>   >  圧倒的なクオリティでRookie Awards 2019を受賞。鈴木卓矢に師事した松島友恵の「背景デザイン修行の日々」
圧倒的なクオリティでRookie Awards 2019を受賞。鈴木卓矢に師事した松島友恵の「背景デザイン修行の日々」

圧倒的なクオリティでRookie Awards 2019を受賞。鈴木卓矢に師事した松島友恵の「背景デザイン修行の日々」

2019年の3月に武蔵野美術大学映像学科を卒業し、4月からは株式会社SAFEHOUSEにて背景モデラーとして活躍中の松島友恵氏。世界的な学生コンテストRookie Awards 2019でグランプリを受賞し、CGWORLDが主催する学生コンテスト『WHO'S NEXT』でも1位に輝いた松島氏の作品は、学生レベルを超越した圧倒的なクオリティで人々を驚かせた。そんな松島氏と同氏の「師匠」である鈴木卓矢氏に、弟子入り期間に学んだことや圧倒的なクオリティを実現させるまでの道のりについてお話を伺った。

TEXT_UNIKO. / Uniko Mimura(@UNIKO_LITTLE
PHOTO_弘田 充 / Mitsuru Hirota

がむしゃらなエネルギーで壁を突破する。

Tomoe Matsushima_environment modering reel from Tomoe Matsushima on Vimeo.

CGWORLD(以下、CGW):Rookie Awards 2019のグランプリを受賞され、CGWORLD主催の学生コンテスト『WHO'S NEXT』でも1位を獲得されました。作品のクオリティの高さに驚いた方も多いと思うのですが、CGを学び始めてどれくらいで、そしてどのような過程を経てこのクオリティにたどり着いたのでしょうか。

松島友恵氏(以下、松島):大学2年生の終わり頃に授業で3ds Maxを触り始め、CGでものを作る楽しさを知ったのがだいたい2年半くらい前です。ちょうどその時にCGWORLD +ONE Knowledgeの鈴木卓矢さんの講座『背景モデリング講座』を受講して、背景モデリングをもっと勉強したいなと思うようになったのが始まりです。

CGW:大学は映像学科とのことですが、どのようなことを学ばれたのですか?

松島:実写映像やフィルム写真、アニメーション、インスタレーション型の空間演出など映像に関することを幅広く勉強しました。中でも「映像前史」の授業は、映像作品の歴史や映像技術の発達の過程、映像技術の用途といった、映像技術の背景や変遷を知ることができてとても興味深かったです。自由に学ばせてもらえる環境だったので、興味をもったことを追求することができました。

松島友恵氏

CGW:理論や歴史的な背景に関する洞察は知的好奇心が刺激されますよね。

松島:はい。どういった過程を経て現在の姿になっているのか、何かしら原因があって「今」のかたちになっているわけで、その関係性を考えるのが好きなんです。

CGW:大学2年生の頃に鈴木さんに「弟子入り」したと伺っているのですが、鈴木さんと出会ったきっかけは?

松島:大学2年生の春休みに、鈴木さんの『背景モデリング講座』に参加した際に初めて鈴木さんにお会いしました。学校でCGを学び始めてまだ2~3ヶ月ほどしか経っていない頃です。

CGW:「背景デザイン」と言うとある種独特の世界だと思うのですが、なぜ松島さんは背景デザインの道に進もうと思ったのですか?

鈴木卓矢氏(以下、鈴木):ほんと(笑)。俺もそれ知りたい。背景デザインなんてかなり独特な領域ですよね。

松島:単純に、自分の好奇心が場所や情景といった方向に向いたからです。「その場所」がどのような歴史的背景があってそうなったのか、その状況が作られた過程や背景にある物語を想像するのが好きなんです。だから、無意識のうちに場所や空間に興味を持つようになっていました。

CGW:鈴木さん講座を受けたことで、無意識に興味を持っていたことが明確になったのでしょうか?

松島:はい。大学の授業は、イメージを実現するためにロジックで組み立てるという教え方ではなかったので、「作りたいものをビジュアル化するために、具体的にどういった方法で実現するか」という鈴木さんのお話はとても新鮮でした。なにより、当時は技術力を高めるための方法を自分で探さなければ! という焦りがあって(笑)。そこに行くことで確実に自分に足りないものが得られると分かっていたし、鈴木さんのお話が聞けて会えるチャンスがあるなら行かない手はないと思って参加しました。結果として、知りたかったことをどんどん吸収していく自分が楽しくて、ずっとワクワクしながらお話を聞いていました。

CGW:講座が終わって、すぐに鈴木さんに「弟子入りしたい!」と申し出たんですか?

