>   >  世界中のファンが熱狂した新オープニング映像!『ストリートファイターV アーケードエディション』カプコンの「お題」に白組はどう応えたか
世界中のファンが熱狂した新オープニング映像!『ストリートファイターV アーケードエディション』カプコンの「お題」に白組はどう応えたか

世界中のファンが熱狂した新オープニング映像!『ストリートファイターV アーケードエディション』カプコンの「お題」に白組はどう応えたか

『ストリートファイターV』(2016)のアップデート版として2018年1月18日(木)にリリースされた『ストリートファイターV アーケードエディション』。世界中のファンによる熱狂的な支持を得て長年築き上げられてきた『ストリートファイター』の世界を崩すことなく、これまでの印象をガラリと変えたゴージャスなオープニングムービーをつくり上げた白組による制作の舞台裏を3回に渡って紹介する。

TEXT_UNIKO
EDIT_小村仁美 / Hitomi Komura(CGWORLD)
PHOTO_弘田 充

the English version is available from following link.
https://cgworld.jp/interview/201803-sfvae-op1-en.html

関連記事
作品愛と柔軟な環境整備がキャラクターを輝かせる!『ストリートファイターV アーケードエディション』OPのキャラ制作フロー
『ストリートファイターV アーケードエディション』OP・格闘ゲームの爽快感と舞台的な演出を融合させたアニメーション&ルックデヴ

『ストリートファイターV アーケードエディション』NEW OPENING TRAILER

<1>「キャラクターと世界観をしっかり見せたい」カプコンからの7つの"お題"

対戦型格闘ゲームとして1987年に産声を上げ、今もなお世界中で根強い人気を誇る『ストリートファイター』シリーズ。爽快感のあるゲーム性はもちろんのこと、国際色豊かで魅力的なキャラクターたちの存在もまた人気を支える重要な要素となっている。今回発売された『ストリートファイターV アーケードエディション(以下、ストV AE)』は、2016年に発売された『ストリートファイターV(以下、ストV)』のアップデート版として、新たな機能やプレイアブルキャラクターが追加されたものだ。

そのオープニングムービー(以下、OP)は、リリースを目前に控えた昨年末、「PlayStation Experience 2017」内で開催された『ストV』の国際大会「CAPCOM CUP 2017」の会場で『ストV AE』の発表とともにサプライズ上映され、その日集った熱狂的なファンたちの大きな歓声が会場に響き渡った。OPを制作したのは株式会社白組。ディレクターを務めたのは映画『GAMBA ガンバと仲間たち』(2015)などを手がけてきた小森啓裕氏だ。理想的なまでにトラブルがなく非常にスムーズな進行により、カプコン側からの修正がほぼゼロだったという本プロジェクト。本稿では「企画編」として、円滑で効率的なコミュニケーションとファンの心を掴む映像表現が両立した制作の舞台裏を紹介していこう。


  • 小森啓裕/Yoshihiro Komori
    白組 ディレクター/CGスーパーバイザー

『ストV AE』には、リュウや春麗といったお馴染みのキャラクターをはじめ、本作で新たに登場するキャラクターも含め総勢34キャラのプレイアブルキャラクターが登場する。今回のOP映像制作にあたり、『ストV』のディレクターを務めるカプコン・中山貴之氏は、「キャラクターと世界観を余すところなく紹介する映像にしたい」という考えの下、白組に制作をもちかけた。「白組さんに声をかけたのは、当社のタイトルで以前やっていただいた『MARVEL VS. CAPCOM: INFINITE』(2017)のプリレンダームービーが社内外で好評だったことと、僕自身白組さんが手がけた『鬼武者2』(2002)のOP映像がすごく印象に残っていて、こういうのをやりたい、と思ったからです」(中山氏)。


  • 中山貴之/Takayuki Nakayama
    カプコン 『ストリートファイターV』ディレクター

中山氏から相談を受けた白組のプロデューサー・井上浩正氏は次のように語る。「カプコンさんから方向性やコンセプトの説明を受けた上で、演出・ディレクションも込みでの制作を依頼されました。プリレンダーの技術が高く、『MARVEL VS. CAPCOM: INFINITE』のプリレンダーパートを担当した小森をディレクターに据え、チームを編成しました」。


  • 井上浩正/Hiromasa Inoue
    白組 プロデューサー

また、当初より中山氏からは「格好良く」「格闘表現」「登場キャラクター(34キャラ)を全員しっかり紹介」「ゴージャスな登場(ショーアップ感)」「ボスとの闘い」「キャラクターのルック(ゲームのキャラクターは油絵的なルックだが、そこに寄せるかどうか)」「楽曲はHIPHOP系で」といった"7つのお題"が出されたという。こうした中山氏の意向を汲みつつ『ストリートファイター』の世界観を構築するにはどうすれば良いか、小森氏率いる白組の徹底した世界観の追求が始まった。

次ページ:
<2>お互いの熱意と信頼が生んだ円滑なプロジェクト進行

Profileプロフィール

カプコン ✕ 白組

カプコン ✕ 白組

中山貴之/Takayuki Nakayama 株式会社カプコン 『ストリートファイターV』ディレクター

白組 三軒茶屋スタジオ

白組 三軒茶屋スタジオ

制作チームの皆さん

スペシャルインタビュー