>   >  <XFLAG PICTURES 特別連載>第三回:スピーディなジャッジがダイナミズムの源泉~外部パートナーとのコラボレーション~
<XFLAG PICTURES 特別連載><br/>第三回:スピーディなジャッジがダイナミズムの源泉~外部パートナーとのコラボレーション~

<XFLAG PICTURES 特別連載>
第三回:スピーディなジャッジがダイナミズムの源泉~外部パートナーとのコラボレーション~

[PR]

XFLAG PICTURESは何を考えアニメーション制作に臨んでいるのか? それを探るべく『モンストアニメ』をはじめXFLAG PICTURESの映像制作に様々なかたちで関わってきた、マーザ・アニメーションプラネットanimaILCAサンジゲンの3チームに制作現場でのエピソードを語ってもらった。

取材をする中で各社が共通して挙げたXFLAG PICTURESの特徴は「スピード感」「熱量」、そして「キャラクター愛」だ。アニメーション制作でも「ユーザーサプライズファースト」を実現するため、これらを高いモチベーションで維持し、瞬発力あふれるアイデア出しや、合理的な手法の模索を行う姿が見えてきた。そして、こだわりを持ちつつも、実作業を担当するクリエイターにバトンを渡してからはゴールまでの道筋の選択は自由であるという。

オーダーはシンプルに、資料やアイデアは豊富に、そしてユーザーに喜んでもらうためにはリスクも厭わない......。XFLAG PICTURESにとってそれが各社・各クリエイターへの信頼の証なのだ。3チームが映像を創る中で3様に感じた「XFLAG PICTURESのアニメ制作」とはどういうものか、また、3チームがそれぞれどう解釈し具現化していったのか、実例と共に紹介していこう。

<01>XFLAG PICTURES×マーザ・アニメーションプラネット
映画『モンスターストライク THE MOVIE はじまりの場所へ』公開記念ムービー

▲映画公開記念ムービー Part1「オラゴンの映画デビュー」編

愛されキャラを創り出すために相応のリスクをとる

XFLAG スタジオを代表するサービスである「モンスト」のマスコットキャラクターのオラゴンが、映画への出演に意気込んでいる様子を可愛らしく表現したWebプロモーション用ムービー3部作。制作を担当したマーザ・アニメーションプラネットの山岸次郎監督と、ストーリーボードを制作した木下宏幸氏は、XFLAG PICTURESの考え方の自由さと「躊躇せずに一歩を踏み出せる姿勢」に驚かされたという。

  • 左から、木下宏幸ストーリーアーティスト、山岸次郎ディレクター。以上、マーザ・アニメーションプラネット www.marza.com

「われわれマーザの、社内でのくだけた空気だからこそできるつくり方を、XFLAG PICTURESさんでもそのままできたことが新鮮でした。最初から『面白いものならリスクをとるぞ』という姿勢があり、その根本には視聴者の方々に喜んでもらうためにどうすべきか、という信念があるように思います。日頃大事だと思いつつも、つい忘れがちなところを再確認できたことも良い経験でした」(山岸)。

▲映画公開記念ムービー Part2「怒りのオラゴン」編

▲映画公開記念ムービー Part3「オラゴンにお知らせ」編

背景をシンプルに、キャラクターは幅広い世代の人が親しみやすい質感で、というベースのリクエスト以外、構成や演出方法は自由で、闊達にアイデアを出し合えたという。ストーリーリールづくりに際し木下氏は、欧米の映像制作で一般的な、長方形の紙にシーンアイデアの絵を描き、それに大勢で意見を出し合って膨らませていく方法をとった。コメディタッチの作品だからこそまず開発の場が盛り上がることが必要、という考えの下、企画会議中に即興で描いたり、時には自ら紙芝居のようにセリフも発しつつ提案した。これによってアイデアの熱量を保ちつつ、スピード感を持って精度の高いプランを仕上げることができたという。

▲アイデア出しの場で木下氏が即興で描いたラフスケッチの例。これらをベースにストーリーボードが制作される

木下氏はオラゴンが「損をすることで愛されるキャラ」であるところに着目し、人間味を感じさせる表現を工夫した。アセットにおいては、質感に注意を払い着ぐるみのような印象を払拭しつつ、その人間味のある多彩な表情を表現できるように仕上げられた。オラゴンの口の開け方は大小様々で、ストレッチ&スクワッシュにも対応できるよう、フェイシャルリグは2層構造にされた。「シンプルなデザインだけど、多彩な表現を可能にするためです。動きは全てキーフレームで、いかに良い表情を出せるのかを優先しました」(山岸)。この映像をきっかけに、オラゴンのキャラクターとしての幅が広がり、XFLAG主催のイベントや直営店舗内の演出用映像が新作されるなど、マスコットキャラクターとしての地位をより強固なものにすることにも繋がったそうだ。

▲オラゴンのボディ&フェイシャルリグ(mGearで構築)ならびにフェイシャル作成例。口の開閉をどのように実現するかを、モデラー、アニメーター、リガーで協議を重ねた結果、図のようなかたちにまとめられた。頭部は肌色のオブジェクトの上に赤いオブジェクトが覆うように構成

▲特殊パーツ使用時の質感テスト。生命を持つキャラクターとして、堅さや着ぐるみ感を払拭すべく調整された

次ページ:
<02>XFLAG PICTURES×anima/ILCA
『モンストアニメ 消えゆく宇宙編』

構成_日詰明嘉
PHOTO_蟹 由香
©XFLAG

Profileプロフィール

マーザ・アニメーションプラネット<br/>anima/ILCA<br/>サンジゲン

マーザ・アニメーションプラネット
anima/ILCA
サンジゲン



【写真上段】マーザ・アニメーションプラネット
木下宏幸ストーリーアーティスト、山岸次郎ディレクター
www.marza.com

【写真中段】anima&ILCA
中村友紀CGディレクター(anima)、鮎川浩和CGスーパーバイザー(ILCA)
www.studioanima.co.jp
www.ilca.co.jp

【写真下段】サンジゲン
植高正典CGディレクター、矢代奈津子リギングディレクター
www.sanzigen.co.jp

XFLAG™ スタジオ(ミクシィ)

XFLAG™ スタジオ(ミクシィ)

エンターテインメント事業のさらなる発展を図るため、2015年8月、株式会社ミクシィ内にXFLAG™ スタジオを設立しました。 XFLAG スタジオでは、“ケタハズレな冒険を。”をスローガンとして、「モンスターストライク」や「ファイトリーグ」を提供するほか、“アドレナリン全開”の、ドキドキワクワクするゲームや映像コンテンツを世界に向けて発信していきます。

XFLAG PICTURESでは下記職種を積極採用中!!!
① 3DCGディレクター
② 3DCGジェネラリスト
③ ラインプロデューサー
④ 3DCGテクニカルディレクター
⑤ 3DCGアニメーター
⑥ 3DCGモデラー
⑦ アートディレクター
⑧ キャラクタースーパーバイザー
⑨ リガ―

>>>>求人情報はこちら

スペシャルインタビュー