>   >  日本CG業界の革命児か、はたまたドンキホーテか。いずれにせよガチンコ精神は気高く、美しい! 360°映像の完全新作『風雲維新ダイショーグン』、Kickstarter(キックスターター)に挑戦中!
日本CG業界の革命児か、はたまたドンキホーテか。いずれにせよガチンコ精神は気高く、美しい! 360°映像の完全新作『風雲維新ダイショーグン』、Kickstarter(キックスターター)に挑戦中!

日本CG業界の革命児か、はたまたドンキホーテか。いずれにせよガチンコ精神は気高く、美しい! 360°映像の完全新作『風雲維新ダイショーグン』、Kickstarter(キックスターター)に挑戦中!

the English version(pdf) is available from following link.
CGWjp201603-daishogun-kickstarter.pdf


メディアミックスプロジェクトの『風雲維新ダイショーグン』が今、新たな展開をみせている。企画原案を務めた日本を代表するデジタルアーティストの笹原和也と、『SHOW BY ROCK!!』の3Dパートで注目をあつめたStudioGOONEYSがタッグを組み、360°映像として新作CGアニメーション制作するという。その名も『風雲維新ダイショーグン Reboot』。世界に向けて発信するため、その制作資金をクラウドファンディングで募るという計画だ。笹原監督とStudioGOONEYS代表の斎藤瑞季氏に本作への熱い思いを語り合ってもらった。4月1日(金)に配信されるニコニコ生放送と共に必見だ。

INTERVIEW_日詰明嘉 / Akiyoshi Hizume
EDIT_沼倉有人 / Arihito Numakura(CGWORLD)
PHOTO_蟹 由香 / Yuka Kani



DAI-SHOGUN -Great Revolution- Concept Movie

<1>笹原和也『CAT SHIT ONE』×StudioGOONEYS『SHOW BY ROCK!!』、夢のコラボレーションが実現!

――おふたりが出会われた、きっかけは?

StudioGOONEYS・斎藤瑞季(以下、斎藤):2012年にStudioGOONEYSを起ち上げたばかりの頃でした。以前からお世話になっていたプロデューサーさんの紹介で、笹原さんが映像ディレクションを手がけていたある遊戯機向けCGアニメーションの一部を担当させていただいたのがきっかけですね。

笹原和也監督(以下、笹原):そのときの仕事ぶりがすばらしかったので、その後に『CR風雲維新ダイショーグン』(以下、『ダイショーグン』)でも一部のCGアニメーションをお願いしたんです。斎藤さんとは映像のセンスが合うんですよね。僕が好きなタイプの映像というと、『ファイナルファンタジーX-2』(2003)みたいなルックで、斎藤さんもそういう画づくりをしてくれるんです。

  • 「360°映像作品『風雲維新ダイショーグン』笹原和也監督(ILCA)×斎藤瑞季(StudioGOONEYS 代表取締役)対談
  • 笹原和也/Kazuya Sasahara
    1971年生まれ。大学時代に3DCGアニメーションの世界に足を踏み入れ、有限会社笹原組(現在はアニマに改名)を1997年に設立、取締役に就任。2010年にアニマを退職し、株式会社ILCAに入社。ディレクターとして活躍中。

    主な代表作:『PROJECT SYLPHEED』(2006・ムービーディレクター)、『CAT SHIT ONE -THE ANIMATED SERIES-』(2010・監督)

    @sasaharakazuya


斎藤:僕にとって『FF X-2』のCG表現は、2次元と3次元の中間をねらった"2.5Dの表現"で、なかでもフェイシャルに惹かれました。それ以降のハイエンドなCGアニメーション表現は、よりリアルな方向へと向かっていくのですが、僕は『ダイショーグン』のキャラクターを見たときに『FF X-2』に相通じる魅力を感じたんです。そういうルックでロボットが出てきて冒険活劇をするというのが面白かったですね。

