>   >  3ブランドの統合によりさらなる進化を目指す、Boris FXの挑戦
3ブランドの統合によりさらなる進化を目指す、Boris FXの挑戦

3ブランドの統合によりさらなる進化を目指す、Boris FXの挑戦

ポストプロダクション向けの特殊効果プラグインメーカーとして確固たる地位を築くBoris FX。近年はマッチムーブツールとして知られるmochaの開発元Imagineer Systemsや同じく特殊効果ツールを提供するGenArtsと合併したことで、より多くの機能を連携して使える環境を整えつつある。今回、幕張メッセで開催されたInter BEE 2016に合わせて来日したCEOのボリス・ヤムニツキ氏に話を聞いた。

※本記事は 2016年11月上旬に実施された取材内容に基づきます。

TEXT_安藤幸央(エクサ) / Yukio Ando(EXA CORPORATION)
EDIT_小村仁美 / Hitomi Komura(CGWORLD) 、山田桃子 / Momoko Yamada

<1>Boris FXの設立から3ブランドの統合まで

ーー今回で何回目の来日になりますか? また、日本とInter BEEの印象はいかがでしたか?

BorisFX創業者/ボリス・ヤムニツキ氏(以下、ヤムニツキ):ここ20年ほど日本にはほぼ毎年来ていて、今回で15回目くらいになりますね。日本のクリエイティブ、アーティスト、ユーザーはとても素敵だと思います。Inter BEEは効率が良く、細かい部分まで気が配られていて居心地が良いイベントという印象です。

  • ボリス・ヤムニツキ/Boris Yamnitsky
    Boris FXの創業者兼CEO。1995年、エフェクトプラグインBoris FXの発表以来、Boris FXを率いる。2014年に英・Imagineer Systems、2016年に米・GenArtsを買収。2005年よりMedia 100のCEOも兼任している
    borisfx.com

ーーBoris FXの紹介をお願いします。

ヤムニツキ:Boris FXは1995年、プラグインツールとしてNAB Show(国際放送機器展覧会)で初披露されました。当時はArtel Softwareという社名で、製品名がBoris FXでしたが、Boris Yamnitskyの会社なのでBoris FXと呼ばれるようになり、結局Boris FXを社名として使うことにしました。当初はAdobe Premiere用とMedia 100用、Speed Razor(in-sync製のビデオ編集ソフト。現在は販売されていない)や、カノープス製品などにどんどん対応を広げていきました。そして2005年にMedia 100の販売権を得ました。Media 100は日本市場に強い製品だったので、その頃から日本の市場にBoris FXの製品が浸透していきました。アナログ編集からの進化形として、コンピューターベースのノンリニア編集、特殊効果の制作などで、主に放送局で使われています。

Continuum Complete - Intro Video

ーー最近合併したImagineer SystemsとGenArtsの紹介をお願いします。

ヤムニツキ:2014年に買収したImagineer Systemsは、mochaに代表される先進的なモーショントラッキングのツールを開発しています。安価に使えるツールとして、業界の定番になっています。同社は15年間モーショントラッキングを研究していて、もともとのトラッキング技術はイギリス大学教授によるものをベースとしています。とてもチャレンジングな会社で、新しいものに貪欲に挑戦していく社風です。Boris製品はニュースやスポーツ番組のような、短い期間で編集する放送局や特殊効果のエフェクトなどのポストプロダクションに向いており、そのためにImagineer Systemsのmochaというトラッキングソフトウェアを取り込むことにしたのです。

What is mocha and planar tracking?

ヤムニツキ:また昨年9月に買収したGenArtsは1996年にKarl Sims/カール・シムズというエンジニアが始めた会社で、お互いに昔から知っている仲間同士です。カールは、ロサンゼルスの映画制作会社で働いているときに、自分で独自のVFXプラグインSapphireを開発しました。Sapphireは当初ライトエフェクトに注力して開発されており、VFXの現場からは、とても役立つ機能だと歓迎されました。GenArtsはこれまでケンブリッジにあったオフィスを閉じて、今はBoris FXと同じボストンのオフィスで働いています。Boris FXのチームとSapphireのチーム、2つの開発チームが共存している状態です。2つの会社が開発を続けることにより、一緒になると便利な機能、例えばmochaのモーショントラッキングの機能を新しくSapphireの中に取り込んでいくといったような作業をしています。

What is Sapphire?

ーー3つの会社が1つになった今、ライバルと言える製品はありますか?

ヤムニツキ:3つの会社が一緒になることで、とても強いブランドを構築できました。VFX業界で影響力のある存在になったと思います。Avid製品に関しては、プラグインのほとんどをBoris製品が占めていると思います。Adobe製品は様々な種類が出ていますが、ある領域に関してはBorisが独占しているものがありますし、他社と競合している部分もあると思います。Boris FXとImagineer Systemsは、昔からAvidやAppleなどへバンドル製品を提供してきたという強みがあります。Adobe After Effectsへはmocha AEという軽量版、AvidのツールへはBCC(Boris Continuum Complete)のライト版を提供しています。

次ページ:
<2>世界中のユーザーの要望を吸い上げ、新機能に反映する

Profileプロフィール

ボリス・ヤムニツキ/Boris Yamnitsky

ボリス・ヤムニツキ/Boris Yamnitsky

Boris FXの創業者兼CEO。1995年、エフェクトプラグインBoris FXの発表以来、Boris FXを率いる。2014年に英・Imagineer Systems、2016年に米・GenArtsを買収。2005年よりMedia 100のCEOも兼任している
borisfx.com

スペシャルインタビュー