>   >  ブロックチェーンでクリエイティブの世界をもっと良くしたい〜クリエイティブ×ブロックチェーン最前線(2)
ブロックチェーンでクリエイティブの世界をもっと良くしたい〜クリエイティブ×ブロックチェーン最前線(2)

ブロックチェーンでクリエイティブの世界をもっと良くしたい〜クリエイティブ×ブロックチェーン最前線(2)

「ブロックチェーン」と聞いて、そのしくみや可能性についてピンとくる人はまだ少ないだろう。しかし今、クリエイティブの世界において、データ流通の根幹を成す技術としてブロックチェーンの可能性と活用法に注目が集まっている。今回、スタートバーン代表取締役・施井泰平氏、ワコム CEO・井出信孝氏、イラストレーター/漫画家・藤ちょこ 氏の3名に、クリエイティブの世界で活用されるブロックチェーンサービスとその可能性について語り合ってもらった。前編に続き後編では、ブロックチェーンがクリエイティブの世界にもたらす未来についてお伝えする。


構成_高木貞武 / Sadamu Takagi
INTERVIEW&EDIT_三村ゆにこ / Uniko Mimura(@UNIKO_LITTLE

【前編】
真正性を担保し、デジタル作品に財としての価値を与える〜クリエイティブ×ブロックチェーン最前線(1)



ブロックチェーンでみんながハッピーになるならば

CGWORLD(以下、CGW)前編では、ブロックチェーンによってどのような世界になっていくかについて話し、そのイメージが広がりました。後編では、もう少し具体的なお話をしていきたいと思います。CGクリエイターが自分のデジタルイラストや3Dモデルをブロックチェーンに登録して世の中に出す、ということを行うためには、現段階ではどういった手段があるのでしょうか?

藤ちょこ氏(以下、藤ちょこ):私もまだ作品をブロックチェーンに登録したりしたことはないので、どういった手順を踏めば、ブロックチェーン上に自分の作品を登録することができるのか、確かに気になるところですね!

  • 藤ちょこ/fuzichoco
    イラストレーター、漫画家

井出信孝氏(以下、井出):我々としては、開発中といったところですが、コンセプトムービーでも紹介しているように、制作過程の「最後の締め」としてウォーターマーク(透かし)の部分にデジタルペンでサインをしてもらうことで、サイン情報を基にしたウォーターマークを著作者の署名として作品に残すアプローチを採っています。これにより、ブロックチェーンが保証する「作品の真正性」をより高めることもできます。現在は、そのアプリケーションを開発している最中です。

さらに、前編でお話しした「制作中のペンの軌跡」といった全ての情報を登録します。イラストを描き終えた後にドキュメントを作成してキーボードを打って登録証を発行して......、といった事務的な手続きではなく、あくまでも「ドローイングの動き」の延長線上でブロックチェーン登録まで行えるように、というイメージです。

  • 井出信孝/Nobutaka Ide
    株式会社ワコム CEO

施井泰平氏(以下、施井):テクノロジーの進化の過程でデータが豊かになっていき、ブロックチェーンでできることが増えてきています。実装にあたり、まさに今スタートラインに立っている、という感じですね。

  • 施井泰平/Taihei Shii
    スタートバーン株式会社 代表取締役

CGW:現状では、デジタルペンによるアプリケーションプラットフォームがなければ実行できないのでしょうか?

施井:そんなことはなくて、ブラウザ上でSNSサービスに投稿するかのように、ブロックチェーンに情報を記録することはできますよ。

藤ちょこ:例えば、完成したPSDデータをブラウザからアップロードする、みたいな感じでしょうか?

施井:そういった感じですね。ただ、PSDファイルはレイヤーになっていて編集できてしまうので、流通形態としてはあまり好ましくないかなとは思います。「最高画質のJPG」あたりから始まっていくのではないでしょうか。

署名情報を入力した後、SNSに投稿するようなイメージで捉えるとわかりやすいかもしれませんね。もちろん、DCCツール側から直接アップするようなものもあったり、ワコムさんのプラットフォームができれば、ペンによるサインだけでも可能になるので、最終的には各自の環境に依るところになりますね。

CGW:例えば、CGでつくったパーツなどをブロックチェーンで管理するとしたら、「ここのパーツはAさんのパーツで、ここのパーツはBさんのパーツで......」とパーツを組み合わせてひとつの作品として売買することができますね。それも、各パーツを制作したクリエイターの権利を活かしたまま。

施井:そうですね。売り手も買い手も求めていることであれば、市場原理としてそうなっていくのだと思います。現実世界の「パーツ屋さん」みたいなことが、CGの世界でも実現するといった感じですよね。