「360°映像作品『風雲維新ダイショーグン』笹原和也監督(ILCA)×斎藤瑞季(StudioGOONEYS 代表取締役)対談

『ダイショーグン』コンセプトムービーより。

斎藤:それに笹原さんは「こういうのが面白いよね」とか「自分はこういうのをやりたいんだ!」といった、ご自身の思いに対してすごく真っ直ぐなんです。さらにみんなの意見を採り入れつつ、自分は葛藤しながらつくっていく。僕が一緒に仕事をしたいと思う監督さんって、やっぱり自分の作品を一番好きでいられる人なんですよ。笹原さんからはそれをすごく感じます。



笹原:こだわりをもつことには良い面と悪い面と両方あるのかもしれませんが、こだわりをもてる人、もちつづけている人って、正直あまり多くない気がします。僕にとって、『ダイショーグン』は、2008年頃から取り組んでいるメディアミックスプロジェクトなんです(※1)。それだけ思い入れが深くて、遊戯機やTVシリーズとしての展開が終わってもまだ自分の中で完結した感じがしないんですよ。もちろん、自分の原案がコンテンツ化すること自体は嬉しかったのですが。

※1: アニマのオリジナルメディアミックス企画『艶華王道 ダイ☆ショーグン』として、2009年にWeb小説を発表したことから、一連の展開がスタートした。

「360°映像作品『風雲維新ダイショーグン』笹原和也監督(ILCA)×斎藤瑞季(StudioGOONEYS 代表取締役)対談

――そうだったんですね。

笹原:なによりも、2011年にフルCGアニメーション企画としてのコンセプトムービーをつくっていたのですが、それを世間に発表するタイミングにもめぐまれなかったので、なんとかして披露する機会を設けて、『ダイショーグン』のCGアニメ化には大きな可能性があるんだ! と訴えたいと思い続けていました。

『艶華王道 ダイ☆ショーグン』(東京アニメフェア 2010にて、S3D映像として披露されたデモリール)

斎藤:「ダイショーグン」で動画検索しても、遊戯機の"当たり"映像しか出てこないんですよね。僕自身、このコンセプトムービーを見せてもらって面白いと思ったし、うらやましいとも感じました。もっと世の中の人に観てもらって、認められてほしいですね。

――そうした思いから、『風雲維新ダイショーグン Reboot』というKickstarter(キックスターター)企画が誕生したわけですね。

笹原:はい。原作者サイドには、制作から事務的な手続きまでこちらで全て行うということで許可をいただきました。

「360°映像作品『風雲維新ダイショーグン』笹原和也監督(ILCA)×斎藤瑞季(StudioGOONEYS 代表取締役)対談

▶次ページ:
<2>360°パノラマ映像と、驚きのクラウドファンディング出資者への特典

Profileプロフィール

笹原和也/Kazuya Sasahara(ILCA)

笹原和也/Kazuya Sasahara(ILCA)

1971年生まれ。大学時代に3DCGアニメーションの世界に足を踏み入れ、有限会社笹原組(現在はアニマに改名)を1997年に設立、取締役に就任。 2010年にアニマを退職し、株式会社ILCAに入社。ディレクターとして活躍中。

主な代表作:『PROJECT SYLPHEED』(2006・ムービーディレクター)、『CAT SHIT ONE -THE ANIMATED SERIES-』(2010・監督)

@sasaharakazuya

斎藤瑞季/Mizuki Saitoh(StudioGOONEYS)

斎藤瑞季/Mizuki Saitoh(StudioGOONEYS)

株式会社StudioGOONEYS 代表取締役社長。群馬大学 教育学部 理科科を卒業後、CGの世界に入るため上京。デジタルハリウッド大学院在学中に明治製菓『チョコレートンの冒険』東京証券『シェア先生と楽しく学ぼう』のCG監督を務め、映画『デスノート the Last name』(2006)への参加を皮切りにフリーランスへ。約7年半の活動を経て、映像演出に重きを置く仲間を集い、2012年4月に同社を設立。趣味はCPUのオーバークロック。

StudioGOONEYS公式サイト

スペシャルインタビュー