>   >  『SUSHI POLICE』にみる、"クリエイターがオリジナル作品をつくる"ということ。Vol.2:プリプロダクション
『SUSHI POLICE』にみる、"クリエイターがオリジナル作品をつくる"ということ。Vol.2:プリプロダクション

『SUSHI POLICE』にみる、"クリエイターがオリジナル作品をつくる"ということ。Vol.2:プリプロダクション

近年、3DCGプロダクションやデジタルアーティストが商業ベースのオリジナル企画にとりくむケースが増えてきた。そうしたなか福岡の雄、KOO-KIが、オリジナルの短編3DCGアニメーションシリーズ『SUSHI POLICE』を展開中だ。いわゆる受託制作とは似て非なる面をもつオリジナル作品の商業制作について、中核スタッフたちが率直に語るという本シリーズ企画。第2回は、木綿達史監督と河原幸治プロデューサーに、プリプロダクションとワークフローについて紹介してもらった。

<関連する記事>
『SUSHI POLICE』にみる、"クリエイターがオリジナル作品をつくる"ということ。Vol.1:企画&プロデュース

TEXT_村上 浩(夢幻PICTURES) / Hiroshi Murakami(MUGENPICTURES
EDIT_沼倉有人 / Arihito Numakura(CGWORLD)



『SUSHI POLICE』トレイラー
TOKYO MXにて毎週水曜日25:00から放送中!
Google Play™、Amazonプライムビデオほか各種ネット配信中(詳しくは公式サイトへ)
『SUSHI POLICE』第1話無料視聴キャンペーン実施中

監督:木綿達史/脚本:楠野一郎、安藤康太郎/企画:中沢敏明/プロデューサー:厨子健介、河原幸治/プロダクションマネージャー:中石賢悟/キャラクターデザイン:塗壁、イチノミヤモトヒロ、TOBI TOREBURUYA/美術:オカモト、河村翔太/音楽:稲岡 健、高木公知/編集:U2/制作:セディックインターナショナル、KOO-KI/製作:"SUSHI POLICE" Project Partners

© "SUSHI POLICE" Project Partners


<1>海外の人がイメージするステレオタイプな日本人像をデザインに込める

ーーキャラクターデザインはどのように進められたのでしょうか?

ーー木綿達史監督(以下、木綿):企画の段階から「ホンダ、スズキ、カワサキ」のメインキャラクター3名はドイツ人アーティストのトビくん(TOBI TOREBURUYA氏)にデザインを依頼することは決めていたので、眼鏡に七三ヘアーでスーツ姿といった外国人が思い描く典型的な日本人をコンセプトにやり取りを重ねていきました。ただ、トビくんが最初に描いてくれたキャラクターはインパクトがあり完成度も高かったのですが、海外の様式美というかアート過ぎるというか、僕が想い描いていたイメージとは少し異なっていたんですよね(下図)。

  • 短編シリーズ『SUSHI POLICE』第2回:プリプロダクション&ワークフロー
  • スシポリスの初期キャラデザ


ーー確かに、強烈な個性を放っていますね。

木綿:当初から海外展開を意識してはいましたが、欧米のスタイルに完全に合わせ込むというよりも日本のアニメや漫画のエッセンスを織り交ぜたデザインにしたいと思っていたので、こちらからもラフデザインを提示して方向性を擦り合わせていきました。最終的には僕のイメージを超える仕上がりで、国内だけでなく海外でも通用するようなキャラクターを生み出してくれましたね。

  • 短編シリーズ『SUSHI POLICE』第2回:プリプロダクション&ワークフロー
  • 短編シリーズ『SUSHI POLICE』第2回:プリプロダクション&ワークフロー

(左)TOBI氏のキャラクターデザインに対して木綿監督が作画した修正参考資料/(右)木綿監督の修正案を下に、TOBI氏が描き直した完成形のベースとなるデザイン画

  • 短編シリーズ『SUSHI POLICE』第2回:プリプロダクション&ワークフロー
  • 短編シリーズ『SUSHI POLICE』第2回:プリプロダクション&ワークフロー

デザイン画と同時進行で行われたホンダの試作モデル(モデリング:ビト氏(KOO-KI))

短編シリーズ『SUSHI POLICE』第2回:プリプロダクション&ワークフロー

ホンダの表情参考

  • 短編シリーズ『SUSHI POLICE』第2回:プリプロダクション&ワークフロー
  • 短編シリーズ『SUSHI POLICE』第2回:プリプロダクション&ワークフロー

  • 短編シリーズ『SUSHI POLICE』第2回:プリプロダクション&ワークフロー
  • 短編シリーズ『SUSHI POLICE』第2回:プリプロダクション&ワークフロー

ホンダのフェイシャルパターン(モーフターゲット)の例

  • 短編シリーズ『SUSHI POLICE』第2回:プリプロダクション&ワークフロー
  • 短編シリーズ『SUSHI POLICE』第2回:プリプロダクション&ワークフロー

