>   >  「CG×ファッション」から読み解く現代ファッションとこれから
「CG×ファッション」から読み解く現代ファッションとこれから

「CG×ファッション」から読み解く現代ファッションとこれから

人間と共に進化を続けてきた「ファッション」という文化。体を守るためのものであった「服」は、今や人間の内面までも表す存在となった。CGをはじめとしたテクノロジーの発達により、目まぐるしく変化する現代社会の中でファッションはどのように変わっていくのだろうか。本稿では、沸々と盛り上がりはじめた「CG×ファッション」というテーマで、ファッション界の若獅子たちが徹底対談! 彼らの言葉を通して、現代ファッションの在り方、そしてこれからを見ていく。

TEXT_野澤 慧 / Satoshi Nozawa
EDIT_三村ゆにこ / Uniko Mimura(CGWORLD)、小村仁美 / Hitomi Komura(CGWORLD)
企画協力_斉藤美絵 / Mie Saito



ファッション業界の共通言語をロジカルに伝える難しさ

鈴木淳哉氏(以下、鈴木):ファッションブランドchlomaのデザイナー鈴木です。「リアルな世界」と「画面の中の世界」の境界がなくなりつつある現代人のためのファッションブランドというコンセプトで2010年から活動をはじめ、最近ではアバターのための洋服の販売やVRChat内へのストア出店なども行なっています。


  • 鈴木淳哉/Junya Suzuki
    1984年神奈川県横浜市生まれ。chlomaを起ち上げた、現実とバーチャルの境界を超えたデザインや取り組みに挑戦する気鋭のデザイナー
    chloma.com
    Twitter:@chlomagears


▲chlomaは、「テクノロジーと人、キャラクターと人、インターネットと人との関係を考え、モニターの中の世界とリアルの世界を境なく歩く現代人のための環境と衣服を提案する」をコンセプトとした鈴木淳哉氏と佐久間麗子氏によるファッションレーベル。2011年からchlomaとしての活動をスタートし、ファッション、サブカルチャー、テクノロジーの3つをかけ合わせたファッションを提案。スポーツウェアやアウトドアウェアをベースとしたSFテイストなテックウェアをはじめ、デザイン性だけでなく機能性にも優れたアイテムを展開している(CGWORLD vol.260より)
chloma.com
Instagram:@chlomagears

山口壮大氏(以下、山口):ファッションディレクターの山口です。衣服をつくる立場にある淳哉くんとはちがって、衣服を伝えるというところに重きを置いた活動をしています。ハウス@ミキリハッシンというセレクトショップの運営やビジュアルマーチャンダイジング、催事の企画など、様々なブランドの哲学や考え方をお伝えしていくことを生業としています。


  • 山口壮大/Souta Yamaguchi
    1982年生まれ。文化服装学院卒(第22代学院長賞受賞)。2006年よりスタイリスト・ファッションディレクターとして活動開始。セレクトショップ「ミキリハッシン」代表。スタイリングはもちろん、ショップや展示などのディレクション、商品企画等、幅広い分野でクリエイティブに活躍するファッションディレクター
    souta-yamaguchi.com

鈴木:CGWORLDでの「CG×ファッション特集」は大変光栄で嬉しい出来事でした。近年、ファッション業界でもMarvelous Designer(以下、MD)やCLO等の3DCGツールを使っていかねばという空気が高まっていると感じていて、CGWORLD掲載後のSNSの反響も大きかったです。実際に記事を読んでくれた方や興味を持ってくれた方、CGの必要性を感じながらも何から始めれば良いのかわからない方たちに対しても、ひとつの機会になったのではないかなと感じています。



▲CGWORLD vol.260(2020年4月号)第2特集「CG✕ファッション」より

山口:僕の方も周囲の反応は好感触で、みんな喜んでくれました。僕がこうしたデジタルの可能性を感じるきっかけになったのが、2012年に「バーチャルとリアルのインタラクションを起こす」をキーワードにオープンしたセレクトショップ「ぴゃるこ」です。プロモーションとしてはとても大きな反響を得ることができました。一方で、デジタルで伝えることの難しさにも直面しています。その後もデジタルを用いた企画に取り組み続けていますが、「デジタル上でマテリアルの魅力を伝えながらビジネスとして成立させる」という観点では、まだ隔たりがあるのかなというのが現在の肌感です。だからこそ、今回CGWORLDの企画に参加できたことに意義があると思いますし、これまでの点を繫げてひとつの線にしていきたいと考えています。

