>   >  作画✕モーショングラフィックスで1クールをつくりきる TVアニメ『時間の支配者』の挑戦
作画✕モーショングラフィックスで1クールをつくりきる </br>TVアニメ『時間の支配者』の挑戦

作画✕モーショングラフィックスで1クールをつくりきる
TVアニメ『時間の支配者』の挑戦

Webサイト「少年ジャンプ+」で連載中の人気コミックを原作とし、いよいよ本日9月29日(金)24:30~最終回を迎えるTVアニメ『時間の支配者』。本作では、ストーリーの肝と言える時間の「加速」「減速」の表現に、モーショングラフィックスが多用されている。アニメ作品のオープニング映像等でよくみられるモーショングラフィックスだが、TVシリーズのアニメ本編でモーショングラフィックスが本格活用されるのは非常に珍しい。今回は、その制作に携わった中核スタッフに「アニモーショングラフィックス」と名付けられた本作の挑戦について話を聞いた。

TEXT_安藤幸央(エクサ)/Yukio Ando(EXA CORPORATION)
EDIT_小村仁美 / Hitomi Komura(CGWORLD)
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota

  • info
    TVアニメ『時間の支配者』
    TOKYO MX、BS11ほかにて24:30より好評放送中!
    原作:彭傑/ポンジェー(翻翻/ファンファン「翻漫画/ファンマンガ」連載中、集英社「少年ジャンプ+」連載中、協力・友善文創/ユウゼンブンソウ)
    監督:松根マサト
    撮影監督:髙津純平
    モーショングラフィックス:ステロタイプ
    アニメーション制作:project No.9
    製作:「時間の支配者」製作委員会
    Twitter:@chronos_pr
    chronosruler.jp
    © Friendly Land/2017 YOUKU·FANFAN/「時間の支配者」製作委員会

ーー『時間の支配者』の簡単な紹介と、本作での皆さんの役割についてお聞かせください。

松根マサト監督(以下、松根):『時間の支配者』は中国出身の彭傑(ポンジェー)先生による漫画を原作とした作品です。時間を食らう悪魔がはこびる世界で、主人公のヴィクトと相棒の霧が悪魔と戦いながら旅をする、SFフィクションです。ヴィクトと霧は実は父子なのですが、ヴィクトは悪魔に時間を食われて15歳まで若返っているため、年齢が逆転しているんです。

『時間の支配者』プロモーションビデオ

松根:それから、自分の役割はというと「監督」です。説明するのは難しいところですが、みんなが作品に関わって良かったなと思えるようサポートをする立場、仕事の環境づくりが監督の大きな役目だと考えています。特に今回は原作がある作品なので、原作の雰囲気をどう映像にしたいかをスタッフに正しく「伝える」こと、それが監督として最も時間を割いたところですね。

左から 監督・松根マサト氏、撮影監督・髙津純平氏、ステロタイプ 映像デザイナー・伊東正志氏、ステロタイプ クリエイティブディレクター・山下敏幸氏

撮影監督・髙津純平氏(以下、髙津):各制作パートから素材を集め、キャラクター素材と背景を合成して映像にするのが「撮影」です。撮影監督としては、夕方だったら光の入り具合はこのくらいといったような画面全体の設計をしています。ここは背景をぼかしたい、ここにはグラデーションを入れようといった意見を監督に進言することもあります。

ステロタイプ クリエイティブディレクター・山下敏幸氏(以下、山下):今回、当社にモーショングラフィックスとオープニング&エンディング映像制作の依頼をいただきまして、僕はステロタイプ側のディレクターとして段取りやデザインの方向性の決定など、制作の最初の部分を担当しました。実制作は若手スタッフが担当してくれたので、たまにレタッチなど、足りない部分を補っていくところが主な役割でした。

ステロタイプ・伊東正志氏(以下、伊東):時間の「加速」と「減速」を発動させるときのモーショングラフィックス、魔法陣的なものといった要素の初期デザインと実制作を担当しました。