ホンダの完成モデル(ターボスムーズ後)。(左)シェーディング表示/(右)メッシュ表示

  • 短編シリーズ『SUSHI POLICE』第2回:プリプロダクション&ワークフロー
  • 短編シリーズ『SUSHI POLICE』第2回:プリプロダクション&ワークフロー

ホンダのデザインスケッチ例。第1回でもふれたとおり、シナリオ、設定、デザインなど、作品を構成するあらゆる要素ごとに試行錯誤がくり返された

短編シリーズ『SUSHI POLICE』第2回:プリプロダクション&ワークフロー

© "SUSHI POLICE" Project Partners

ーーキャラクターは何体くらい登場するのでしょうか?

木綿:全部で何体くらいになるのかなぁ? 1話あたり平均2体は登場するのでかなり多いと思うんですけど......。

ーー河原幸治プロデューサー(以下、河原):名前の付いているキャラクターが17体で、モブを含めると30体ほどになる予定です。世界各国のレストランを飛び回り、誤った日本食を提供するシェフを取り締まるという物語なので、登場キャラクターが多くなることは予算を見積る段階から想定はしていましたが、シリーズものとは言え、短編としては贅沢な数ですよね(苦笑)。

  • 短編シリーズ『SUSHI POLICE』第2回:プリプロダクション&ワークフロー
  • 短編シリーズ『SUSHI POLICE』第2回:プリプロダクション&ワークフロー

© "SUSHI POLICE" Project Partners

木綿:メインキャラであるスシポリスの3人以外にも「サラ」「マダム・フジ」という女性(メス)の準キャラクターが登場するんですが、グッズ展開などマーチャンダイズを考慮すると日本の人たちにもキャッチーで魅力的なキャラクターが必要だなと。セディック・インターナショナルさんの日本人独特のセンスを取り入れたいという意向もあったので、この2キャラのデザインは、イラストレーターのイチノミヤモトヒロさんにお願いしました。

  • 短編シリーズ『SUSHI POLICE』第2回:プリプロダクション&ワークフロー
  • 短編シリーズ『SUSHI POLICE』第2回:プリプロダクション&ワークフロー

イチノミヤモトヒロ氏が描いた「サラ」のデザイン案。左図が採用された

短編シリーズ『SUSHI POLICE』第2回:プリプロダクション&ワークフロー

サラの没デザイン案の例

短編シリーズ『SUSHI POLICE』第2回:プリプロダクション&ワークフロー

サラのデザイン決定稿

短編シリーズ『SUSHI POLICE』第2回:プリプロダクション&ワークフロー

短編シリーズ『SUSHI POLICE』第2回:プリプロダクション&ワークフロー

© "SUSHI POLICE" Project Partners

木綿:それ以外のキャラクターはTriF studio(以下、TriF)さんに担当してもらったのですがデジタルアセットも一括管理してくれたので非常に助かりました。トビくんのデザインをリファレンスにしているけどそれぞれ異なる様式でデザインされているのでモデリングの段階で全てのキャラクターが共存できるようバランスを整えバラつきを抑えてもらっています。

河原:どのキャラクターもしっかり作り込んでいるので短編で終わらせてしまうのはもったいないんですよ。長編やシリーズ化といった展開に持っていけると良いんですけどね。

木綿:そう! 細部にもこだわってつくってますから。ドイツが舞台の話数では、うちのビト(Vito La Manna氏)に似せたキャラクターを登場させるという遊びを盛り込みました。塗壁さん(後述)にビトの写真を下にデザインしてもらったのですが、特徴を上手く捉えていて驚くほど良く似ているんです。スタッフも面白がって作業してくれたのでとても嬉しかったですね。

  • 短編シリーズ『SUSHI POLICE』第2回:プリプロダクション&ワークフロー
  • 短編シリーズ『SUSHI POLICE』第2回:プリプロダクション&ワークフロー

塗壁氏(TriF studio)が手がけたモブキャラクターのデザイン画の例。(左)第1話の舞台となるレストラン「MIFUNE」の女性店員/(右)第2話に登場するリュックとジャン

短編シリーズ『SUSHI POLICE』第2回:プリプロダクション&ワークフロー

© "SUSHI POLICE" Project Partners

▶次ページ:
<2>若い才能を大抜擢〜背景美術&ルックデヴ〜

Profileプロフィール

空気/KOO-KI

空気/KOO-KI

『SUSHI POLICE』中核スタッフ

(後列左から)告畑 綾コンポジター、河原幸治プロデューサー、木綿達史監督、中石賢悟プロダクションマネージャー兼コンポジター
(前列左から)山内香里デザイナー、阿部晋之介コンポジター、川越洋輝プロダクションアシスタント、小堤 愛プロダクションアシスタント

スペシャルインタビュー