「ぴゃるこ」(2012)CG:Mographix Digital


▲CGをはじめとするデジタルとファッションのコラボレーションとして、チームラボ協力の下、山口氏が取り組んだセレクトショップ。投影面であるホワイトボード上に書かれた文字に合わせて変化するリアルタイム映像や、撮影した写真が即座にSNS上に投稿されるカメラなどが店舗に実装され、この頃から現実とデータをつなげる取り組みが始まっていた(CGWORLD vol.260より)

鈴木:今、ファッションとCGのかけ合わせってみんなが価値を測りかねていると思うんですよね。今回の企画にあたって、壮大さんはとてもリサーチされていて、ずっと「どうしようどうしよう」と悩まれていたので楽しみにしてたんですよ(笑)。壮大さんの文章、かなり切れてるなって思った部分がありまして。終盤の「真面目=メガネなど、個性を記号として......」というくだりの段落なんですが。

ファッションを気取った、自己の主張を押し付ける、華美で嫌味なスタイルは、そのプロセスに品性が宿るはずもなく「ダサい」と定義されてしまうように、真面目=メガネなど、個性を記号として様相に宿す説明的なスタイルに終始してしまうと、そのプロセスは図象記号を模倣するキャラクター生成の手段に陥り、装いは模倣=コスプレとして、ファッションから離れてしまうと感じます。一方でその佇まいに時代感と情緒を宿し、プロセスに美意識を備えることができれば、CGの世界でもファッションとして成立する可能性を秘めてるのではないでしょうか。

鈴木:バーチャルの世界にファッションを根付かせていこうと思うなら、この認識は大事だなと。ファッションとは何か? バーチャルでのファッションはファッションたり得るのか? という疑問をもっている人をよく見るんですよ。バーチャルでのファッションはファッションじゃないって言う人もいるし。僕の目標として、いろんなファッションブランドがVR市場に参入していって、新しいファッションやライフスタイルが生まれたら良いなって思っているんです。

山口: なるほど。

鈴木:アバターのための洋服でビジネスができるようになるっていうことは、デザインを楽しんでもらえる時間がものすごく増えることになるので、ファッション業界にとっても良いことなんです。だから、リアルで培われたファッションの流儀みたいなものを、少しずつソーシャルVRの世界にも活かしていけるようになりたいのですが......、道は険しそうだなという感じです。

山口:僕も今回のCGWORLDの企画に限らず、CGの分野でファッションを語る行為にハードルの高さは感じていました。ファッション業界の共通言語というか、語らずともニュアンスで伝わるところを、いかにロジカルに伝えていくのかが難しかった。衣服が存在して、それが感覚的にクールだったりエレガントだったりすることって、既にゲームの中でもあると思う。ただ、そこに宿る美しさがそのままファッションとはイコールにならないとも思っていて。もしかしたらイコールにする必要すら無いことかもしれないけど、僕はファッションに魅せられている人間なので、今回の特集で少しでも言語化できたらと思いました。

鈴木:僕は同じようなことをSNSで発信したら、表現が抽象的だったこともあってプチ炎上してしまって(笑)。アバターファッションを楽しんでいる方々からご批判をいただきました。本当にファッション業界でやっていることは、マニアックなんだという意識はもっておかないと、と改めて感じました。


次ページ:
ファッションの醍醐味を「楽しい」「嬉しい」に変換する

Profileプロフィール

山口壮大/Souta Yamaguchi

山口壮大/Souta Yamaguchi

1982年生まれ。文化服装学院卒(第22代学院長賞受賞)。2006年よりスタイリスト・ファッションディレクターとして活動開始。セレクトショップ「ミキリハッシン」代表。スタイリングはもちろん、ショップや展示などのディレクション、商品企画等、幅広い分野でクリエイティブに活躍するファッションディレクター
souta-yamaguchi.com

鈴木淳哉/Junya Suzuki

鈴木淳哉/Junya Suzuki

1984年神奈川県横浜市生まれ。chlomaを起ち上げた、現実とバーチャルの境界を超えたデザインや取り組みに挑戦する気鋭のデザイナー
chloma.com
Twitter:@chlomagears

スペシャルインタビュー