>   >  映画『あした世界が終わるとしても』公開記念特別インタビュー! AIの導入など新技術への挑戦と見どころに迫る
映画『あした世界が終わるとしても』公開記念特別インタビュー! AIの導入など新技術への挑戦と見どころに迫る

映画『あした世界が終わるとしても』公開記念特別インタビュー! AIの導入など新技術への挑戦と見どころに迫る

1月25日(金)よりフルCGアニメーション映画『あした世界が終わるとしても』が公開された。今回は映画の公開を記念して、櫻木優平監督とモブアニメーションの内田 憲氏に、CG制作の技術的な挑戦と作品の見どころについてお話をうかがった。なお、月刊誌『CGWORLD vol.246』ではメイキングを10Pにわたりお届けしているので、そちらもチェックいただきたい。

TEXT_佐藤平夥
EDIT_斉藤美絵 / Mie Saito(CGWORLD)、山田桃子 / Momoko Yamada
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota

映画『あした世界が終わるとしても』2019年1月25日(金)公開
ashitasekaiga.jp
©あした世界が終わるとしても

最新技術を積極的に採り入れて制作された
フルCGのオリジナル劇場作品

CGWORLD(以下、CGW):櫻木優平監督初の劇場作品ですね。どのようなお話なのでしょうか?

櫻木優平監督(以下、櫻木):物語の舞台は日本で、主人公は母親を亡くして以来、心を閉ざしがちになっている「狭間 真」という少年です。真の幼馴染の「泉 琴莉」は、そんな真のことをずっと見守ってきました。2人は高校3年生になって、ようやくもう一歩近い関係を築こうとするのですが、そんな矢先に、もうひとつの日本から来たという真そっくりの少年「ハザマ ジン」が現れます。彼が話すには2つの日本は繋がっていて、そこに住む人の命も繋がっている、片方が死ねばもう片方も死ぬのだと。やがて2人は、2つの日本の存亡をめぐる大きな戦いに巻き込まれていく......そんなお話です。

  • 監督
    櫻木優平

    熊本県出身。実写映像・グラフィックデザインを学んだ後、フリーランスとして活動をはじめる。岩井俊二監督の『花とアリス殺人事件』(2015)、宮崎 駿監督のジブリ美術館短編アニメーション『毛虫のボロ』(2018)の3DCGスタッフとして頭角を現わし、脚本・監督を務めた日本アニメ(ーター)見本市『新世紀いんぱくつ。』(2015)で注目される。クラフターが推進する最新技術を投入したアニメーション手法「スマートCGアニメーション」にこだわり、繊細かつ緻密なアニメーション表現を得意とする、今最も注目される若手クリエイターのひとり。本作が初の劇場監督作品となる
    @yuheisakuragi

内田 憲モブアニメーター(以下、内田):お話はSF寄りですが、高校生の日常パートの朗らかな場面も楽しいですし、カッコ良いアクションパートも魅力のひとつです。

  • モブアニメーター
    内田 憲

CGW:制作面では様々な新しい技術に挑戦なさったと伺いました。

櫻木:そうですね。AIを導入したり、Unityを使用してみたり、技術面で思いつくことは全部採り入れました。

内田:舞台が新宿駅東口周辺のため、印象的な群衆カットがいくつも出てくるので、モブキャラクターの自動生成・自動制御にも挑んでいます。

櫻木:ほかに大きかったのは、日常芝居のアニメーションをモーションキャプチャで付けたことでしょうか。モーションキャプチャで収録したデータをベースに、作画アニメのように止めるところを止めるというつくり方もありますが、本作ではしていません。ノイズも活かしたかったので、ただの立ち姿のノイズを収録しておいて、モーションキャプチャを収録していない動きにそのノイズを入れるようにしました。アクションシーンは、タメ・ツメのある日本のアニメらしいカッコ良さや勢いを見せるために、手付け(キーフレームアニメーション)で行なっています。アクションシーンが得意なスタッフに、思い切りやってもらいました。また、いわゆる日本のリミテッドアニメーションは3コマ打ちが多いのですが、3コマだと海外の視聴者からフレームが落ちて見えると言われることが多く、本作のコマ数はフルコマか2コマにしています。日本の視聴者層も、ゲームやVTuberを始めとするバーチャルキャラクターが身近になり、フルコマでぬるぬる動くキャラクターに見慣れてきているというのもありました。

モーションキャプチャ収録時の様子【左】と完成画【右】


アクションシーン

CGW:本作は、TVアニメ『INGRESS THE ANIMATION』(2018年10~12月)と並行しての制作だったそうですが、制作管理はどうなさっていたのでしょうか?

櫻木:制作は丸かぶりでしたから、効率の良いフローをしっかり準備しました。自分もスタッフもCGを触ることができるとなると、紙に絵コンテを描く工程は要らないと思ったので、絵コンテは描かずに字コンテムービーを作成し、それからレイアウトムービーをつくっています。あと、外注さんにお願いする1テイク目が均質化するように、かなり厳密なガイドラインを準備して、それに沿ってもらうようにお願いしました。上げてもらったものをとにかく繋げて、社内で一気にブラッシュアップして、という感じです。ふり返ってみると、かなり洗練されたフローになりましたが、字コンテでの対応などは自分の制作スタイルに慣れたスタッフだから対応できたことだと思います。

CGW:劇場版を制作されて、手応えはいかがでしたか?

櫻木:結果として、本作は全く新しい表現物になったと思います。僕はこれまで、ディテールの細かさや造形の綺麗さといった「CGのアイデンティティ」で、どれだけ作画と勝負できるかをずっとやってきたのですが、本作は作画を真似したCGとは切り離された、全く別物という仕上がりになりました。なので、これがセル調のCGアニメかと言われると、ちょっとちがう感じがしますね。いわゆる日本のアニメっぽい表現と捉えられるギリギリのディテール感や動きをねらってはいますが、別の画になったと思います。

次ページ:
アニメ制作におけるAI導入の第一歩!

Profileプロフィール

櫻木優平/Yuhei Sakuragi

櫻木優平/Yuhei Sakuragi

熊本県出身。実写映像・グラフィックデザインを学んだ後、フリーランスとして活動をはじめる。岩井俊二監督の『花とアリス殺人事件』(2015)、宮崎 駿監督のジブリ美術館短編アニメーション『毛虫のボロ』(2018)の3DCGスタッフとして頭角を現わし、脚本・監督を務めた日本アニメ(ーター)見本市『新世紀いんぱくつ。』(2015)で注目される。クラフターが推進する最新技術を投入したアニメーション手法「スマートCGアニメーション」にこだわり、繊細かつ緻密なアニメーション表現を得意とする、今最も注目される若手クリエイターのひとり。本作が初の劇場監督作品となる
@yuheisakuragi

スペシャルインタビュー