鈴木:講座が終わった後に松島が「作品を見てください」と言ってきたんですよね。作品を見てみると、女の子なのに随分と男っぽいものを作るなぁと、ある種の好感が持てたんです。内容のクオリティはさておいて、しっかり世界観を作れてたしオリジナリティはあるなというのが第一印象でした。

松島氏の師匠、鈴木卓矢氏

松島:それで、講座があった夜に鈴木さんとTwitter上でちょっとしたやりとりがあり、「あと2年しかありませんが、鈴木さんに背景デザインを教えてもらいたいです」とDMを送ったんです。

鈴木:とんでもない肝っ玉を持っているなと思いましたよ(笑)。でも、そういうがむしゃらなエネルギーが壁を突破する力になるんでしょうね。事実あの時僕にDMをしていなければこうなってはいなかったですし(笑)
その時、彼女の作品を全部見せてもらったんですがCG歴が浅いのに背景作品数が多くて、自分の殻を破ろうと奮闘している熱意が伝わって来たんですよね。
ちょうど一番弟子だった谷垣まい(@my_my1110vimeo)を超える二番弟子を探していたタイミングだったのと松島自身が谷垣をリスペクトしていたので、弟子入りを頼まれた時「アナキンを超えるルークを育てよう」とワクワクしたのを覚えています。

CGW:鈴木さんに弟子入りを申し込んだとき、松島さんには将来の自分の姿や目標が明確にあったんですか?

松島:当時はSony Pictures Imageworksを目指していました。

鈴木:そうそう、結構ミーハーだったよね(笑)。でも、弟子にするなら海外を目指している子の方が良かったので、僕としてもちょうど良かった。というのも、僕自身がBlizzard Entertainment で「リードデザイナー止まり」だったので、弟子にはスーパーバイザーかそれ以上のキャリアを積んでもらいたいと考えていたんです。早速、海外のスタジオを目指しているなら3ds MaxからMayaに切り替えるようにアドバイスして、卒業までの期間を逆算して、彼女に最適なカリキュラムを組みました。ちなみに、僕が教えることは全て僕がBlizzard Entertainmentにいたときと同じレベルの考え方・進め方ですので、海外でも通用する実力が身につくと思います。

松島:鈴木さんが推薦してくれた伊藤克洋氏のMaya入門本『伊藤脳塾』 を数ヶ月で読破してMayaを習得しました。3ds MaxでCGの基本的な作業工程は知っていたので、比較的スムーズにマスターできたと思います。

次ページ:
<2>目標に向けてしっかりと計画を立てる

Profileプロフィール

松島友恵/Tomoe Matsushima(SAFEHOUSE)

松島友恵/Tomoe Matsushima(SAFEHOUSE)

株式会社SAFEHOUSE
背景アーティスト
1997年生まれ。武蔵野美術大学映像学科卒業。2年次に受けた 3ds Max の講義で初めて3DCGを学び、アニメーションや映像作品を制作。大学在学中に鈴木卓矢さんに師事し、3DCGを用いた背景作りを基礎から学ぶ。2019年4月に背景モデラーとしてSAFEHOUSEに入社。
Twitter:@o331331331ooo

鈴木卓矢/Takuya Suzuki(SAFEHOUSE)

鈴木卓矢/Takuya Suzuki(SAFEHOUSE)

株式会社SAFEHOUSE
取締役/モデリング・スーパーバイザー
1980年生まれ。大学卒業後、スクウェア・エニックス ヴィジュアルワークスに入社。その後、アメリカに渡りBlizzard EntertainmentのCinematics Divisionでシニアアーティストとして背景デザインからモデリングまでを担当。2014年に活動の場を日本に移し、都内のCG制作会社にてEnvironment&Propsのモデリングスーパーバイザーとして勤務。2018年、ドイツでリアルタイム映像制作で活躍しているアートディレクターErasmus Brosdauと共同で日本にCGプロダクションSAFEHOUSEを設立する。自身のさらなるスキルアップのためにフリーランスの背景モデラーとしても、実写、フルCG、アニメなど幅広く活動中。
Twitter:@takupomu

スペシャルインタビュー