>   >  女子高生CG『Saya』に生命の息吹をふきこむ 〜パフォーマンスキャプチャ〜
女子高生CG『Saya』に生命の息吹をふきこむ 〜パフォーマンスキャプチャ〜

女子高生CG『Saya』に生命の息吹をふきこむ 〜パフォーマンスキャプチャ〜

クリエイティブユニットTELYUKAを中心として進行中の「バーチャルヒューマンプロジェクト『Saya』」。彼女を動かすにあたり、一連のモーションならびにフェイシャルキャプチャを手がけているのが東映のツークン研究所である。近頃、様々な案件で彼らの名前を目にする機会が増えているように感じるのだが、Sayaの事例を通して、その秘密にせまった。

※本記事は月刊「CGWORLD + digital video」vol. 221(2017年1月号)からの転載となります

TEXT _黒岩光絵(二代目三四郎商店
EDIT_沼倉有人 / Arihito Numakura(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada

徹底した現場主義の下、新たなテクノロジーを積極的に採り入れていく

東映デジタルセンターの一翼を担うツークン研究所は、キャプチャ事業を中心にCG・VFX制作に取り組んでいるが、現場ニーズに即したR&Dにも意欲的なことで知られている。先日もMotionBuilderからのデータを、Unreal Engineへのリアルタイムストリームを可能にするプラグイ ン「Unreal Stage」を発表した。「キャプチャ事業については、ツークン研究所は東映の東京撮影所内に所在しているので、案件に応じて映画ステージでの収録や外部への出張にも対応できる体制を整えています」とは、高橋沙和実プロデューサー。2015年春からフェイシャルキャプチャ(以下、FCAP)のサービスを開始したことでスタジオ自体も改良した。眼前カメラの映像の精度を上げるために壁の色を白く塗り直したり、スタジオ環境も常に最適化が考えられている。


左から、三鬼健也モーションキャプチャ スペシャリスト、木下 紘フェイシャルキャプチャスペシャリスト、高橋沙和実プロデューサー以上、ツークン研究所(東映)
www.zukun-lab.com

PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota

今後、カメラや深度センサーの進化や小型化がどんどん進むだろうと語るのは、テクニカルディレクター兼モーションキャプチャ(以下、MOCAP)スペシャリストの三鬼健也氏。「マーカーレスのセンサー式など、手軽に使えるキャプチャデバイスは今後も新製品が登場するのではないでしょうか。ですが、生産性やハイエンドを求めるのであれば、光学式の優位性はゆるぎないものと考えています」。そして、FCAPスペシャリストの木下 紘氏は、「ツークン研究所が追求しているのはハイエンドとハイクオリティです。常に最新技術と需要をリサーチして活用の幅を模索し、より良く、手早く行うためのノウハウを求め続けていく。そして各プロジェクトに応じてフェイシャルにまつわるあらゆることをトータルデザインできる体制こそがツークン研究所の大きな特徴だと思っています」と続ける。そうした企業風土をもつツークン研究所がSayaと出会ったのは、1年前の「CGWORLD2015 クリエイティブカンファレンス」であった。講演後の懇親会にて、三鬼氏がアニメーション制作への協力をTELYUKAに申し出たところ、ツークン研究所でも以前からデジタルヒューマンのR&Dに取り組んでいたこともあり、意気投合したのだとか。「Sayaには、TELYUKAさんの娘さんをお預かりする気分で臨んでいます」(木下氏)。

<1>ワークフロー

2015年12月中旬にTELYUKAがツークン研究所を見学に訪れた。「そのときはパフォーマンスキャプチャのデモンストレーションをお2人にご覧いただきつつ、Sayaプロジェクトの展開案などを伺いました。その後、しばらくは月に一度くらい近況報告を聞きながら、自分たちなりに準備を進めていました」(高橋氏)。ツークン研究所側で本格的に動き始めたのは2016年5月頃のこと。一連のセットアップはTELYUKAが行なっているが、キャプチャやその後のアニメーション制作への配慮など、必要に応じてツークン研究所も提案を行なったという。10月上旬に開催されるCEATEC向けの収録に加えて、先々のR&D向けのキャプチャも併せて行うことが決まった。6月に入り、TELYUKAが8K映像デモ『la robebleue』の絵コンテとプリビズをアップ。それを基に具体的な収録方法などが詰められていった。なお、CEATECで公開された『larobe bleue』は、一部のパートを先行公開したものであり、実際に収録したテイクはもっと長尺であることが確認できた。また上述のとおり、今後の研究開発を目的としたフェイシャルやデジタルサイネージ用のモーションも収録されている。トータルでOKテイクだけで30以上を収録したそうだが、1日で一連の収録を終えたそうだ。「様々なシチュエーションで収録しました。『la robe bleue』用の収録に際してはロゴスコープの亀村さんがヴァーチャルカメラを持参されて、自らカメラワークも担当されました(ページ最上部のキービジュアルを参照)。データの整備は後日で問題ないので『こんな動きもほしいよね?』と、話し合いながら即興でキャプチャしたものもありましたね」(三鬼氏)。キャプチャ以外にも、アクターを務めた吉良愛実氏(ツークン研究所)の自然光環境下のHDRI素材の撮影も行われたほか、ヘッドマウントカメラ(以下、HMC)を装着したアクターとSayaとの比較用として、HMCに取り付けたLED照明自体のライトリファレンスや、眼球(瞳孔)の微細な動きのリファレンスなど、様々な研究用素材も収録された(彼らのR&Dに対するこだわりの強さを実感させられる)。

ツークン研究所の常設スタジオ

Vicon「T160」光学式カメラを24台配置。常設スタジオの収録エリアサイズは「10m×7m×高さ2.5m」だが、案件に応じて変更可能である。ツークン研究所が所在する東映東京撮影所内の映画ステージを利用することで、最大27m×17mまでの収録実績があるとのこと
www.zukun-lab.com/motion_capture


『Saya』のパフォーマンスキャプチャ収録

収録の様子。吉良氏のアクター起用について、「プロのアクターではなく、若い女性特有の動きを自然体で演じられる人を」というTELYUKAの意向を汲み、ツークン研究所側から吉良氏を提案したのだとか。「確かに吉良は演技の経験はありませんが、通常はキャプチャ業務やアニメーション制作を手がけているのでその意味での勘どころが良く、効率的に収録することができました」(三鬼氏)。その采配は見事に的中し、今ではSayaのアクター(アクトレス)は吉良氏のほかに考えられない(TELYUKA談)という

次ページ:
<2>フェイシャルアニメーション

Profileプロフィール

ツークン研究所(東映)/ZUKUN LABORATORIES (TOEI DIGITAL CENTER)

ツークン研究所(東映)/ZUKUN LABORATORIES (TOEI DIGITAL CENTER)

左から、三鬼健也モーションキャプチャ スペシャリスト、木下 紘フェイシャルキャプチャスペシャリスト、高橋沙和実プロデューサー以上、ツークン研究所(東映)
www.zukun-lab.com

スペシャルインタビュー