CGW:あと、受託制作のクリエイターの方々が「自分がつくった」、「制作に関わった」と声を上げられないという問題がありますよね。そういった制作情報は、ブロックチェーン上で「確かな実績」として管理できないものでしょうか。

施井:ブロックチェーンで管理することでみんながハッピーになるのであれば、そうなっていくかもしれませんね。

井出:制作物の販売権を誰がもっているか、というのはまた別の話として、私はそういうクリエイターの思いはわかるし、間違いなくあると思っています。

藤ちょこ:うんうん。

井出:大きな会社のフレームワークの中で、「こういうことにしようね」といった決まりごとはあったとしても、その中の「個」に着目してみれば、「個のアーティスト」がちゃんと存在しているんです。その見せ方については、きっとこの先、大切になってくると思うんですよね。

藤ちょこ:イラストレーターの仕事でも、契約上描いたことを公表できない案件って、結構あるんですよね。ラフや線画、塗りなどで分業している案件や、絵柄を似せて描く案件は特にその傾向が強いです。それがどれだけ有名なコンテンツであっても、名前を公表できないとアーティストの実績に繋がりません。

でもブロックチェーン技術によって、制作者がちゃんと公開されるしくみが整っていけば、もどかしい気持ちを抱えるアーティストも少なくなりそうですね。

井出:そうですね。「創造していくこと」がもっと大切に扱われて、「ちゃんと使われて、ちゃんと対価が支払われる」という方向になっていくと思いますよ。

施井:「ごく普通の人たち」がSNSで発信できるようになりましたよね。フォロワー数が非常に多い社員がいたり、そういう人たちが社会に対して問題提起ができたり。そうなると、会社の通常のヒエラルキーとはちがう何かが生まれてきますからね。

「#MeToo」などもそうですよね。井出さんのおっしゃるとおり、確かにそこで「個が復権する時代」になったんだなと感じます。そういう意味で、先ほどの大きな制作の座組みにおいても、個にスポットを当てるブロックチェーンの使い方というのも、大いに意義があるのかなと思い知らされました。

CGW:クリエイターとしては、対価が支払われるだけではなく、携わってきた案件を実績としてアピールしたいじゃないですか。それが次の仕事にも繋がるわけで、重要なことだと思うんですよ。クレジットが編集されて表に出てこないとなれば、ただ微々たる報酬でアルバイトをしただけ、みたいになってしまいますから。「この作品の制作に携わりました」と声高に叫ばなくても、ブロックチェーンに書き込まれていることで証明できるのであれば、胸を張ってキャリアを証明できますよね。

井出:そうですね。映画のクレジットとはちがって、ブロックチェーンにはたくさんの情報を記録できるので、制作に関わった全てを記載することも可能ですからね。そうすると、そこから新たな発見や繋がりが生まれてくるかもしれません。「このカットのこの輝き! この人の仕事だったのか!」みたいな。

藤ちょこ:Twitterでは、アニメーターさんが「ここの原画、私が描きました!」と発信しているのをよく見かけます。そんなアニメーターさんたちのように、イラストや3DCG、そのほか様々な分野で分業をしているクリエイターさんにもっと光が当たると良いですよね。コンテンツのファンとしても、「どこを誰が手がけたのか」を知ることができるのは嬉しいです!

井出:とある高校で、ものすごくがんばって著名な作品を手がけているアニメ制作スタジオに入って、どこどこのカットの何を描いた......、という話を聞いたことがあります。当の本人と周りのコミュニティにとっては、涙ものの出来事なわけです。そういった事実が何かしらのかたちで公開されていたとしたら、それこそ学校を挙げてのすごい出来事となったわけです。光の当て方次第で、価値はまったく変わってくるんですよ。誇りと同時に世間に対する認知も発生して、それが次の対価に繋がっていくんです。

施井:クリエイターだけではなく、採用の場面でも有効かもしれませんね。集団制作だと、クレジットされていても何を担当したのかわからないことがあります。実力のある人が救われるというのは大切なことですからね。今日は新たな気づきがたくさんあり、面白いですね。

井出:そういえば、少し話が脱線してしまいますが、ワコムの実証実験として、現在「村」をつくっているんですよ。

全員:え、村!?



次ページ:
ブロックチェーンは「公開して広げていく」もの

Profileプロフィール

施井泰平(スタートバーン 代表取締役)×井出信孝(ワコム CEO)×藤ちょこ(イラストレーター)

施井泰平(スタートバーン 代表取締役)×井出信孝(ワコム CEO)×藤ちょこ(イラストレーター)

スペシャルインタビュー