>   >  ショウダユキヒロ最新オリジナル作品『KAMUY』をめぐる物語。一流アーティストたちが本気で手がけた15分間の脳内ワールド 〜<2>メイキング編〜
ショウダユキヒロ最新オリジナル作品『KAMUY』をめぐる物語。一流アーティストたちが本気で手がけた15分間の脳内ワールド 〜<2>メイキング編〜

ショウダユキヒロ最新オリジナル作品『KAMUY』をめぐる物語。一流アーティストたちが本気で手がけた15分間の脳内ワールド 〜<2>メイキング編〜

2016年10月29日(土)&30日(日)の2日間にわたり、代官山ヒルサイドプラザの会場にて行われた"新感覚脳内革命"アートフィルム『KAMUY』の上映会。全ての回がソールドアウトするという盛況ぶりであったという。現代アーティスト三嶋章義のアートワークで迎えられた会場の螺旋階段を降りていくに従って、胎内に戻っていくような感覚に襲われる。会場の底に到達するとそこには繭を思わせるベッドが並ぶ。それに横たわり天井に設えられた大スクリーンで鑑賞するしかけで『KAMUY』は披露された。「進化」をテーマとした斬新なCG映像世界が、リズム、躍動感、無限のスケールで展開し、自身の体は地球や宇宙と一体化していくような感覚に落ちる。そしてもしアナタが映像制作者であったら、オリジナル作品制作へのモチベーションを新たにしたのではないだろうか。
さて、今回の<2>メイキング編では、全員参加型で作られたプロセスをコアスタッフに取材したものをまとめた。取材時は絶賛制作中ということもあり、全てを網羅することは叶わないが、こだわりのシーンやチャレンジとなったケースを見てもらえるだろう。
なお、本作のコンセプトや新たに創設されたNION(ナイオン)については、<1>キックオフ編を参照していただきたい。

※本記事は、2016年10月10日(月・祝)に実施したインタビューに基づきます。

INTERVIEW_山本加奈 / Kana Yamamoto
EDIT_沼倉有人 / Arihito Numakura(CGWORLD)
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota



『KAMUY』Official Trailer

<1>水面と水面下の世界と。CGシミュレーションからリアルをつくり出す

ショウダユキヒロ最新オリジナル作品『KAMUY』をめぐる物語。一流アーティストたちが本気で手がけた15分間の脳内ワールド 〜<2>メイキング編〜

『KAMUY』中核スタッフ

写真・右から、守屋貴行プロデューサー(NION)、遠藤基次CGスーパーバイザー(AnimationCafe)、ショウダユキヒロ監督(NION)、高橋 聡プロデューサー(NION)、上野千蔵撮影監督、佐藤大洋CGプロデューサー(AnimationCafe)、守屋雄介シークエンス・スーパーバイザー(AnimationCafe)

『KAMUY』公式サイト


ーー本編前半では村上虹郎演じる主人公の兵士が身籠る物語が描かれます。舞台は無限に広がる漆黒の世界。実写で撮られた場面ですがどういう撮影が行われたのでしょうか?

上野千蔵撮影監督(以下、上野):この作品は抽象空間が多かった。漆黒の無限の空間が前半の主な舞台です。それを表現するために、黒の反射する板を使おうかと話していたら、「水を張ったら面白いね」って、ことになりました。反射のための水というアイデアだったんですが、「じゃあ、(カメラ)入っちゃう?」と企画が展開していった。抽象空間だけどリアルな空間を想定してライティングしていきました。

----重力のない世界と水の浮力が、映像の世界観にリアルな想像力を醸し出しますね。

ショウダユキヒロ監督(以下、ショウダ監督):全ての撮影は日活撮影所で1日かけて行いました。1日といっても30時間ぶっ通しでしたが(笑)。この30時間の撮影は3DCGで作成したプリビズを必死に再現するというアプローチで取り組んでいったのですが、ショットによっては有効な撮影手法を割り出すためだけに1時間費やしたりも。撮影クルーや特機スタッフをはじめ、みんなで「コレがひっくりかえるから、この位置になるよね?」という具合に。

NION・高橋 聡プロデューサー(以下、高橋):水に入ったら地下をぐるりと回って浮上してくるっていう、現実では不可能な撮影(カメラワーク)を実現させる必要があったんです。

ショウダユキヒロ最新オリジナル作品『KAMUY』をめぐる物語。一流アーティストたちが本気で手がけた15分間の脳内ワールド 〜<2>メイキング編〜

地上から水中にカメラが入ってぐるりと主人公の周りを回って戻ってくるというカメラワークの撮影プランを図示したもの。なお、カメラはALEXA 3.8Kが採用された

上野:水面のギリギリを撮るためには、本当なら水槽を上げなくちゃいけないんですが、それは大掛かりになりすぎるから、数センチだけ水を張ってます。水面ギリギリになった瞬間、視界無限に水面の世界が必要なんです。カメラが水面ギリギリまで寄った瞬間、実写では奥行きに限界があるから、映り込みがどこかで消えてしまう。実写で行けるところまでいって、終わりの10度分は3DCGに助けてもらいました。

ショウダ監督:プリビズで映り込みも全部計算した上で5m x 8mのセットを日活のスタジオに作って撮影してるんです。

ショウダユキヒロ最新オリジナル作品『KAMUY』をめぐる物語。一流アーティストたちが本気で手がけた15分間の脳内ワールド 〜<2>メイキング編〜

実写撮影の様子

AnimationCafe・守屋雄介シークエンス・スーパーバイザー(以下、守屋(雄)):現場でどんどん、世界が出来上がっていくのを目の当たりするのは、CG・VFX側の自分にとっては面白い経験でした。撮影現場ではトラッキング用のマーカー付けを必死にやっていたんですが、水面は動く、当然マーカーの位置関係も動いてしまう。最終的には力技でトラッキングすることに......。

AnimationCafe・遠藤基次CGスーパーバイザー(以下、遠藤):面白い試みとして、合成用素材として村上虹郎さんの3Dスキャン収録を行いました。水に映り込んでいるのはデジタルダブルなんですよ。

ショウダユキヒロ最新オリジナル作品『KAMUY』をめぐる物語。一流アーティストたちが本気で手がけた15分間の脳内ワールド 〜<2>メイキング編〜

ショウダユキヒロ最新オリジナル作品『KAMUY』をめぐる物語。一流アーティストたちが本気で手がけた15分間の脳内ワールド 〜<2>メイキング編〜

© 2016 NION inc.

<上図>序盤に登場する通称「カミオカンデ・タウン」のコンセプトアート/<下図>完成した本編カット。フルCGでハイディテールに仕上げられた


▶次ページ:
<2>網膜を抜け、大地へとコズミックズーム。そしてフラミンゴの群れへとトラベリング

Profileプロフィール

ショウダユキヒロ監督&『KAMUY』中核スタッフ<br />Yukihiro Shoda & "KAMUY" Core Crews

ショウダユキヒロ監督&『KAMUY』中核スタッフ
Yukihiro Shoda & "KAMUY" Core Crews

写真・右から、守屋貴行プロデューサー(NION)、遠藤基次CGスーパーバイザー(AnimationCafe)、ショウダユキヒロ監督(NION)、高橋 聡プロデューサー(NION)、上野千蔵撮影監督、佐藤大洋CGプロデューサー(AnimationCafe)、守屋雄介シークエンス・スーパーバイザー(AnimationCafe)

『KAMUY』公式サイト

スペシャルインタビュー