアの基本となるデザインを宮嶋氏に提示し、宮嶋氏が3Dプリントできる原型までモデリング、その後そのデータを小田氏の方で出力し、磨き処理を施して原型を完成させるというながれになっている。

■Tech01:京まふのイラストからフィギュアへ

フィギュアの制作は京まふで発表されたイラストと、フィギュアの参考用として描かれた後ろ姿のデザイン画を基に、宮嶋氏がLightWave 3D(以下、LW)でベースモデルを作成し、ポーズの監修の後にZBrushを使って着物のシワなどのディテールが加えられている。映像制作と併行して作業しているため、1体の完成までには2ヶ月ほどかかっているが、共通メッシュなどを活用することで、実質的な作業は3週間程度に抑えられているという。なお、宮嶋氏はこの2体の制作前に同シリーズの他キャラクターの監修も行なっているが、先行して発売した鹿目まどかや暁美ほむらを制作しているときには背面のデザイン画が用意されておらず、宮嶋氏はモデリングにあたり、和装の着付けの教科書やイラスト用の舞妓の資料などを購入し、参考にしながら造形や監修を進めていったという。

宮嶋氏はデジタル原型のモデリングにLWを使用する理由を「学生の頃から使っているため慣れているということもありますし、LWは直感的なポリゴンモデリングに向いているのでずっと愛用しています」と話す。モデリングはまずAスタンスを基本に作業を始め、LWでボーンを設定してポージングを行なっている。この段階で一度小田氏がポーズのチェックを行い、修正をくり返して、OKになったポーズでZBrushに読み込んで細かいディテールをつくり込んでいくのだという。

本作に登場するキャラクターは、特徴的な顔の輪郭をもった立体化の難しいキャラクターデザインであるため、かわいらしいイラストの雰囲気を壊さずにそのままモデリングするのはとても難しいと思われるが、モデリングする際のコツはどのようなものなのだろうか。「今回作成した巴マミなどは、以前にまどかを作っていることもあり、悩む部分は少なかったのですが、油断するとイラストに引っ張られてしまいます。そうすると頬が角張った感じになってしまうため、立体物として見たときには頭が大きく見えすぎてしまうので、イメージを壊さない程度に頬を削るなど、違和感を抑えられるギリギリの輪郭となるように心がけました」と宮嶋氏は話す。

■イラストと背面デザイン画

  • キャラクター造型のベテランが生み出す繊細でかわいらしい和装フィギュア
  • キャラクター造型のベテランが生み出す繊細でかわいらしい和装フィギュア

巴マミ<A>、美樹さやか<B>のイラストと背面のデザイン画。正面のイラストは京まふで公開されたイラストだが、背面のデザイン画はフィギュア化のための資料として特別に描かれたものだ。宮嶋氏はこれらの和装バージョンのフィギュア化のため、実際の着物の着付けがどのようになっているのかなどを検証するために、多くの着付けの書籍や、和装小物の現物を購入してデザインワークに活かしている。

■共通メッシュの活用

キャラクター造型のベテランが生み出す繊細でかわいらしい和装フィギュア

頭部と脚のパーツは、各キャラクターで共通のメッシュを使ってモデリングされている。ベースとなったメッシュは、シリーズのうち最初に制作・発売された鹿目まどかのメッシュが活用されている。図は左から鹿目まどか、巴マミ、美樹さやかの頭部メッシュ

■モデリングのながれ

  • キャラクター造型のベテランが生み出す繊細でかわいらしい和装フィギュア
  • キャラクター造型のベテランが生み出す繊細でかわいらしい和装フィギュア

『美樹さやか 舞妓Ver.』のモデリング作業のながれ。まずはLWによるモデリングだ。Aスタンスで基本形状をモデリングし<A>、ボーンを入れてイラストに合わせたポージングを行う<B>。

キャラクター造型のベテランが生み出す繊細でかわいらしい和装フィギュア

モデルに仕込まれたボーンを表示したものが<C>だ。

キャラクター造型のベテランが生み出す繊細でかわいらしい和装フィギュア

ポージングができたところで一度小田氏がチェックをして、そのフィードバックに応じた修正を施していく<D>。造形の方向性は、この段階で宮嶋氏も小田氏も共に完全に固まっているとのことだ。

  • キャラクター造型のベテランが生み出す繊細でかわいらしい和装フィギュア
  • キャラクター造型のベテランが生み出す繊細でかわいらしい和装フィギュア

LWでのモデリングの後はZBrushを使って着物のシワなどを作成するが<E>、シワをスカルプトしやすいようにLWでのモデリング時にポリゴンのトポロジーを碁盤の目状に調整を施している。<F>は頭部を中心にワイヤーフレームを表示したもの。ボディ部分はイラストに沿ってパーツの色を合わせている程度だが、顔に関しては雰囲気をつかむためにイラストに合わせたテクスチャがマッピングされている

▶次ページ:
「Tech02:着物のシワや指の表現のつくり込み」

特集