>   >  真正性を担保し、デジタル作品に財としての価値を与える〜クリエイティブ×ブロックチェーン最前線(1)
真正性を担保し、デジタル作品に財としての価値を与える〜クリエイティブ×ブロックチェーン最前線(1)

真正性を担保し、デジタル作品に財としての価値を与える〜クリエイティブ×ブロックチェーン最前線(1)

「ブロックチェーン」と聞いて、そのしくみや可能性についてピンとくる人はまだ少ないだろう。しかし今、クリエイティブの世界において、データ流通の根幹を成す技術としてブロックチェーンの可能性と活用法に注目が集まっている。今回、スタートバーン代表取締役・施井泰平氏、ワコム CEO・井出信孝氏、イラストレーター/漫画家・藤ちょこ 氏の3名に、クリエイティブの世界で活用されるブロックチェーンサービスとその可能性について語り合ってもらったので、前編と後編の2回に渡ってお伝えする。


TEXT_高木貞武 / Sadamu Takagi
INTERVIEW&EDIT_三村ゆにこ / Uniko Mimura(@UNIKO_LITTLE




ブロックチェーンとデジタル・クリエイティブの関係

鼎談に入る前に、スタートバーンとワコムの取り組みと、ブロックチェーン技術に関する簡単な解説をしよう。

現在、スタートバーンとワコムを含む複数社の共同で、ブロックチェーン技術を用いたクリエイターを守るためのサービス開発が進められている。ワコム独自のデジタルインク技術「WILL Ink Layer Language」を活用して、作者の筆跡による「デジタルシグネチャ」を作品に付与し、スタートバーンが開発したアートの評価・流通のためのインフラ「Startrail」(※1)によりブロックチェーン証明書を発行するサービス「Startbahn Cert.」だ。クリエイターがデジタル作品の権利を保ったまま、財(資産)としての信頼性を高めて流通させていこうという取り組みである。

※1:(旧称)「Art Blockchain Network」

このたびスタートバーン株式会社(代表取締役:施井泰平、以下スタートバーン)と、株式会社ワコム(代表取締役社長:井出信孝、以下ワコム)は、スタートバーンが推進するアートの評価・流通のためのインフラ「Art Blockchain Network(以下ABN)」とワコムの「デジタル署名認証技術」を連携したデジタルアート作品(コンテンツ)の権利保護および流通基盤構築へ向けて協力することに合意しました。

何かと耳にする機会が増えた「ブロックチェーン」だが、デジタル・クリエイティブの世界においても、データ流通の根幹を成す技術としてその実用性に注目が集まっている。デジタル作品データとしての「正規版」と、非正規データである「海賊版」とをまちがいなく見分ける、汎用テクノロジーに成り得るからだ。

クリエイターの手によって生み出された「正規の作品データ」をブロックチェーン上に記録し保証されることによって、「改変不可能な情報」を保持したまま流通させることが可能となる。それにより、正規の作品としての価値を保ち続け、コピーデータとの差別化が可能となる。さらに、ブロックチェーン上で゙保持される情報は、国や官公庁、大手企業となど組織に依存しない「汎用的」な仕様にしたり、半永久的に作品の価値と真正性を担保したりといったことを可能にするのだ。ちなみに、「Startbahn Cert.」では、作品の信頼性を担保するために必要な情報がブロックチェーン上に記録されるが、個人の秘匿性を棄損するような情報は記録・公開されない設計になっている。

▲ブロックチェーン証明書のある作品データと、それ以外のコピーデータの比較イメージ

このように、コピー&ペーストがまかり通っている「デジタル作品データの概念」を覆すしくみとして、クリエイティブシーンでのブロックチェーン活用の幅が広がり始めている。作品は、イラストだろうがCGモデルであろうが、はたまた動画の完パケであろうが、形式を問わずブロックチェーンに作品情報を登録することが可能だ。

また、デジタルイラストや個人制作作品を公開するクリエイターにとって、厳しい環境となっているのがSNSサービスだ。SNS上で公開された作品は、静止画像として扱いやすいライトなデジタルデータが主で、コピーや流用・転載が非常に容易になっている。たとえオリジナル作品であったとしても、「唯一性」や「作家性」を担保・証明することは非常に困難である。おそらく、この状況を痛感している読者諸氏も多いことだろう。

しかし、ブロックチェーンに作品情報を記録することで、作品データに「正規版」としての信頼性を保持させながら、デジタル作品を販売・流通させることが可能となる。記録された作品情報と合致しないデータは全て「非正規の作品」となるため、正規の作品データには正当な価値が付けられる(それも半永久的に)というわけだ。

さらに、作品販売を行わないクリエイターにとっても、ブロックチェーンを活用するメリットがある。それは「不正利用時における、制作者本人の証明が容易になること」だ。作品に真正性がある場合は「自分の作品である」との証明になるため、各種トラブルの対処が容易になるほか、トラブルそのものを事前に抑制する効果が見込める。

▲デジタルイラストの配信イメージ

クリエイティブシーンにブロックチェーンを活用する取り組みは、まだ始まったばかりである。ブロックに保持させるデータは何が良いのか、何をもって作品の汎用データとするのか。作家性を強調し、付加価値を高める作品情報とはどういったものか......。まさに今、クリエイターを支援するべく様々な企業が集まり、ブロックチェーンの活用法に知恵を絞っているのだ。

本稿では、ブロックチェーン技術を用いた証明書発行サービス「Startbahn Cert.」を提供するスタートバーン代表取締役の施井泰平氏、自らを「デジタルの道具屋」と称するワコム・CEOの井出信孝氏、そしてイラストレーターで漫画家の藤ちょこ氏を招き、クリエイティブシーンにおけるブロックチェーン活用の現状と未来について、ざっくばらんに語り合ってもらった。

ブロックチェーン技術の詳細や開発ノウハウはさておき、「クリエイティブにおいてどのような活用が考えられるか」、「クリエイターにとってのメリットは何か」、「活用における未来のかたち」など、クリエイターにとってどれも身近な話題ばかりとなった。ブロックチェーンの技術は、今後まちがいなく世界中で活用が広がっていく。少しでも興味をもつきっかけとなれば幸いだ。

▲額縁の裏に貼られた「Startbahn Cert.」の証明書

▲「Startbahn Cert.」で発行されたブロックチェーン証明書は、PCやスマホで管理できる



次ページ:
【スタートバーン 施井氏 × ワコム 井出氏 × 藤ちょこ氏鼎談】
デジタル作品の真正性を担保し、後世まで語り継がれる価値を与える

Profileプロフィール

施井泰平(スタートバーン 代表取締役)×井出信孝(ワコム CEO)×藤ちょこ(イラストレーター)

施井泰平(スタートバーン 代表取締役)×井出信孝(ワコム CEO)×藤ちょこ(イラストレーター)

スペシャルインタビュー