>   >  仕事の合間にクロッキー。プロになっても勉強し続ける人の力になりたい
仕事の合間にクロッキー。プロになっても勉強し続ける人の力になりたい

仕事の合間にクロッキー。プロになっても勉強し続ける人の力になりたい

画家として活動する一方で、四半世紀にわたり多くの人たちにデッサンやクロッキーを教えてきた高見政良氏。同氏が2000年に開設したSTUDIO・t23は、芸術・美術大学の受験用デッサンではなく、アニメーター、漫画家、3DCGアーティストなどの仕事に役立つ、基礎画力向上のためのデッサンとクロッキーを教えている。そこでは、プロを目指す学生と、既に仕事をしているプロが、肩を並べて画力向上に励んでいる。なぜ、プロになってまでデッサンやクロッキーを続けるのか、続けることで何が得られるのか、高見氏に話を聞いた。

TEXT_尾形美幸 / Miyuki Ogata(CGWORLD)
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota

受験用デッサンが上手くても、基礎画力が高いとは限らない

CGWORLD(以下、C):手はじめに、デッサンやクロッキーを教えるようになった経緯を話していただけますか?

高見政良氏(以下、高見):25年ほど前、東京デザイナー学院で、色々な学科の人を対象に基礎デッサンなどを教えるようになったのです。5年くらい経った後、主にアニメーション科の学生をみるようになりました。当時のアニメーションは手描きが中心でしたが、徐々に3DCGも使われるようになり、僕自身もSTRATA STUDIOを使ってみたりしましたね。当時からモデルさんを見ながらデッサンをする授業はあったのですが、「ちゃんと動きのあるポーズを描けるようになりましょう」と提案し、人体クロッキーの授業を立ち上げました。以来20年以上、東京デザイナー学院では人体クロッキーを教えています。

  • 高見政良
    画家/美術講師

    1948年生、青森県出身。画家として活動する一方、四半世紀にわたり基礎画力向上のためのデッサンとクロッキーの指導に携わる。2000年、絵画やクロッキーを教える「STUDIO・t23」を三鷹に開設。東京デザイナー学院、東京ネットウエイブ‎、日本アニメーター・演出協会(JAniCA)、 NPO法人 アニメーター支援機構、feel.、ダンデライオンアニメーションスタジオなどでも指導にあたる。日本美術会会員。日本美術解剖学会会員。
    studio-t23.com


C:デッサンとクロッキーのちがいを、改めて教えていただけますか?

高見:デッサンは短くても2∼3時間、長い場合は6時間、12時間がかりで、対象をじっくり観察しながら描写します。クロッキーの場合は、5∼10分、長くても20分くらいで描き上げます。クロッキーは描く時間が短いので、モデルさんは動きのあるポーズを取れますし、受講者は数多くのポーズを描写できます。東京デザイナー学院のクロッキーでは、ヌードのモデルさんを描くことが多いですね。人体クロッキーの授業を立ち上げてからは、アニメーションだけでなく、漫画やゲーム専攻の学生も受講するようになりました。今ではそちらの学生の方が多いです。人体クロッキーを教えるなら美術解剖学も必要だろうと思い、独学から始め、教えるようにもなりました。何年か後、東京藝術大学 美術解剖学研究室の布施英利先生を招いた講座を企画したりもして、少しずつ勉強を重ねています。

▲高見氏による人体デッサン


▲高見氏による人体クロッキー


C:ヌードモデルを相手にクロッキーできる場は貴重ですね。

高見:だと思います。そうこうするうちに、日本アニメーター・演出協会(以下、JAniCA)から、「クロッキー会をやりたいので、講師を請け負ってもらえませんか?」という依頼をいただきました。そこから色々な出会いがあり、NPO法人 アニメーター支援機構が支援している新人アニメーターや、feel.のアニメーターにも教えるようになりました。

C:feel.の場合は、社内クロッキー会の講師を務めているということでしょうか?

