>   >  コロナ禍におけるXRイベントの工夫と、そこから出てきた新しい作品の形とは~稲見昌彦氏とふり返るIVRC 2020
コロナ禍におけるXRイベントの工夫と、そこから出てきた新しい作品の形とは~稲見昌彦氏とふり返るIVRC 2020

コロナ禍におけるXRイベントの工夫と、そこから出てきた新しい作品の形とは~稲見昌彦氏とふり返るIVRC 2020

学生ならではのユニークな作品が並ぶIVRC(Interverce Virtual Reality Challenge)(主催:日本バーチャルリアリティ学会・IVRC実行委員会)。その一方、同イベントは狭い空間に多くの来場者が集まって開催される、コロナ禍にそぐわないイベントでもあった。そんなIVRCがリニューアルされ、2020年11月14日(土)にオンライン上で決勝大会が開催された。運営上ではどのような工夫が行われ、どのような作品が登場したのか。実行委員長を務めた稲見昌彦氏(東京大学)と共にふり返る。

INTERVIEW&PHOTO_小野憲史 / Kenji Ono
EDIT_三村ゆにこ / Uniko Mimura(@UNIKO_LITTLE


IVRCの「C」はChallengeの「C」

学生が企画・制作した手づくりバーチャルリアリティ&インタラクティブ作品のイベントとして、1993年にスタートしたIVRC。学術界・産業界に対して様々な人材を輩出してきた歴史あるコンテストだ。このイベントが2020年にリニューアルされ、新たに「International Virtual Reality Contest」から「Interverse Virtual Reality Challenge」となって生まれ変わった。

Interverseとは「融合」という意味だ。物理世界(Universe)と情報世界(Metaverse)という対比を超えて、あらゆる世界の融合(Interverse)が進む中、IVRC自体をどのように再定義していくか......。稲見昌彦氏をはじめとした新しい実行委員会にとって、この点が大きな課題になったという。そこで出てきたキーワードが「Interverse」だったと稲見氏は話す。

「IVRCも気がつけば今年で28回目です。私自身がまだ学部4年だった頃に初回大会が開催され、総合優勝に輝くことができました。そこから数えて自分自身、これまで実行委員長を務められていた舘 暲先生の当時の年齢を超えるまでになってしまいました。そろそろ後進育成にも本格的に取り組む時期になってきたこともあり、2代目の実行委員長に就任させていただきました」(稲見氏)。

  • 稲見昌彦/Masahiko Inami
    東京大学総長補佐・先端科学技術研究センター 教授
    star.rcast.u-tokyo.ac.jp

Interverseと並ぶもう1つのキーワードが「Challenge」だ。稲見氏は初回大会当時の魅力に「学生では手が届かないような最先端のHMD機器などをレンタルして、それを使いながら作品制作ができること」があったとふり返る。VRという言葉自体も一般的ではなかった。サイバーパンクや『攻殻機動隊』などの世界観に登場するガジェットやしくみをつくりたい。どうやらそれはVRというらしい......。まだそういった時代だったのだ。

それが今ではVR HMDがコモディティ化し、誰でも作品制作が可能となった。「VRといえばこういうもの」という固定概念が広がり、「VRでコンテンツをつくりたい」という学生も少なくない。それは歓迎すべきことではあるが、一方でまだ名前がついていない何かにチャレンジする学生を応援するイベントにしたい。これもまた、IVRCをリニューアルする点で重要なポイントとなった。

▲IVRC 2019の様子

もっとも、チャレンジという点では実行委員会も同様だった。それがコロナ禍だ。多くの学会やイベントがオンライン開催になる一方で、IVRCには移行が難しい構造的な事情があった。作品がいずれも「一点モノ」で、実際に体験することで価値がわかるため、審査するには会場まで足を運ぶしかないからだ。そのため一部では、開催が危ぶまれる声も聞かれた。

その一方、稲見氏には「VRを標榜するIVRCこそがオンライン対応できなくてどうする」という想いもあった。そこで考案されたのがフードデリバリーならぬ「作品デリバリー」だ。IVRC 2020では書類審査、予選にあたるSEED STAGE、本選にあたるLEAP STAGEがある。このうちSEED STAGEで作品を担当する審査員の自宅に郵送し、審査員が自宅で組み立てて体験して審査するというやり方が採られたのだ。

「作品は段ボール箱2箱に分けて配送できるサイズにすること、という制限を付けました。これには『宅配便で送れること』と『受け取った審査員の負担にならないこと』の2つの意図がありました。その上で作品ごとに体験審査員を決め、その審査員が学生に代わって代理プレゼンをするようなかたちで、SEED STAGEの審査を行いました。作品に加えて審査員の先生の知見が加わり、より深い審査ができました」(稲見氏)。

実行委員会に加えて審査員の顔ぶれも大きく変わった。中でも目を惹いたのがゲスト審査員で参加した、「ワクワクさん」こと久保田雅人氏だ。NHK Eテレで2013年まで放映されていた子供向け工作番組『つくってあそぼ』でお馴染みの人物で、これには学生に家庭でも手に入る身近な素材を組み合わせてVR作品の制作に取り組んでほしい、というコロナ禍だからこその想いがあったという。

このように、様々なリニューアルを経て実施されたIVRC 2020。結果としてコロナ禍という世相を踏まえた、例年にないユニークな作品が集まった。それではLEAP STAGEで審査が行われた10作品を、稲見氏のコメント付きで紹介していこう。なお、プレゼンテーションと表彰式の内容はYouTubeで視聴することができる。


1:『きっとCutKit』(久保田雅人賞)