ステロタイプ・長井秀司氏(以下、長井):伊東と同じくモーショングラフィックスの実制作に携わりました。僕は主に動きの部分を担当しています。

ーー時間の減速・加速の表現にモーショングラフィックスを採り入れるまでにどのような経緯がありましたか。

松根:「時間」を表現する、というのは様々な作品でよく使われるテーマでもあり、演出として既に誰かが手を付けてしまっている表現ばかりです。今作は、原作もよくできており画として完成しているので、ここで差を付けられる表現は何だろう? と考えたときに思い浮かんだのが「モーショングラフィックス」だったんです。

最近は海外ドラマやハリウッド映画でもモーショングラフィックスが使われており、そういった拡張現実的な表現は今作のコンセプトと相性が良いのではと考えました。また、自分がもともとUIデザイナー出身でデザイン事務所(アリスフロムジャパン株式会社)を経営していまして、普段からモーショングラフィックスを使ったゲームやアニメのオープニング映像制作を手がけていることも理由としては大きかったですね。

手描きでもできないことはないのですが、どうしても限界があります。特にモーショングラフィックスがキャラクターに回り込むカットは手描きでは表現できません。3DCGでつくることもできなくはないですが、デザイン性をより強く押し出すには? と考え、つくられた結果が今の表現です。

時間がなぜ止まっているのか? どのくらい加速・減速しているのか? それがひと目でわかるように作画で表現する、概念で表現するのは難しい。明確に「時間」という情報を視覚化するにはデザインを用いるのが適していたんですね。

今作では原作で描かれていない時間が圧縮される様子なども表現しています。アニメは連続性がある媒体なので、そういった原作の行間をどう映像化するかと考えたときに、モーショングラフィックスが最も素早くできたということです。

本編中のモーショングラフィックス活用カット

ーー松根監督ご自身がモーショングラフィックス制作も手がける会社を経営されている中で、今作でステロタイプさんとタッグを組んだのはどういう理由からなのでしょうか?

松根:そうなんです。言ってしまえば同業他社なんですよね。

山下:普段ステロタイプではオープニング映像等をよく制作していますが、松根さんの会社とはお互いに裏番組のオープニングをつくっていたりします(笑)。

松根:今作で監督としてモーショングラフィックスを採り入れたいと考えたとき、13本つくらないといけない中で自分自身の時間にも自分の会社のリソースにも限界があって、どうしようかなと悩んでいたところ、身近にモーショングラフィックスをお願いできる人たちがいたので、断られる可能性も考えつつお願いしてみたんです。

実際、オープニング映像やモーショングラフィックスの制作をできる会社が本編の制作に携わることはほぼなく、今回が初めてのケースでした。モーショングラフィックスを本編で使うという試みはずっとやりたかったのですが、撮影にも負担がかかるので、なかなか難しかったのです。

例えばキャラクターの前に浮いている魔法陣を表現する場合、セルだったら描き込めば良いのですが、モーショングラフィックスの場合はキャラクターと魔法陣のどちらが前に回り込むのか理解した上で素材を統合しなければいけません。そういうデジタルの作業に対して理解がある、今回のこの座組だったらいけるという確信があり、組んでみたという次第です。この座組以外のメンバーだったら、盛大に事故を起こしていたかもしれません。

山下 :当社はグラフィックスを得意としつつアニメの仕事も数多くこなしていますし、髙津さんもそういったタイトルを多く手がけてこられています。1話かぎりなら他の会社でもできると思いますが、13話分となると各話数ごとにアップデートしていく作業が必要です。それらの作業も松根さんが理解してフォローしてくれたからこそスムーズに進められました。

次ページ:
モーショングラフィックス制作の試行錯誤

Profileプロフィール

松根マサト×髙津純平×ステロタイプ

松根マサト×髙津純平×ステロタイプ

左から 監督・松根マサト氏、撮影監督・髙津純平氏、ステロタイプ 映像デザイナー・伊東正志氏、ステロタイプ クリエイティブディレクター・山下敏幸氏

スペシャルインタビュー