高見:そうです。だいたい月2回のペースで実施しています。2017年からは、専門学校の東京ネットウエイブダンデライオンアニメーションスタジオ(以下、ダンデライオン)でも教えています。

C:ダンデライオンは、3DCGとデジタル作画を手がけるアニメーションスタジオですね。3DCGのモデラーやアニメーターにも、人体クロッキーを教えているのでしょうか?

高見:はい。代表の西川和宏さんは、若いのにしっかりした考えをお持ちの方で、「アメリカのアニメーションスタジオでは、仕事をしながら勉強することが当たり前の習慣になっていると聞きます。当社でも、それを取り入れてみたいです」とおっしゃいました。アメリカのアーティストは、2D、3Dを問わず、学生の頃から日常的に人体クロッキーをやっているそうです。

C:その話は、私もアメリカやカナダで働く日本人アーティストから聞いたことがあります。日本でも、人体クロッキーをやる学校や会社が少しずつ増えているわけですね。

高見:「クロッキー会」と称してはいますが、しっかりと人体をデッサンする機会も織り交ぜるようにしています。全身の形や内部の構造を理解するためには、じっくり観察することも必要です。

C:芸術・美術大学の受験用デッサンと、高見先生が教えるデッサンは何がちがうのでしょうか?

高見:受験用デッサンの場合は、形を観察することは二の次で、受ける大学に合わせたテクニックを学びます。

C:どこそこ大学の日本画に合格するテクニック、どこそこ大学の油絵の先生が好む描き方といった感じでしょうか?

高見:そうです。そうやってテクニックを学んでも、形を見る目や、パース、空気遠近法、人体に関する知識などが身に付いていなければ、仕事に役立つ絵は描けないのです。実際、「美術大学を卒業したけれど、デッサンの勉強をやり直したい」と言って、私のアトリエに通ってくる人もいるんですよ。「見る」とはどういうことか、「描く」とはどういうことかを、デッサンを通してしっかり身に付けないと、ものづくりに役立てることはできないと思います。

▲STUDIO・t23で、デッサンを指導中の高見氏。取材に伺ったのは平日の日中だったが、現役アニメーターが黙々とデッサンに励んでいた


▲STUDIO・t23の受講生(植永知子氏)による石膏デッサン。【左】は「男の足(石膏)」、【右】は「ブルータス大胸像」


C:受験用デッサンが上手いからといって、仕事に役立つ基礎画力が高いとは限らないわけですね。

高見:例えばアニメーターの場合、基礎画力がないと原画は務まりません。動画のうちは、原画の中割りをすればお金をもらえますから、基礎画力がなくても務まります。ところが原画にステップアップすると、自分でゼロから考えて、2次元の紙の中に3次元を表現しなければいけません。キャラクターと背景の関係、時間による変化まで考える必要があるので、原画になった途端に収入が下がり、辞めていく人がすごく多いのです。今も近所のアニメ会社の人が、休息を装って会社を抜け出し、毎日1時間くらいデッサンをやりに来ています。

C:必死ですね。

高見:描けないと食えませんからね。

C:仕事で毎日絵を描き続けても基礎画力は上がらないというのは、何とも皮肉ですね。

高見:feel.の場合も、ただ動画を描くだけでは原画や作画監督、演出が育たないということで、教えにいくようになったのです。

次ページ:
仕事をしながら勉強することが、今後は当たり前になる

Profileプロフィール

高見政良/Masayoshi Takami

高見政良/Masayoshi Takami

1948年生、青森県出身。画家として活動する一方、四半世紀にわたり基礎画力向上のためのデッサンとクロッキーの指導に携わる。2000年、絵画やクロッキーを教える「STUDIO・t23」を三鷹に開設。東京デザイナー学院、東京ネットウエイブ‎、日本アニメーター・演出協会(JAniCA)、 NPO法人 アニメーター支援機構、feel.、ダンデライオンアニメーションスタジオなどでも指導にあたる。日本美術会会員。日本美術解剖学会会員。
studio-t23.com

スペシャルインタビュー