電気通信大学 情報理工学域/チーム名:完全感覚Nail Clipper

DIYをコンセプトに、いつでも無限に爪切り体験を提供する作品。割り箸や輪ゴムをはじめ、ホームセンターや100円ショップなどで購入できる身近な素材とスマートフォン、そして最低限の電子部品を組み合わせてつくられている。割り箸を握ると箱の中に設置されたサーボモータとタクトスイッチが作動し、爪を切ったときの触覚を提示するしくみだ。体験者に応じて指の高さを調節したり、スマートフォンの画面上に表示される指のCGの大きさを調整したり、細かい工夫もなされている。なお、本作品のつくり方はこちらで公開されている。

稲見氏のコメント
電通大のお家芸ともいうべき触覚系の作品です。その上で、割り箸をはじめ身近な素材を使用していることと、オープンハードウェアとしてつくり方がWebで公開されている点を高く評価しました。これを見て面白いと思った人は、ぜひ自分でもつくってみてほしいですね。IVRCのチャレンジ精神を一番良く汲み取ってくれた作品ではないかと思います。

2:『Augmented Sequencer 』(GOROman賞(近藤義仁賞))

石川工業高等専門学校 電子情報工学科/チーム名:TaniHaru

ミュージックシーケンサーによって奏でられる音楽を触覚フィードバックとオーディオリアクティブな映像で拡張し、より直感的で心地良い演奏と共感覚的な体験を実現することを目的とした作品。体験者はHAPTIC Reactorを付与した導電性の指サックデバイスを指に装着し、タブレットの画面上を指で操作することで振動やクリック感を提示している。また、ネックレス型振動デバイスのHapbeatを併用することで振動体験を強めている。映像面ではリズムにあわせてカメラワークを動かしたり、音に合わせてオブジェクトの形状が変化したりといった工夫も盛り込まれている。

稲見氏のコメント
LEAP STAGEで唯一の高専生による作品です。途中までクリック感が乏しくて「いまひとつ」なところがありましたが、土壇場で導電性の指サックを使用する形に変わり、体験が一気に向上しました。映像の美麗さも見事でした。


3:『ネイバー・インベイダー』(VR学会賞、八谷和彦賞、グリー賞)

電気通信大学 大学院情報理工学研究科/チーム名:時空警察

家庭でテーマパークのお化け屋敷のような体験が楽しめる作品。特別な機材の使用を控え、スマートフォンなど身近なデバイスや道具を使ってSF風のストーリーを盛り込むことで、DIYで気軽に体験できる配慮がなされている。体験はスマホHMDを覗く主体験者と、スマートフォンの指示に従ってエイリアン(=お化け)役を担当する協力者のペアで行い、主体験者が音声で指示してストーリーを進めていくスタイルだ。HMDに映像用と振動用で2台のスマートフォンを使用するなど、より多彩な体験ができるように工夫されている。

稲見氏のコメント
二人一組でプレイするエンターテインメントコンテンツで、本作に限らず今年はコロナ禍における「つながり」をテーマにした作品が多かったように思います。体験者と協力者という非対称の関係性や、コンテンツの作り込みなど、細かいところまで良くできた作品でした。


4:『そそぎそそがせ』(大石佳能子賞、hp賞)

大阪大学 大学院情報科学研究科/チーム名:日本のんだくれ連合

コロナ禍で広まったオンライン飲み会で、VRの画面越しにお酌をし合う体験を目的とした作品。自分で自分のコップにお酌をしているにも関わらず、腕の位置を適切に誤認識させることで、相手にお酌をしている・されている感覚を提示している。CGキャラクターだけでなく、実際にオンラインを介して遠隔地にいる人とボイスチャットで会話をしながらお酌をしあうことが可能だ。また、HMDを装着したまま飲み物が飲めるように、グラスを半円分だけ切り取って磁石で着脱可能にするといった工夫も盛り込まれている。

稲見氏のコメント
オンライン飲み会に皆がなんとなく飽きてきた頃合いということもあり、目のつけどころが非常に良かったと思います。注ぐインタラクションという意味で斬新ですし、握手ではなく道具を介したコミュニケーションという意味でも興味深いですね。かなりがんばって調整されたんだと思います。論文発表も期待したいですね。


5:『テレポ腕ーション』(川上記念賞、川島優志賞、さくらインターネット賞)

大阪大学 大学院情報科学研究科/チーム名:アームワーパー

箱の中に手を挿入すると、まるで手だけが世界中にテレポーテーションしたかのような錯覚を提供する作品。箱の中にはアイシングスプレー、香水スプレー、ミスト噴射機、ベルチェ素子、ファンが仕込まれており、これで各地の温度、湿度、風、匂いを再現。モニタ上に表示された各地のライブ映像と組み合わせることで、南極、サハラ砂漠、アマゾン、インド市街地、北海道の花畑の5箇所に瞬間移動したような体験ができる。また、手の動きをLeap Motionで検知することで、手の動きに即してモニタ上でCGの手が表示されるようにするなどの工夫も行われている。

稲見氏のコメント
コロナ禍で、旅行したり物に触れたりといった行為が憚られるといった世情を逆手に取った、かなり批評的な作品になっていると思います。箱から手を抜いたときに感じる匂いまで体験に組み込んでいる点も秀逸ですね。


次ページ:
6:『在宅茶会』(Laval Virtual Prize、DMM.com賞)

Profileプロフィール

稲見昌彦/Masahiko Inami

稲見昌彦/Masahiko Inami

東京大学総長補佐・先端科学技術研究センター 教授

スペシャルインタビュー